03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-01-05 (Thu)
謹賀新年。

トンボ自然史研究所、年賀2017 
 左:四万十市トンボ王国の四万十川学遊館。
 上:磐田の桶ヶ谷沼ビジターセンタ―。
 下:グンバイトンボ♂(四国で撮影)。

昨年一年間のご愛読を有難うございました。

今年も、自己研鑽を積みながら皆様に親しまれる記事を書いていきたいと思います。

皆様もそれぞれの分野でご活躍ください。

2017年元旦

トンボ自然史研究所
代表 生方 秀紀


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
2016-09-11 (Sun)
いつも「トンボ自然史研究所」のブログをご愛読いただき、有難うございます。

ブログ記事作成のためには、取材・写真撮影の後に文献やネット情報の検索・調査、掲載画像のサイズ調整などに時間がかかるため、取材から記事掲載まで日数が空いてしまうことがよくあります。

そこで、当研究所スタッフの活動の様子をほぼ現在進行形で知ることができるものとして、

「トンボ自然史研究所」のフェイスブック

をフォローされることをお勧めいたします。

「トンボ自然史研究所」のフェイスブックは、フェイスブックのアカウントをお持ちの方ならどなたでも閲覧できるように設定してあります。

フェイスブックでは、トンボに関する取材直後のホットな情報を写真付きで速報するほか、このブログ更新の最新の案内もお知らせしています。

以下は、9月11日現在のフェイスブックの内容をスクリーンキャプチャーした画像です。

フェイスブックの紹介160911
 (この画像はサムネイルではありませんので、クリックしても拡大しません)

☆★☆皆様のフェイスブックのフォローと、ブログランキングのクリックによる応援をお待ちしています。

☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
2016-03-09 (Wed)
当ブログでご案内した、3月5日の私の特別講演が滞りなく終了しました。

この講演は、埼玉昆虫談話会平成27年度総会、研究・情報交換会の行事の一つとして行われたものですが、『広報おごせ』を通して町民の皆様にも広く案内されました。

当日は梅まつりの最中とあって、会場に至る道路は車が渋滞するほどでしたが、トンボの話の人気は今ひとつだったようで、談話会メンバーが大部分を占める約30人を前にしての講演とあいなりました。

越生、生方講演、江村氏撮影
写真:おごせ昆虫と自然の館で講演する筆者(生方秀紀)。撮影:江村薫氏(埼玉昆虫談話会会長)

「トンボの適応と進化 ~3億年の環境変化を超えて~」と、大きいタイトルをつけましたので、ご紹介した話の内容はコーベット博士の『トンボ博物学』(椿・生方・上田・東、監訳、海游舎刊):
http://dranathis.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
からの借り物となりましたが、会場にお集まりいただいた皆さんには短い時間に詰め込んだ壮大なストーリーをそれなりにお楽しみいただけたのではと思っています。

トンボの系統分類については、昨今の分子系統解析の手法の発展、データの蓄積とグローバルな研究者の協力ネットワークの拡大により、格段の進展を遂げており、上記写真はその一端をご紹介しているところです。

講演では、それに引き続いて、古生代から現代にいたる地球の環境変動や古生物・古生態などについても最近の知見をご紹介し、それらの環境変動にトンボ類は形態・生理・生態・行動などの面でどのように進化的に対応してきたかについてお話しました。

講演内容が多かったため、質問タイムは短くなってしまったのですが、小学生の男の子からムカシトンボについての質問がでたこともあり、和やかな雰囲気の中で講演を終えることができました。

お世話いただいた埼玉昆虫談話会の役員・幹事の皆様、会場を提供された越生昆虫と自然の館の関係者に感謝したいと思います。

なお、トンボの行動・生態・進化・保全などの話題を豊富な資料を図示しながらの講演は、全国どこへでも出前いたしますので、お気軽にご相談ください。

 →連絡メールアドレス:
    info.idnh★gmail.com (★をアットマークに置き換え)

参考:

広報おごせ3月号(越生町)の講演関連記事抜粋:
http://dranathis.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

埼玉昆虫談話会公式ホームページ:
http://saitama-konchu.jp/

おごせ昆虫と自然の館ホームページ:
http://homepage3.nifty.com/sundog/ogose/


ブログランキング(↓):両方ともクリックしてみてください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
2016-02-26 (Fri)
このほど、トンボ自然史研究所のフェイスブックを公開しました。

https://www.facebook.com/dranathis/

トンボ自然史研フェイスブック公開

フェイスブックでは、このブログの近況のほか、当研究所ならびに研究所代表(生方秀紀)の動向をお知らせすることにしています。

よろしければ、フェイスブックの「いいね」をクリックしてフォローなさってください。

トンボ自然史研究所のフェイスブックへ。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
2016-02-25 (Thu)
お蔭様で、当ブログが、
「人気ブログランキング」の中の、「動物・生物ブログランキング」ジャンル:
http://blog.with2.net/rank2385-0.html
で、本日、週間1位にランクされました。

2月19日にこのランキングにエントリーしたばかりですので、最初の1週間での達成となりました。

ブラタモリにあやかった「天空の城下町(沼田)」シリーズの最新記事4本は、このブログとしては拍手数もおおくなっていて、関心をもっていただけたようです。

ローカルなジャンルでの順位なので、お山の大将(それもつかの間のもの)にすぎませんが、お山から周囲を見回す気分を味わうことで、今後のブログネタを思いめぐらす上でのエネルギー補給にはなりました。

そうそう、本丸たるトンボの話のほうでも精進したいと思います。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |