FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-11-19 (Sun)
トンボを含む絶滅危惧昆虫の個体群絶滅に及ぼす
採集圧の影響についての一考察(抜粋

生方 秀紀
(トンボ自然史研究所)

※この記事は、2017 年度日本トンボ学会大会(滋賀大会)で口頭発表した論考からの抜粋です。


問題設定

・日本産トンボ目のうち、天然記念物は4種、国内希少野生動植物種は4種(うち2種は天然記念物)である。

・これら6種を除く38種の絶滅危惧種は、国レベルの採集規制を受けていない。

・実際にトンボ目についても、研究に必要な量以上の採集や標本等の売買等が行われており、採集圧による絶滅危惧種の衰退が懸念される。

・しかしながら、採集圧が個体群に与える影響に関する説得力のある主張が存在しないことから、採集圧にストップがかかっていないのが現状である。

・そこで、採集圧がトンボを含む絶滅危惧昆虫の個体群絶滅の要因になるかについて、個体群生態学および保全生態学の知見をもとに考察する。

・また、個人レベルの採集行動が全体に及ぼす影響および、絶滅を回避するための行動規範の在り方について、社会心理学を援用して考察する。


採集圧問題の論点

・鈎カッコ内は、インターネット上などで散見される、採集擁護派の主張。
・矢印の右は生方の反問。

論点1 :  「昆虫は産卵数が多いので、個体数回復力が高い。」
     → どんなに個体数が減っても回復するか? 
     → “絶滅の渦” に思いを巡らせたことはあるか?

論点2:  「採集だけで採りつくすことはできない。」
     → 競争種の存在下では、採りつくされなくても
       残党は競争種に打ち負かされるのではないか?

論点3 : 「局所個体群が一時絶滅しても、離れた所にある別の
        個体群から再植民される。」
    → 再植民の確率が低い場合はどうなるか?
    → 生息地の分断化で再植民が絶望的にならないか?

論点4: 「一人での採集個体数は多寡が知れている。」
    → 社会心理学における社会的ジレンマを免れているか?
    → 問題解決を個人の自覚にだけ任せておいてよいか?


生態学からの分析

・採集圧等により、孤立した個体群のサイズがある閾値以下になると、 「絶滅の渦」に陥り、絶滅に向う(プリマック・小堀、1997)(図1)。(論点1

絶滅の渦(プリマック1997) 
図1.「絶滅の渦」の概念図(プリマック  1997)(図はクリックで拡大します)


・ロトカ・ヴォルテラの競争方程式におけるゼロ成長線への死亡率増加の分析結果から、強く競合する生態的同位種が存在する場合、連続的に採集圧がかかる希少種は「ライバル種との競り負け」をきたし、個体数を回復できず、絶滅に向うことが起こりうる。(論点2

・メタ個体群を想定した場合、破壊された生息地が増加すると、「分断化による再植民激減」がおこる結果、最後には(破壊されていない生息地が一部残っているにもかかわらず)、メタ個体群そのものが絶滅する(Bascompte & Sole, 1996)。(論点3


採集圧の社会心理学

・Hardin(1968)が提出した「共有地の悲劇 」の社会的ジレンマ同様、個々人の行動判は合理的であっても、社会的帰結においては破滅的状況をきたしうる。(論点4

・採集圧に若干の罪悪感を感じていたとしても、「少しぐらいならいいだろう」と考えてフリーライダー(杉浦、2016)が出現しやすい。(論点4

・命令的規範、いいかえれば法的規制が、「腐ったリンゴ効果」(大沼、2007) に基づく非環境的行動(絶滅の遠因となる乱獲等)の防止に不可欠(Cialdini et al. 1991)。(論点4

・したがって、個々の行動判断に任せるのではなく、全体を見通した管理システムが必要。(論点4


全体のまとめ

・採集圧は絶滅危惧種の局所個体群を「絶滅の渦」に引きずり込む一因となりうることに言及した。(論点1

・それに加えて、採集圧の結果「ライバル種との競り負け」を招き、絶滅に向う可能性が考えられた。(論点2

・局所絶滅した生息地の増加により「生息地の分断化」の効果が突然強く表れるようになり、メタ個体群そのものが絶滅するという理論に言及した。(論点3

・これらの絶滅プロセスをトンボにあてはめるならば、メタ個体群を構成する局所個体群において環境悪化や採集圧に誘導された種間競争や絶滅の渦により絶滅するケースが増加すると、そのメタ個体群が機能不全に陥り、当該の希少トンボ種の広域的な絶滅が起こりうる。(論点1~3

・個人の行動と社会的帰結の間に存在するジレンマに言及し、絶滅危惧種を採集圧から守るには、個々の行動判断に任せるのでは不十分であり、全体を見通した管理システムが必要であることを指摘した。(論点4


引用文献

・Bascompte, J., and R.V. Sole ( 1996 ). Habitat fragmentation and extinction thresholds in spatially explicit models. Journal of Animal Ecology,. 65:465-473.

・Cialdini, R. B., Kallgren, C. A., & Reno, R. R. (1991). A focus theory of normative conduct: A theoretical refinement and reevaluation of the role of norms in human behavior. Advances in Experimental Social Psychology, 24, 201-234.

・Hardin, G (1968). "The Tragedy of the Commons". Science. 162 (3859): 1243–1248.

・杉浦淳吉( 2016 ).環境。in: 北村英哉・内田由紀子編(2016)『社会心理学概論』、325-341頁。

・大沼 進( 2007 ). 『人はどのような環境問題解決を望むのかー社会的ジレンマからのアプローチ』。ナカニシヤ出版。

・プリマック, R.B. &小堀洋美( 1997;2008 ). 『保全生物学のすすめ』文一総合出版。


★この記事の著作権は著者に帰属します。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-15 (Tue)
虫友の夏目英隆さんに案内されての、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの成果報告、3回目の今回は、最初の立ち寄り地、農地に囲まれた溜め池群およびその周辺の湿生草原で撮影したトンボの第3報として、トンボ科3種を取り上げます。 

第1第2報にアップしたコバネアオイトトンボやアジアイトトンボを撮影した湿生草原とは小径で隔てられた小さな水田の畔近くの稲の葉に、1頭のアキアカネSympetrum frequens (Selys, 1883)♂がとまっていました(写真1)。

アキアカネ♂羽化直後
写真1 アキアカネSympetrum frequens ♂ (写真はクリックで拡大します)。

写真を撮ろうと近寄ると、同じ株の根元近くにトンボの羽化殻が残っていました(写真2,3)。

アキアカネ♂と多分その羽化殻 
写真2 写真1のアキアカネSympetrum frequens とその直下の羽化殻

アキアカネと思われる羽化殻
写真3 写真2の羽化殻に接近して撮影したもの

この羽化殻を幼虫図鑑と見比べて同定を試みましたが、イナバウアーのようなこの姿勢をこの角度から写したものだけでの種までの判定は至難の業で、アキアカネと断定するに至りませんでした。

ただし、アキアカネではないという証拠も得られず、アキアカネの可能性は残されました。

シチュエーションから見て、写真1のアキアカネが脱ぎ捨てたものである可能性が高いですが、100%の確信があるわけではありません。

このような、奥歯に物のはさまった言い方をしないで済むようにするには、羽化殻を採取してラベルをつけて持ち帰るべきでした。

いずれにせよ、この溜め池の周りの水田で、アキアカネまたは同属の種の幼虫が生育を完了できる環境条件が揃っていることが想像できます。

これは、殺虫性あるいは昆虫の生育阻害性の高い農薬が多量に使われていないことをも意味しています。

トンボがスクスクと育つ水田で収穫された米に対して、政府等が環境保全助成金を出すなどして自然農法を奨励することも一方法なのではないでしょうか。

話題は変わりますが、当ブログでは、アキアカネは主役として出演する機会が思いの他、多かったようです(文末リスト参照)。

さて、話を本題に戻します。

溜め池の周りの、低木も生えている草原沿いの小径を歩いていると、コシアキトンボPseudothemis zonata (Burmeister, 1839)の♀が小さな枯れ枝の先に、ぶら下がるようにとまっていました(写真4)。

コシアキトンボ♀
写真4 コシアキトンボPseudothemis zonata

瑞々しいほどに新鮮な皮膚に、不透明感の残る複眼から、羽化当日の個体であることが伺えます。

コシアキトンボは北海道には分布していないトンボですので、北海道から関東に移住した私にとっては鮮烈な印象を与えた存在です。
そのためか、本種が主役となった過去記事は4件となっています(文末リスト参照)。

今回の溜め池群のトンボ類、しんがりに控えしは、ウスバキトンボPantala flavescens (Fabricius, 1798)♀です(写真5)。

ウスバキトンボ♀
写真5 ウスバキトンボPantala flavescens 

ヨシ類の枯れた茎にぶらさがるようにとまっています。

この個体も拡大して見ると、新鮮で汚れがありません。

このことから、太平洋を越えて渡ってきたというよりも、それらがこの溜め池群で交尾し、産み付けた卵から孵化した幼虫が育ち、羽化したものである可能性が指摘できます。

このほか、コフキトンボDeielia phaon (Selys, 1883)のオビトンボ型♀を夏目さんがネットインした写真などを撮ったところで、今回のトンボ・トリップの次の目的地に向いました。





☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2014-11-21 (Fri)
2014年度日本トンボ学会大会に参加したついでに、会場の兵庫県立人と自然の博物館の展示物も見学させていただきました。

テーマをはっきりさせ、興味深い展示物を効果的に配列していて、社会教育施設として完成度が高いという感想を持ちました。

特別展示の「江田 茂氏コレクション-世界からやってきた美麗な昆虫たち」では、世界の美麗な蝶類、巨大なヘラクレスオオカブト、奇妙な形のナナフシ類など、図鑑や写真集でしかなかなか見る機会のない昆虫の標本に対面することができました。

スタッフから写真撮影およびブログへのアップをご快諾いただいたので、持ち合わせのコンパクトデジカメで標本箱のガラス越しに、インパクトの強い種の標本を撮影しました。

その中から、比較的写りのよいもの2点をご紹介します。


ゴライアストリバネアゲハ♂ Ornithoptera goliath

ゴライアストリバネアゲハ ♂
  ↑クリックで拡大します。

開帳28cmになり、世界で二番目に大きい蝶とされます。
♂はこのようにエメラルドグリーンと黄色と黒の3色の大胆なコントラストを見せていますが、♀では、前翅は黒地に白斑、後翅は黒、白、黄色に染まっていて地味です。
そのため、捕食者(鳥)に目立つ♂は翅を閉じてとまり、♀は開いていることが多いようです。
ニューギニアの熱帯雨林に生息し、樹冠を突き抜けて飛び回ります。
(以上、Wikipedia英語版、日本語版を参考)


サカダチコノハナナフシ♀ Heteropteryx dilatata

サカダチコノハナナフシ ♀
  ↑クリックで拡大します。

「ずいぶん、ごっつい虫だな」とカメラを向けました。
今売り出し中の新関脇逸ノ城を彷彿とさせます(失礼!)。
マレーシア、インドネシア、タイにかけて分布し、♀は体長17cm、体重70gにもなり、最も重い昆虫の1つだそうです。
卵も昆虫のものとしては最大(長径9mm、重さ70mg)で、土中に1個ずつ産みつけられます。
卵が孵化するのに8~18か月かかります。
♂はもっと小型で細身、そしてより長い翅をもちます。
(以上、Wikipediaドイツ語版、フランス語版を参考)


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2014-08-29 (Fri)
昆虫多様性モニター法を特集している、昆虫の月刊誌「昆虫と自然」2014年9月号について、一件前の記事でご紹介しました。

この号の表紙写真は私が撮影したものです。

釧路市の阿寒国立公園内の沼で撮影したオオルリボシヤンマ♀です。

岸に接した浅い水辺の朽木にせっせと産卵していたため、そっとカメラを近づけても逃げることなく数カットの被写体になってくれました。

私のホームページ「昆虫自然史研究所」のギャラリーで、同じ個体の別カットを見ることができます。

よろしければ御笑覧ください。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2014-08-29 (Fri)
昆虫の月刊誌「昆虫と自然」2014年9月号が出ました。

昆虫多様性モニター法を特集しています。

目次から引用:

◇昆虫相の変遷をモニターする/ 山根正気 氏

◇チョウ-トランセクト法/山本道也 氏

◇トンボ多様性の変化を追う
 -トンボ成虫群集モニタリングのプロトコール-/生方秀紀・・・・・私です。

◇誘引トラップを用いたスズメバチ類のモニタリング法/牧野俊一 氏

◇港の外来アリをモニターする/山根正気 氏・原田 豊 氏

私の友人の山根氏が企画・編輯したものです。

一昔前、二昔前にくらべて身の回りの昆虫が減ってきたと感じる人は多いと思いますが、どの種類がどのくらい減ったのかということになると、明確に答えられる人はなかなかいないのが実際のようです。

昆虫群集のモニタリングは、規格化した方法でデータを蓄積しておくことで、将来この疑問に答えらえる基盤を与えるものです。

でも、モニタリングなんて面倒くさそう!? という声が聞こえそうです。

この特集は、昆虫のどれかのグループ(例:蝶、トンボ、蜂、アリ、etc.)に興味のある人なら簡単にモニタリングに参加できるような方法を提案しています。

トンボの項は私が担当しました。

書店または出版元(ニュー・サイエンス社)から購入できますので、よろしければご覧ください。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |