FC2ブログ
06≪ 2019/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2019-04-19 (Fri)
ソメイヨシノが葉桜となり、春の進行が感じられる中、虫たちの姿を求めてさいたま市内の園地を訪れて見ました(4月16日午前10~11時;気温17から18℃)。

というのも、昨年4月上旬にその園地の池でアジアイトトンボを確認できたことがあり(こちらの過去記事参照)、今回もうまくいけば見られるかもと淡い期待が膨らんだからです。


ガガンボの1種がお出迎え

残念ながら、その池(真夏にはガマ属の植物が生い茂る浅い池)にトンボの姿はなく、代わりに私の眼を惹いたのはガガンボの1種でした(写真1)。

クロキリウジガガンボ 
写真1 キリウジガガンボ Tipula aino (写真はクリックで拡大します)

ガガンボとまでは分かるのですが、その先(種名)がまるっきりわかりません。

例によってガガンボあるいはガガンボ属の学名Tipulaを検索語にネット検索してみましたが、よく似た種の画像はなかなか見つかりません。

そこで、昆虫写真愛好家のフェイスブック・グループに、写真1、2を含む3点の昆虫写真を投稿して、コメントを待ちました。

その結果、ガガンボの撮影経験をお持ちのYさんから、写真1の個体はキリウジガガンボではないか、類似種にマドガガンボ、近縁種にクロキリウジガガンボもあるが、とのコメントを頂くことができました。

これを受け、ネットでその3種の画像を検索して確認することを試みましたが、ヒットした画像が必ずしも正しく同定されているとは限りませんので、確信が持てません。

そこで、『原色昆虫大図鑑III』が本棚にあったことを思い出し、ひもといてみると、上記3種を含む80種のガガンボ類が横向き標本写真と形態上の特徴についてそれぞれ数行の記述によって解説されていました。

80種の中では、確かにキリウジガガンボの形態的特徴(翅の前縁が褐色、触角の基部3節が黄褐色でそれより先は暗色、など)が、写真1と近いことが分かりました

ここまで自分で調べたところで、専門家(箕面公園昆虫館の中峰 空 館長)からの「触角の基部3節が黄褐色で第4節以降が暗色なのはキリウジガガンボの特徴」および「中胸背面の黒褐色の縦条なども考慮するとキリウジガガンボでいい」との判定結果が、Yさんから私にメッセージで転送されてきました。

こうして、キリウジガガンボ Tipula aino Alexander, 1914 であると確信するに至りました。

種名判定にご協力くださった中峰さんとYさんに心より感謝いたします。


ガガンボのボディーウォッチング

さて、このキリウジガガンボ体形が醸し出す存在感も、なかなかのものです。

胸部が球体状、腹部は先太りの棍棒状、頭部はトンボを見慣れた眼にはこじんまりとしたサイズ。
思わず見とれてしまいます。

球体の胸部のほぼ真横から左右にオールのように突き出した2枚の翅。

その翅の基部には縦脈が束のようにしっかり集まって強度を確かなものにし、前後上下左右へと自由に体を移動させる羽ばたき動作を支えています。

そして、なんといっても、トンボと比べるべくもない異様な長さの脚。

この脚の長さは何に対する適応なのでしょうか?

今考え付くのは、広い葉の裏にぶら下がってとまるのに適しているだろうということ、そして、真っ暗で視覚が効かないときにとまり場所を探索する際の接触感覚をもたらすだろうということくらいです。

ガガンボの暮らしぶりに密着して観察を続ければ、本当の答が見つかるものと思います。

私は今後もトンボを追い続けることにしていますが、機会があったらガガンボの生きざまを横目でチラリチラリと覗き見ることになるでしょう。

この後、蝶3種とミツバチを観察・撮影しましたが、それらについては次回記事で取り上げることにし、この日最後に見たもう1種のハエ目昆虫を紹介します。


アシブトハナアブ

別の池の岸の上の枯れた細枝にハナアブらしき昆虫がとまっていました(写真2)(10時55分)。

アシブトハナアブ 
写真2 アシブトハナアブ Helophilus virgatus

この昆虫は胸部背面が黒く、縦に2本の黄条があること、腹部背面に特徴的な黒色と淡褐色の2色の図形パターンが見られることから、ネット検索により、比較的容易にアシブトハナアブ Helophilus virgatus Coquillett,1898 と同定できました(手持ちの『原色昆虫大図鑑III』の記述とも一致)。

ハナアブ類が主に腹部の斑紋や外形をハチ類(捕食者である鳥獣類に対して攻撃性を示す)に酷似させること(擬態)で、捕食を免れていることはよく知られている事実です。

写真2のような腹部斑紋パターンのハチは果たしているでしょうか?

『原色昆虫大図鑑III』をパラパラとめくったところ、掲載されたハチ類の中では、カバオビドロバチ Euodynerus dantici (Rossi, 1790) に一番似ているようです。

「ヒゲおやじ」さんのブログ「ヒゲおやじの蜂類生態図鑑」中の、カバオビドロバチの記事(外部リンク)に生態写真が掲載されていますので比べてみてください。

実際にカバオビドロバチをモデルにアシブトハナアブの色彩パターンが進化したかといえば、それは多分違うだろうとは思いますが、「もしかして」という気分に一瞬浸らせてくれる存在ではあります。


★(↓)ブログランキング:よろしければクリックで応援してください。

 にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ 


引用文献:
安松京三, 朝比奈正二郎, 石原保 監修(1965)『原色昆虫大図鑑第3巻』北隆館。

ハッシュタグ:
#ハエ目 #ガガンボ科 #ハナアブ科 #昆虫写真 #春の昆虫

| 昆虫:系統と分類 | COM(0) | | TB(-) |
2018-04-11 (Wed)
前々回記事「四国トンボ巡礼(8): タイワンウチワヤンマ、トラフトンボなどヤゴ3種」の中で、「タイワンウチワヤンマ幼虫に不思議な穴!」との見出しをつけ、タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax (Hagen in Selys, 1854)幼虫写真4)の腹端近くの腹節に大きな穴(写真6、7)があるが、どうやって開いた穴だろうかと問題提起をしました。


目 次
◆昆虫エキスパートの眼力は、「穴」を「コミズムシ類」へ、更に「マルミズムシ」へと進化させる
◆ヒメマルミズムシに似ているけれど
◆小さな虫だからといって侮るべからず
◆マルミズムシ類の、タイコウチ下目の中での系統的位置
◆引用ウェブ頁
◆謝辞


タイワンウチワヤンマ幼虫 
写真4(再掲) タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax 幼虫

タイワンウチワヤンマ幼虫の腹端部(穴が開いている) 
写真6(再掲) タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax 幼虫(写真4の部分拡大)

タイワンウチワヤンマ幼虫の腹端部(穴が開いている) 
写真7(再掲) タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax 幼虫(別個体ではなく同一個体の部分拡大)


昆虫エキスパートの眼力は、「穴」を「コミズムシ類」へ、更に「マルミズムシ」へと進化させる

そのブログ記事をフェイスブックで告知したところ、その日のうちに、松山探虫団の飯田貢さんから、
「タイワンウチワヤンマの腹部の穴ですが、拡大してみるとコミズムシ類の頭部に見えますね。写真6では脚が見えています。」
とのコメントがありました。

飯田さんと私との間の、コメント欄でのその後のやりとりの要点を、以下に紹介します。

私:「何かが付着しているという線もブログ記事作成中に念頭にありましたが、写真5、写真7では穴の向こうにたも網の繊維が見えているようにも解釈できたのですが。写真6では、ヤゴの表皮(クチクラ)の穴の縁が修復によって丸く縁取りされているようにも見えます。」

飯田さん:「『穴の縁』がどの部分を指すのか分かりません。コミズムシの複眼に白い反射(キャッチ光)があるのは、球面体でヤゴの背中面より手前にあるからだと思います。そして撮影角度での光の移動からも立体物にしか見えません。」

私:「問題のタイワンウチワヤンマ幼虫(写真4写真6))で、穴の縁と思われるところ(コミズムシで隠れている斜め左下の部分にも)に、青い点線を引いてみました(写真A)。いかがでしょう?」

タイワンウチワヤンマ幼虫の穴?それとも 
写真A タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax 幼虫(写真6の部分拡大)

飯田さん:「私の眼には穴が開いてるようには見えません。ただ何度もみてるうちに複眼の形や色からマルミズムシではないかと思い始めました。水生植物が多い開けた池という生息環境も一致します。」

私:「青い点線に囲まれた卵円形(白っぽい)の部分(写真A、左)は飯田さんから見ると何になりますか?ミズムシの体部?、水滴?、それとも。。」

飯田さん:「マルミズムシの右側面に見えます、右斜め上を向いていて赤茶色委部分が複眼、左下側にオールのような後脚がみえています。」

私:「マルミズムシでしたか! 確かに下記リンクを見ると腹面は白くて丸いし、縁もそれらしいです。貴重なご指摘を有難うございました。

私:「マルミズムシで画像を検索してみました。ヒメマルミズムシ Paraplea indistinguenda(体長:1.5~1.8mm)が一番似ているでしょうか?」

私:「下のリンク(ヒメマルミズムシ Paraplea indistinguenda についての韓国語の解説記事)の上から7番目の写真と、私のブログのタイワンウチワヤンマ幼虫の『穴』を見比べると、見れば見るほど穴には見えなくなり、この小さなマルミズムシの眼と口器と脚が生き生きと浮き上がりました。

私「他にも、以下のようなヒメマルミズムシ関連リンクがありました。




フェイスブックでの飯田さんと私との間の、本件についてのコメントのやりとりは以上です。


ヒメマルミズムシに似ているけれど

その後、私の方で、改めてリンク1~5のマルミズムシ類の画像と、タイワンウチワヤンマに付着した小昆虫の像とを見比べてみたところ、以下のことが確認できました。

リンク2(ヒメマルミズムシ)の、横から見た個体で、右複眼、口器、頭部が乳白色であること、および後脚の形状が、写真6の付着小昆虫のそれらと一致する。

・ただし、写真6の小昆虫では、肩から後方の腹面、側面も柔らかそうな乳白色だが、リンク2(ヒメマルミズムシ)では硬化した茶褐色である。

・この違いの原因は、写真6の小昆虫では、このマルミズムシが捕食を受けて肉質部が露出しているためかもしれない。

リンク3(ヒメマルミズムシ)は、背面全体(翅の背面を含む)も灰白色であり、写真6、7の小昆虫と一致する。

リンク4(ヒメマルミズムシ)は背、面全体(翅の背面を含む)も灰白色であること、および体が非常に小さいことも、写真6、7の小昆虫と一致する。

以上のように、ヒメマルミズムシに似ていますので、それだと断定したいところですが、同属の別種マルミズムシ Paraplea japonica の特徴との、あるいは同じ科の別の種があったとしてその種の特徴との照合がほとんどできていませんので、ここでは、タイワンウチワヤンマに付着していた水生カメムシマルミズムシ属の1種 Paraplea sp.であった、とするに留めておきます。


小さな虫だからといって侮るべからず

マルミズムシは体長1.5~1.8mm、マルミズムシは体長2.3~2.6mmといずれも小さく(レッドデータブックとちぎのウエブサイト)、といずれも非常に小型で、ミズムシ科のミズムシHesperocorixa distanti(体長11mm前後)を見慣れた私にとって見破るのは至難の業といいたいところです。

今回の私の判定ミスからの教訓は、「先入観、思い込みによって、観察がゆがめられることが大いにある。」ということです。

この教訓は、「ある現象や出来事の原因を、自分がこだわっている何か一つの特定の考えだけに求めるのではなく、同じような現象や出来事を生じうる、あらゆる可能な原因をしらみつぶしするように調べ、事実や実験結果で検証する姿勢が大切である」という科学者の基本姿勢にも共通しているように思います。


マルミズムシ類の、タイコウチ下目の中での系統的位置

以上の結論が得られたところで、コミズムシ類マルミズムシ、更にミズムシは、水生カメムシ目の中でどのような系統的位置(=分岐分類における位置)を占めているのかが気になりましたので、ネット検索により調べてみました。


それによれば、マルミズムシ類ミズムシ科 Corixidae ではなくマルミズムシ科 Pleidae (下の写真)に属していました。

Plea minutissima photo by Didier Descouens 
マルミズムシ科Pleidaeに属する、Plea minutissima (再掲)(Photo by Didier Decouens; Source, Wikipedia)

マルミズムシ科は、タイコウチ科 Nepidae やコオイムシ科 Belostomatidae よりはミズムシ科に近縁(時代的により後に系統ば分岐した)ですが、マツモムシ科 Notonectidae により近縁であるという意外な系統関係があることを知りました。

それ以外に、扁平な、コバンムシ科 Naucoridae  やナベプタムシ科 Aphelocheiridae なども、ミズムシ科よりはマルミズムシ科に近縁とされているのも、意外性があります。


引用ウェブ頁:

源五郎:辺の生き物彩々
http://gengoroh.seesaa.net/article/379954673.html 【リンク1

ヒメマルミズムシ、韓国語WebPage 
https://m.blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=nstdaily&logNo=150046483138&proxyReferer=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F 【リンク2

イッケー:日本産淡水魚の世界へようこそ:ヒメマルミズムシ
http://www.geocities.jp/tansuigyo_ofi_kke/KonntyuuHimemarumizumusi.html【リンク3

魚部@西表島本おもろそう!:ヒメマルミズムシ(左・福岡県産)とホシマルミズムシ(右・沖縄県産)
https://twitter.com/gyoburou1998/status/911949503518740485 【リンク4

レッドデータブックとちぎ:ヒメマルミズムシ
http://www.pref.tochigi.lg.jp/shizen/sonota/rdb/detail/18/0154.html

uni2:淡路島の生き物たち3:池・川 昆虫(2)
 http://uni2008.web.fc2.com/htm/ike.kontyuu2.html 【リンク5


謝辞

タイワンウチワヤンマの表皮に見られた異質な部分はマルミズムシ類であるということをご指摘いただいた飯田貢さんに、謝意を表したいと思います。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 昆虫:系統と分類 | COM(0) | | TB(-) |
2018-04-09 (Mon)
当ブログの前回記事タイワンウチワヤンマ Ictinogomphus pertinax の幼虫の腹部表面に小さなミズムシ類が付着していたことが、私の友人、飯田貢さんの指摘を受けて判明しました。

そこで、ミズムシ類を含む水生カメムシ類の系統関係はどのようなものであるか、ネット検索したところ、Hebsgaard et al. (2004)による、形態学と分子配列データで系統関係を分析した論文がヒットしました。

以下、その概要をご紹介するとともに、各科を代表する種の成虫の画像を転載(著作権許諾済)またはリンクして、今後の参考に供することにします。

タイコウチ下目 Nepomorpha の系統樹

Hebsgaard et al. (2004)の論文は、カメムシ目-異翅亜目に属する、タイコウチ下目 Nepomorphaを、形態学と分子配列データ(16S + 28S rDNA)のセットを、直接最適化direct optimization を用いて分析したものです。

具体的には、タイコウチ下目 Nepomorphaの40種、およびアウトグループ(アメンボ下目Gerromorpha および ミズギワカメムシ下目 Leptopodomorpha)に属する2種から、形態の65形質と、ミトコンドリア遺伝子16S由来の約960bpおよび全42種の末端分類群の核遺伝子28Sを含む分子データを、分析に供したものです(分析の詳細はオリジナル論文を参照)。

得られた系統樹は、それまでの形態分析による系統分類体系(Mahner, 1993) と大筋では一致していましたが、それと異なる結果の一つとして、 ナベブタムシ科 Aphelocheiridae とPotamocoridae(和名なし)の両科が姉妹群関係が明白であることから、コバンムシ上科Naucoroideaから独立した、新しいナベブタムシ上科Aphelocheiroideaを構成することを挙げています。

下の図は、Hebsgaard et al. (2004)のFigure 7を模写したものです(一部省略し、和名を付記)。

Nepomorphaの系統樹(Hebsgaard et al 2004.) 

図1 Phylogeny of Nepomorpha タイコウチ下目  (by M. B. Hebsgaard et al. 2004)(図はクリックで拡大します)

上の図で、和名は、日本分類学会連合(2018)および太田(2018)を参考にしました。


代表的な種の成虫の画像

以下、それぞれの科について、代表的な種の成虫の画像を転載(著作権許諾済)またはリンクします。


NEPOIDEA タイコウチ上科

Belostomatidae コオイムシ科

Abedus herberti, Photo by Greg Hume 
Abedus herberti (Photo by Greg Hume; Source, Wikipedia)


Nepidae タイコウチ科

Nepa cinerea by Jeffdelonge Vantoux et Longevelle 
Nepa cinerea (Photo from Jeffdelonge Vantoux et Longevelle; Source, Wikipedia)


CORIXOIDEAミズムシ上科

Corixidae ミズムシ科

Hesperocorixa castanea photo by James K Lindsey 
Hesperocorixa castanea (Photo by James K. Lindsey; Source, Wikipedia)


OCHTEROIDEAメミズムシ上科

Ochteridae メミズムシ科

Velvety Shore Bug - Ochterus - photo by Graham Montgomery
Velvety Shore Bug - Ochterus   (reproduced by courtesy of Mr Graham Montgomery, from BugGuide: Velvety Shore Bug - Ochterus.)


Gelastocoridae アシブトメミズムシ科

Gelastocoridae photo by Justinlei 
Gelastocoridae アシブトメミズムシ科の1種 (Photo by Justinleif; Source, Wikipedia)


ナベブタムシ上科 APHELOCHEIROIDEA

Potamocoridae 和名なしの科

HERRERA & SPRINGER (2012)の論文Fig.1Potamocoris beckeri の成虫♀の画像が掲載。


Aphelocheiridae ナベブタムシ科
Aphelocheirus aestivalis photo by Marianne Müller 

Aphelocheirus aestivalis (Photo byMarianne Muller; Source, Wikipedia)


コバンムシ上科 NAUCOROIDEA

Naucoridae コバンムシ科

Ilyocoris cimicoides photo by Siga 
Ilyocoris cimicoides (Photo by Siga; Source, Wikipedia)


NOTONECTOIDEAマツモムシ上科

Notonectidae マツモムシ科

Notonecta maculata photo by Didier Descouens 
Notonecta maculata (Photo by Didier Decouens; Source, Wikipedia)


Helotrephidae タマミズムシ科

Idiotrephes chinaiの画像が、下記サイトで閲覧可能。必見! 
Lee Kong Chian Natural History Museum: THE BIODIVERSITY OF SINGAPORE: A Digital Reference Collection for Singapore's Biodiversity: Idiotrephes chinaiLundblad, 1933.

エグリタマミズムシ Heterotrephes admorsusの、色々な角度からの画像が、下記サイトで閲覧可能。


PLEOIDEAマルミズムシ上科

Pleidae マルミズムシ科

Plea minutissima photo by Didier Descouens 
Plea minutissima (Photo by Didier Decouens; Source, Wikipedia)


日本産水生カメムシ類の画像一覧サイト

下記サイトには、水生カメムシ類各種の綺麗な標本の画像が整理されています。


引用文献

系統樹:
Hebsgaard MB, Andersen NM, Damgaard J (2004) Phylogeny of the true waterbugs (Nepomorpha: Hemiptera-Heteroptera) based on 16S and 28S rDNA and morphology. Syst Entomol 29:488–508. 

 Mahner, M. 1993. Systema Cryptoceratorum Phylogeneticum (Insecta, Heteroptera). Zoologica 143: 1-302. (Hebsgaard et al. [2004]から間接引用)


和名参考サイト:
日本分類学会連合(2018):異翅亜目 Heteroptera  - 日本産生物種数調査 -

太田透(2018):おさかなマガジン:昆虫の分類(淡水棲昆虫類中心) 


画像リンクサイト:
BugGuide: Velvety Shore Bug - Ochterus.

HERRERA, F. & SPRINGER, M. (2012)First Record of the Family Potamocoridae (Hemiptera: Heteroptera) in Costa Rica and of Coleopterocoris Hungerford, 1942 in Central America. Zootaxa 3333: 66–68   


Lee Kong Chian Natural History MuseumTHE BIODIVERSITY OF SINGAPORE: A Digital Reference Collection for Singapore's Biodiversity: Idiotrephes chinaiLundblad, 1933.



☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 昆虫:系統と分類 | COM(0) | | TB(-) |