04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-08-23 (Tue)
今年5月中旬、岐阜県の丘陵地帯でのトンボ探訪では、ムカシヤンマ、アサヒナカワトンボ、タベサナエ、アオサナエと豪華メンバーと初対面が続き(前回までのシリーズ記事参照)、私の運も使い果たしたのではと思い出した矢先、見たことのないサナエトンボが目にとまりました。

小川の湿った河原の苔むした石の上に中型のサナエトンボがとまっています。

カメラを構え、撮ってはそーっと近づきを繰りかえしながら画面一杯ちかくになるまで歩み寄ります。
その中のベストショットが写真1です。

ヤマサナエ♀(1)160513
写真1.ヤマサナエAsiagomphus melaenops (Selys, 1854)♀、(1)。 (クリックで拡大)

翅胸部の黄色と黒の縞模様が印象的です。

帰宅後、拡大画像と図鑑を照合した結果、この♀個体は、翅胸側面の黒色紋が2本あり、翅胸前面の黄色のL字型斑紋が中太の状態で折れていること、産卵弁が短いため腹部を側面から見た場合に見えないことから、ヤマサナエAsiagomphus melaenops *(Selys, 1854)であることが判明しました。

(*属の学名Asiagomphusは、「アジアのサナエトンボ」、種小名のmelaeno「黒い」+ops「眼」を意味します。しかし、その割に生体の眼は黒くありません。標本の眼であれば、黒っぽくなってもおかしくありませんので、命名者のSelysがその色からつけたとも考えられますが、それもあまり考えにくいです。浜田・井上(1985)ではopsを頭部を意味するとしています。私にはこれもしっくり来ませんので宿題とします。)

  → 追記(2016年9月18日):この宿題は片付けました。こちらの記事参照。結論を言えば、opsには「眼」という意味に加えて「顔」という意味があることが分かりました。したがって、ヤマサナエの学名の種小名の意味は「黒い顔」となります。

同属種の中ではキイロサナエAsiagomphus pryeri (Selys, 1883)によく似ていますが、キイロサナエでは翅胸前面の黄色のL字型斑紋がくびれた状態で折れていること、♀の産卵弁が長いため腹部側面からもよく見えると、図鑑(尾園、2012)に書かれています。

近縁の別な属の一員であるミヤマサナエAnisogomphus maacki (Selys, 1872)は、和名も似ていますが、ヤマサナエと形態も似ています。ただし、ミヤマサナエの後脚には小さい棘のような毛が列生し、腹部第8節背板側面には多きな黄色斑紋があります(ヤマサナエではそうなっていない)。

写真2は、同じ個体を写真1を撮る少し前に撮ったものですが、頭部が前方斜め左上を向いていていてユーモラスな雰囲気が出ていますので掲載しました。

ヤマサナエ♀(2)160513
写真2.ヤマサナエAsiagomphus melaenops ♀、(2)。 (クリックで拡大)

おそらく、その方向に小さな虫でも通りかかったのでしょう。
この頭部の位置取りは、胸部・腹部にくらべて頭部がバランス的に小さいことが強調されるだけでなく、顎が大きい割に、頭部上半分が前後に圧平された形であることを気づかせてくれます。

頭部上半分は脊椎動物でいえば大脳にあたる中枢神経が収められている場所ですから、このトンボの行動統御機能はよほど高機能な神経ネットワークで担われているか、それとも行動そのものがシンプルになっていて、特に高機能化していなくとも処理しきれているかのいずれかではないか、などと私は想像をたくましくしてしまいます。

おそらく後者ではないか、と考えてしまう私はサナエトンボに偏見を持っているのかもしれません。
今後の神経機能のと行動能力を結び付けた研究の進展に審判をゆだねたいと思います。

この♀を観察・撮影した場所から移動した、池のようになっている場所の草の上で、今度はヤマサナエの♂を発見し、撮影しました(写真3)。

ヤマサナエ♂160513
写真3.ヤマサナエAsiagomphus melaenops ♂。 (クリックで拡大)

これも帰宅後、図鑑と照合し、確実に同定することができました。

翅胸前面の黄色のL字型斑紋の折れ曲がり部分の形状および、尾部上付属器が下付属器とほぼ同長(キイロサナエ♂では尾部上付属器が下付属器よりも短い)である点が決め手になりました。

この♂、腹部の第4~6節とその前後がバットの握りのように絞れていてスマートです。
しかし、草の葉の上に体をあずけるように体軸を後方に傾けた状態でとまっていて、精悍さがあまり感じられません。

それもそのはず、この♂はまだ未熟だったのです。
というのも、複眼の色が一部茶色がかった灰色で、輝きがあまりありません。
成熟した個体の複眼は緑色を帯びて、生き生きとした輝きをはなっていまる(生態図鑑等の写真参照)。

この♂が沢山餌をたべて「成人」の体になり、軽快に婚活に精を出している姿を見たいものですが、埼玉県の自宅からここまで再訪するとなると大事です。
来年以降も、各地でトンボの観察を予定していますので、どこか別の所で再会できることを楽しみにしています。

引用文献:
浜田 康・井上 清 (1985) 日本産トンボ大図鑑。講談社。
尾園暁・川島逸郎・二橋亮(2012 )日本のトンボ。 文一総合出版。

☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |
2016-08-21 (Sun)
今年5月中旬、岐阜県の丘陵地帯でのトンボ探訪では、ハラビロトンボLyriothemis pachygastra (Selys, 1878)を見ることもできました。

ハラビロトンボは、以前、私が住んでいた北海道では絶滅危惧種に指定されているほどに稀少な種であったこともあり、これまでの私にはあまりなじみのない種でした。

本州での出張調査時に、休耕田のような場所で見かけたことはありましたが、生態写真を撮る機会はありませんでした。

今回、アサヒナカワトンボを観察したその足で、少し離れた小さな池や小川のほとりを通った際に、そこに繁茂する抽水植物の葉にとまったり飛び立ったりしていた、ハラビロトンボの小ささと黒づくめのスタイルを目にした時には(写真1)、自分がおとぎの国に来たかのような錯覚に襲われました(ちょっと大げさ?)。

ハラビロトンボ♂(1)160513
写真1.ハラビロトンボLyriothemis pachygastra

名前が名前だけに、腹部は横幅が大きく*、平べったい形をしていて、どこか愛らしい雰囲気を醸し出しています。

(*ハラビロトンボの学名の種小名pachygastraのpachyは厚い、太いを、gastraは腹、胴、胃を意味しています。ついでに言えば、属名LyriothemisのLyrioは竪琴、themisはギリシア神話の法・掟の女神テミスを意味しています。)

また、小型(平均体長でシオカラトンボよりも1.5センチメートルほど小さい)であるだけに、翅の網目(翅脈)の横脈数が全般に少なく、シンプルになっています。

写真2は同じ個体(♂)を横から見たところですが、腹部の横幅の割には背腹の厚さがないことがわかります。

よく見ると脚は2対しか草に着けておらず、前肢は折り畳んで、頭部と翅胸部の間のすきまの位置に立てられています。

ものにとまる時はいつでもそうしているかといえば、そうではなく、写真1では前脚も下方(背腹でいえば腹側)に伸ばしていて、左前肢は草の葉に爪をたてています。

ハラビロトンボ♂(2)160513
写真2.ハラビロトンボLyriothemis pachygastra

写真3は、写真1,2のすぐ近くで撮った別の♂個体です。

ハラビロトンボ♂(3)160513
写真3.ハラビロトンボLyriothemis pachygastra

写真1,2の♂の腹部が黒っぽいのに対して、写真3の♂では腹部に成熟のシンボルとなる、青白い「白粉*」が吹いていることがわかります。

(*トンボの成熟に伴う「白粉」の成分とその生態学的意義については、このブログの「シオヤトンボ:男たちの厚化粧」と題した記事で簡単にご紹介しています。)

実は、写真1の♂のように「白粉」が吹く前のこの黒っぽい色の腹部も、この♂がすでにかなり成熟していることを示しています。

なぜかといえば、羽化後間もない未熟な♂の腹部、翅胸部は、黄褐色の地に黒い斑紋があるだけで、写真1の♂とは色彩的には似ても似つきません。

♀は成熟しても、未熟な♂同様、黄色系に黒斑というファッションのままです。
その点、シオカラトンボの♀の俗称である「ムギワラトンボ」とスタンスがよく似ています。

黄色に黒斑の♂、♀は今回は撮影できませんでしたので、後日、機会があればご紹介したいと思います。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |
2016-08-14 (Sun)
好天に恵まれた5月の中旬、岐阜県の丘陵地帯まで遠征しトンボの姿を追い求めました。

同県内で前泊したこともあり、朝から水辺沿いを散策し、やってくるトンボを今や遅しと待ち構えました。

最初に現れたのはシオカラトンボ (Selys, 1848)♂です。

少し歩いた先の斜面では、シオヤトンボOrthetrum japonicum (Uhler, 1858)♂がカワゲラのような虫を口に加えて低木の枝にとまりました。

この2種のトンボは私とは旧知の間柄ですので、写真を撮ったら、また別のトンボはいないか歩を先に進めました。

まもなく、水辺近くのミズゴケの叢に小さなサナエトンボの♂がとまっているのに気づきました。

そーっと近づいて数回シャッターを押しました(写真1)。

タベサナエ♂(1)160513
写真1.タベサナエTrigomphus citimus ♂、その1。 (クリックで拡大)

上の写真をクリックして拡大ボタンを押してご笑覧ください。
にこやかに微笑んでいるように見えませんか?
長旅の疲れが少し残っていた私にとって、いやされる思いでした(といいたいところですが、帰宅してパソコン画面で拡大して気づいたのでした)

(なお、トンボ自身は餌がいたらとびかかろう、♀が来たら言い寄ろう、天敵が近づいたら飛び去ろうと、緊張しているはずですので、誤解のなきよう。)

さて、このトンボ、私が北海道在住中に沼の岸でよく見かけたコサナエTrigomphus melampus (Selys, 1869)に大きさも色形もよく似ています。
自宅に帰ってから撮影した画像と図鑑を見比べて、それがコサナエと同属のタベサナエTrigomphus citimus (Needham, 1931)であることがわかりました。

和名のタベサナエはこの種の幼虫を初めて採集し、成虫標本とともにトンボ学者であり学友である朝比奈正二郎博士に提供した田部正親氏に由来します(浜田・井上、1985)。

日本産亜種の学名(Trigomphus citimus tabei Asahina, 1949)にも田部氏の名前が刻まれています。
しかし、尾園・川島・二橋(2012)の「日本のトンボ」では亜種には和名を充てない方針をとっていて、私もその方針に賛成の立場から、タベサナエの和名とTrigomphus citimusを対応させる方式を今回採用しました。

World List of Odonata ではtabeiはシノニムにもリストされていません。)

さて、その場から少し歩くとまた別のタベサナエ♂がとまっていました(写真2)。

タベサナエ♂(3)160513
写真2.タベサナエTrigomphus citimus ♂、その2。 (クリックで拡大)

今度は、黒と白のマダラ模様の大きな石の表面にとまっていて、背景にうまく溶け込んでいます。
いつもこういう色の組合わせの岩や石の上にとまれば、捕食者に目立たなくなり、生存率の向上が望めます。
しかし、ものの本によれば、岸の植物の上などにもよくとまるようですので、とくに隠蔽的擬態をしているわけではないようです。

この写真(クリックで拡大!)では、尾部上付属器の背面が白く、カタカナのハの字状に開いている日本産本属♂の特徴の一つがよくあらわれています。

下の写真3は、2時間ほど後に、同じ細流の少し離れた地点の岩にとまっていた別のタベサナエですが、岩の色が少し白っぽく、その上逆光であるため、今度はトンボの姿が識別しやすくなっています。

タベサナエ♂(2)160513
写真3.タベサナエTrigomphus citimus ♂、その3。 (クリックで拡大)

この写真は、逆光で見にくいのですが、横から写す格好になっていますので、副交尾器の外形を確認することができます。
本種♂の副交尾器は横から見ると異様に大きいのが特徴で、これが種の同定の際に(標本採取なしに)写真画像だけで確信をもって結論を出す上でよい根拠となりました。

トンボの生態写真を撮る場合、「絵」になるように、複眼にピントを合わせることが多いですが、後に画像で種の同定をする際の助けとなるよう、胸部側面、腹基部(副交尾器)、腹端部(尾部付属器、産卵管)、翅脈(三角室、四角室、結節、縁紋)などにピントを合わせた写真を含めて撮るように心がけています。

引用文献:
浜田 康・井上 清 (1985) 日本産トンボ大図鑑。講談社。
尾園暁・川島逸郎・二橋亮(2012 )日本のトンボ。 文一総合出版。

    *   *   *   *   *   *   *   

ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |
2016-08-03 (Wed)
フィールドで「これは」と思った観察を、ブログ記事にアップしようと心がけてはいますが、トンボ・シーズンの進行は早くて、なかなか追いつきません。

調べて書く必要のあった桶ヶ谷沼とベッコウトンボのシリーズ記事が区切りがつきましたので、少しでも進行に追いつこうと、「今さら」感はぬぐえませんが、今シーズンの振り出し近くに戻ってトンボの横顔の紹介をリスタートしたいと思います。

下の写真は、今年の5月上旬の好天の日、埼玉県西部のため池にトンボ観察に出かけたときに写したものです。

睡蓮の咲くため池160507
埼玉県西部のため池(クリックで拡大)

キショウブの群生を背景に、赤紫の睡蓮の花が満開でした。

そしてその少し上空を飛び回ってはまた枯草の先端にとまるトンボが目にはいりました(下の写真)。

ヨツボシトンボLibellula quadrimaculata Linnaeus, 1758 の♂です。

ヨツボシトンボ♂160507
ヨツボシトンボLibellula quadrimaculata(クリックで拡大)

ふつう、トンボの写真を撮る時には複眼にピントを合わせて生き生きとした感じを演出しますが、上の写真は敢えて後半身に合わせました。
なぜかというと、写した写真を順に見ていて、この写真に写った腹部(俗にいう尻尾)全体が漂わせる構造体としての完成度にほれぼれしたからです。

多少の衝撃では壊れない、先細りの三角柱の力学構造をもちながら、呼吸の際には上下に腹をペコペコリズミカルに凹ませてはもどし、交尾の際には♀の前身の重量を支えながら♀の体を下前方に吊り動かすなどの、機動的な運動をするのですから、驚きです。
現代のロボット工学が似たような物を作れるとしても、それが一個の卵から発生して出来上がるところまでは到底真似ができないでしょう。

さて、虫の写真を撮る人には二つタイプがあるように思います。

ひとつは、科学の眼で体の形や作り、動き、他個体や他生物とのかかわり、環境とのかかわりに注意を向けて映像化するタイプ。

もうひとつは、観る人の心に何かを訴える空間芸術家の眼で、自然の中の一つのモチーフとして虫を写し込むタイプ。

もちろん、理学畑を歩んできた私は前者のタイプに属します。

そんな中、フェイスブック仲間のうち、撮影した昆虫写真をアップしている方々の中に、多少なりとも「美術」的な要素を盛り込んだ作品を挿入される方が何人かいます。

今回、私が写したヨツボシトンボと睡蓮を写した写真の中に、われながら「絵になる」と思ったものが1枚ありました(下の写真)。

睡蓮とヨツボシトンボ
ヨツボシトンボと睡蓮(クリックで拡大)

撮影する時点でカメラの絞りを開放側のマックスにして、背景となる睡蓮が少しボケて写るようにしていたものです。

オリジナルは、トンボが小さく写り、ヨツボシトンボかどうかがわからないため、上の写真はそれをトリミングしたものです。

下の写真は同じものを、デジタル写真のレタッチソフトで「印象派」風の絵画調にアレンジしたものです。

睡蓮とヨツボシトンボ、絵画化
ヨツボシトンボと睡蓮を印象派風にアレンジ(クリックで拡大)

構図はまだ満足できるものではありませんが、色や筆のタッチは多少なりともモネの作品の方を向いているように思えます。

おっと、あぶない、あぶない。

私は科学の視点でトンボを観る道を進むのでした。

    *   *   *   *   *   *   *   

ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(2) | | TB(-) |
2016-05-08 (Sun)
連休も終りがけの5月7日は朝から快晴の夏日予報。

普段は、「(ほぼ)毎日が日曜日」という退職者の特権を最大限活用して、平日に人気(ひとけ)の少ない中でのトンボ観察を謳歌しているのですが、フェイスブック仲間の連日のトンボ便りに、いてもたってもいられず、土曜のこの日、県西部の丘陵地、低山地を目指しました。

丘陵地にほど近い河川の中流部の河原に立つと、すでに犬を連れた家族連れや、川の淵で水遊びする男の子達(写真2)などでにぎわっていました。

少し上流側に歩くと、川の蛇行のカーブの内側に傍流があり、それに接する低い崖斜面の草の上を飛んだりとまったりしているトンボが出迎えてくれました。

ミヤマカワトンボCalopteryx cornelia(写真1)です。

ミヤマカワトンボ♂160507
写真1.ミヤマカワトンボ♂(クリックで拡大します)

私が心の中でつぶやいたのは、「えっ? もうミヤマカワトンボ?」という言葉でした。
というのも、私が住んでいた北海道では、ミヤマカワトンボの初見日は6月24日で、二ホンカワトンボよりも1カ月と1日遅いからです(北海道トンボ研究会報、Vol.27)。

埼玉県内でも5月7日というのは早いほうではないかと思い、ネット検索すると、数年前の4月25日に埼玉県で新鮮な個体が撮影されていました(蝶・チョウ・ゆっくり歩き・・・「千蟲譜物語」:外部リンク)。

4月後半でもグングン気温が上がり、夏日になることもある関東では、北海道で身に着けた私の常識は通用しないことを思い知らされました。

ミヤマカワトンボを見ての、もう一つの感想は、「大きいね。いい色してるね。それに悠然としているな。」です。

以前、四国徳島や神奈川県の川でじっくり見たことがあり、そのうち神奈川では写真も撮影しています。
私が実行委員会事務局長として準備運営に参加した、2012年国際トンボ学会議(外部リンク)のミッド・コングレス・トリップ(外部リンク)でのことで、その時は海外からの参加者も感嘆のため息をつきつつカメラのレンズを向けていました。

北海道ではミヤマカワトンボは分布が極限されているため、一度しか見たことがありません。
日高支庁南部の小さな川でその上に架けられた橋の上からでした。

それだけに、今回、1対1でじっくり対面できたのは心地よい経験でした。

この♂も遠くや高い位置に逃避することなく、1,2m横に移動する程度のとまり替えをしただけで、撮影会のモデルのようにじっくり被写体の役割を務めてくれました。

学名Calopteryx cornelia語源ですが、まず、属名のCalo-は美しい、pteryxは翅を意味します。
属の模式種C. virgoの♂をはじめ、この属のトンボにしばしば現れる金属光沢のある華やかなブルーの翅を見れば、こう命名したくなるのには納得です。

種小名corneliaは欧米の女子の名としても使われますが、古代ローマの著名な氏族である コルネリウス氏族 (gens Cornelia) ともととれます。
今のところ、どちらなのかはペンディングとしておきます。

ミヤマカワトンボの写真を撮り終えて振り向くと、本流の対岸の岩場から元気よく男の子たちが淵に飛び込んでいました(下の写真)。

川遊びの男の子達
写真2.岩場から川の淵に飛び込んで遊ぶ男の子達

今回は記事タイトルを5・7・5にした上で言葉遊びをしてみました。
お気づきでしたか?


ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |