01≪ 2015/02 ≫03
12345678910111213141516171819202122232425262728
2015-02-27 (Fri)
トンボに意外なほど多くの光センサー遺伝子が存在し、複眼の部位、幼虫と成虫とで使い分けていることが、産業技術総合研究所、東京農業大学、総合研究大学院大学にまたがる研究グループにより明らかにされました。

http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2015/pr20150224/pr20150224.html

その成果はアメリカの有力ジャーナルPNASの最新号に報告されています。

http://www.pnas.org/content/early/2015/02/18/1424670112.abstract

ヒトを含む多くの動物では色覚に関わる3~5種類のオプシン遺伝子(光センサー遺伝子)を備えていることが知られていましたが、今回の研究で、トンボは15~33種類と大変多いオプシン遺伝子を持つことが判明しました。

アキアカネの複眼の背側では主に紫外線(300 nm)から青緑色(500 nm)の短波長の光によく反応し、一方、腹側では紫外線から赤色(620 nm)までの波長の光に反応することが分かりました。

更に、個々のオプシン遺伝子は、幼虫と成虫のどちらか一方だけで使われているだけでなく、成虫で使われているオプシン遺伝子は、複眼背側、複眼腹側、単眼周辺のどこか一カ所の領域だけで機能していることも判明しています。

 トンボの幼虫は水中であまり動かずに生活するのに対して、成虫は陸上を活発に飛びまわる。したがって幼虫は成虫に比べると視覚や色覚への依存性が低いと予想される。また成虫では、複眼の背側では主に空を背景に物体を認識し、複眼の腹側では主に地表の環境、繁殖相手や餌などを認識する。

以上、産総研の上記サイトからの抜粋でした。

私が昨年11月の日本トンボ学会全国大会で衝撃をうけた二橋亮さんの研究発表とは、この内容でした。まだ論文公表前のようでしたので具体的内容についてのブログでの紹介は避けていたものです。

トンボは触角は退化傾向を示していて聴覚ももちろんないことから、視覚動物であると昔から言われていました。また、♂と♀で異なる色彩をしてセックスアピールしていたり、種ごとに微妙に色彩や斑紋パターンが異なっていることから、色覚があることはだれしもが思っていました。
しかし、基本的に黄色か赤の色しかまとっていないアカトンボがこんなに多くの色を識別していたというのは私にとって驚きでした。

成虫複眼の背側と腹側で見える波長(色彩)が異なるというのも、眼から鱗です。産総研のサイトにも書いてあるように、トンボは背を上に向けて水平に飛びますから大空からの紫外線や青っぽい光を複眼背方から多く受け、複眼腹方(下側)には地面や水面、植生などからの反射光が飛び込んできますので、視覚遺伝子の働き方は要領を得ています。

この論文の第一著者である二橋さんは幼少の頃からトンボを追い続け、その豊富な自然観察体験や持前の洞察力でこの研究をリードしています。
今後も応援していきたい人の一人です。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| トンボ:形態と機能 | COM(0) | | TB(-) |
2015-02-26 (Thu)
2月15日に東京で開かれた関東地方蜻蛉懇談会でのプレゼンで印象に残ったものの一つをご紹介します。

私たちが羽田発の飛行機の窓から見る東京は、灰褐色の建造物が一面に拡がり、その景観は、言い古された表現ですが、コンクリートジャングルそのものです。

しかし、昆虫たちにとって、それは東京砂漠と形容したほうが真実に近いでしょう。
本物のジャングルは昆虫をはじめとする生き物たちの多様性の宝庫なのですから。

中東の砂漠のオアシスのトンボにも詳しい夏目英隆さんは、東京のオアシスにどれだけトンボの種類がいるのかを追究しました。
もっとも夏目さんご自身は砂漠やオアシスという言葉を引き合いに出してはいませんが。

東京の山手線も通っている、ある一つの区には、ちょっとまとまった面積の緑地があり、その中には小さな池が二つ、池と池をつなぐ小さな小川があります。

夏目さんは、2014年の1シーズンだけで18種のトンボを確認しました。

そのうち3種、コオニヤンマ、マルタンヤンマ、マユタテアカネはその区では初記録だったそうで、探せばいるものです。
ただし、残念なことに均翅亜目の種はただの1種も発見されなかったそうで、その原因として池に水生植物が欠如していることをあげています。

以前その緑地で記録されていたオニヤンマも再発見できず、これは池と池をつなぐ細流がせき止められたためとしています。

プレゼンで夏目さんはカメが多く目についたことに触れていました。

今や言うまでもないことですが、カメや魚、ザリガニなどの外来種を在来種のいる池に放つことは生態系の破壊そのもので、
日頃の環境教育や理科教育の場面、家庭での会話でも注意を怠らないようにしたいものです。

東京の本来の地形は起伏や浅い谷が豊富で、至る所に湧水があり在来の水生生物を育んでいましたが、コンクリート化されて雨水も下水管に流れ込んでしまう今は
池への自然な水の供給が少なくなり、水質も淀みがちです。

こういったところも改善していけば、もっとトンボの種や個体数が増えていくことでしょう。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2015-02-17 (Tue)
一昨日(2月15日)、東京の五反田文化センター で開かれた関東地方蜻蛉懇談会に参加しました。

都内および近県から39人のトンボ愛好家、研究者が集まり、研究発表や生態写真のプレゼンテーションを視聴し、質疑応答が行われました。

鋭い切込みの研究もあり、生き生きとしたトンボの躍動ぶりをとらえた映像ありで、充実した6時間を過ごすことができました。

私もちょっとした観察について写真投影つきで発表し、貴重なご意見を伺うことができました。

その後の、一人一話もバラエティーに富み、トンボの多様性をそのまま反映した話題の拡がりを楽しむことができました。

新しい友人もでき、そのつながりはさっそくフェイスブックを通した交流へと発展しはじめています。

私のフェイスブックは開設以来休眠状態でしたが、これを機会に友達の輪を広げ、交流を深めていくことにしました。

フェイスブックをお持ちの方はどうぞ、お声掛けお願いします。
下記メールアドレス宛で私に連絡をとることができます。

info.idnh★gmail.com
(★をアットマークに置き換え)


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
2015-02-16 (Mon)
前回の記事で、小笠原諸島の固有種・在来種トンボへの脅威となっている外来種、グリーンアノールについて取り上げました。

このことは、原因と結果がはっきりしていますので、すでに対策がとられています。

私が島を初めて(といってもそれっきりですが)訪ねたのは2009年6月上旬のことでした。

本土との唯一の交通手段であるフェリー船「小笠原丸」にゆられること1昼夜、次から次へと小笠原諸島の互いに血のつながった名前のついている島々が次々と現れては後方に消え去り、最後に父島の湾口が見えてきました。

港では地元の方々が賑やかに出迎えてくれる中、幕末に黒船から下船したペリー提督もこの島に安堵の表情で上陸したのだろうなどと考えながら、一歩を踏み出しました。

港に面した道路の木々に何か目立つ色の箱のようなものがしばりつけてあるのが目につきました。

アノールトラップ
 ↑クリックで拡大します。

島の植物、タコノキの幹に設置してあり、なにやら文字も書いてあります。

下が、近寄って写した写真です。

アノールトラップ2

「グリーンアノール駆除事業」と大きくプリントされており、通し番号もついていて、管理されていることもわかります。

そう、これが「アノールトラップ」です。
家庭用のゴキブリホイホイのように、このトンネル状のけーすの中を潜り抜けようとしたり、隠れようとしたトカゲの足が粘りついて脱出できなくなる仕組みです。
設置者や事業に参加している方々が定期・不定期に巡回して、中にトカゲがはいっていたら、それを取り出して持ち帰り、記録してから処理しているのでしょう。

在来種のオガサワラトカゲと異なり、外来種のグリーンアノールは木登りが得意ですので、このトラップは後者を効果的にとらえることができるというわけです。

港に面した道路沿いに設置されているのは、よその島から船に便乗してやってくるアノールを水際でくいとめるというよりも、すでに父島ではびこってしまったアノールが港の岸壁に多数入り込んで船やボートで別の島に侵入するのを少しでもくいとめようというものと思われます。

このトラップが有効であることは、後日の私の別の島での体験からも明らかです。

そのことについては、また後日記事にしたいと思います。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| トンボ:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2015-02-07 (Sat)
前回の記事で、小笠原諸島の固有種のひとつ、ハナダカトンボが本島である父島、母島で絶滅し、ごく少数の属島で細々と血脈をつないでいることをお話しました。

その個体群絶滅の元凶であるとされているのが、グリーンアノールAnolis carolinensis(下の写真)です。
写真の個体は褐色味が強く出ていますが、カメレオンのように自在に体色を替えることができ、名前のとおりに緑色のものもよく観察されるそうです。

グリーンアノール

 ↑クリックで拡大します。
グリーンアノール。2009年6月上旬に父島の山頂部で撮影。

小笠原諸島を調査や写真取材でよく訪れておられる写真家の尾園暁さんのブログ「湘南虫日記」には、グリーンアノールがウスバキトンボPantala flavescensを捕食している写真が掲載されています(下記URL)。
http://blog.livedoor.jp/photombo/archives/2010-10.html

ウスバキトンボは固有種ではなく、熱帯を中心に世界中広く分布し、風に乗って大洋を横切って長距離移動をする、有名なトンボです。
私の以前の記事でもウスバキトンボについて写真つきで紹介してありました。

そういうことですので、父島では固有種のトンボは絶滅状態ですが、海を渡って分布を広げる種であるウスバキトンボやハネビロトンボ類は、グリーンアノールの捕食や他の原因による打撃があっても個体数は補充されます。

しかし、ハナダカトンボやオガサワラトンボといった固有種は簡単に海を渡ることができません。だからこそ、島の固有種として進化できたのです。ガラパゴス諸島のフィンチ(ヒワの仲間)たちのように。

ですから、すばしこく枝をつたい、抜け目なく昆虫を捕まえてはムシャムシャ食べるグリーンアノールのような、外来種の固有種へのインパクトは、しばしば取り返しのつかない結果を引き起こします。
  
さて、小笠原には在来種のオガサワラトカゲCryptoblepharus boutonii(下の写真)もいます。

オガサワラトカゲ
 ↑クリックで拡大します。
在来種、オガサワラトカゲ。2009年6月上旬に父島の山地で撮影。

こちらのほうは固有種ではありませんが(マスカリン諸島出身)、海洋民族の小舟に紛れ込んでたどりついたのでしょうか、以前から分布していて、在来種として扱われています。

オガサワラトカゲは、グリーンアノールのように木の枝や葉にまで登って昆虫を素早くキャッチする能力は持っていないため、固有種のトンボたちも共存することができていました。

それに対して、グリーンアノールは戦後の連合軍統治下でアメリカ兵がペットとしてアメリカ本土から小笠原に持ち込んだものが逃げ出して野生化し、それが増殖したものといわれています。

招かれざる客ならぬ、招かれた敵として、グリーンアノールは小笠原の固有種・在来種の存立にとっての強い逆風になっています。

グリーンアノールは以前は日本(本土)のペットショップでも売られていて、家庭で飼育している様子がブログなどでも散見されますが、現在は環境省により特定外来生物に指定され、輸入、飼育、譲渡、放逐が原則として禁止されています。

私自身、数日間の小笠原諸島での調査旅行でグリーンアノールの姿は見ても、捕食している瞬間には立ち会うことができませんでしたが、前回記事にも登場された苅部治紀さんはこのトカゲの島の昆虫への打撃の強さを以前から指摘し、その対策の必要性を訴えてこられ、またご自身でも様々な対策に奔走しておられます。

次回以降の記事で、それらの対策の一端についてご紹介したいと思います。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| トンボ:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
2015-02-02 (Mon)
前回記事まで6回にわたって、中国のメコン川上流部のハナダカトンボ科の1種Heliocypha perforataの産卵行動について話題に取り上げました。

実は、私もハナダカトンボ科のトンボとのお付き合いがありました。

最初は、1980年代の沖縄県西表島でのヤエヤマハナダカトンボRhinocypha uenoi*との遭遇、もう一つは最近になっての小笠原諸島でのハナダカトンボRhinocypha ogasawarensis **との出会いです。

下の写真は、そのときに私が撮影したハナダカトンボ♂です。

ハナダカトンボ♂
   (↑クリックで拡大します。)
 ハナダカトンボRhinocypha ogasawarensis ♂。小笠原諸島で撮影。**

名前のとおり、鼻(にあたる部位)が高いですね。
そして、翅が細く長い割に腹部が短く、均翅亜目全体の中でも標準的なものとくらべてバランスが大きく偏っています。
これも、この科全体に見られる特徴です。

この翅長と腹長のアンバランスは想像主のいたずらではなく、この科の先祖であった種における個体と環境との関係の中でなんらかの適応的な価値があったからこそ出来上がったものと考えられます。

この謎を解くのも面白そうですが、今日は現代世界における環境問題の中でハナダカトンボの置かれた状況をご紹介したいと思います。

上のような写真を私でも簡単に写せるのですから、小笠原諸島にもハナダカトンボはたくさんいると思われるかもしれません。

40年前の1970年代ならそうだったでしょう。

実際に、私の指導教員であった坂上昭一先生は1970年代前半に、二・三の共同研究者とともに小笠原諸島に昆虫類の調査に訪れ、ご専門のハナバチ調査の合間にトンボ成虫の行動の観察もされました。
その時の観察対象には父島のハナダカトンボも含まれていました*。

しかし、実際に私が父島を始めて訪れた2009年6月中旬には、この島にハナダカトンボどころかトンボの影ひとつ見当たりませんでした。
トンボをめぐる環境に大きな変化が起きていたのです。
そのことについては、後日の記事で取り上げたいと思います。

というわけで、上の写真のハナダカトンボは父島や母島といった本島ではなく、属島で撮影したものです。
小笠原諸島で、トンボを含む昆虫類の調査と保全に尽力しておられる苅部治紀氏の調査に同行させていただいた機会があり、その時に幸運にも小観察と写真撮影をすることができました。

ハナダカトンボ科のトンボは日本では上記の2種しかいません。
いずれも南の小さな島にひっそりと生き残っているという状況です。

本土から遠く離れた小さな島では、生物相がよりシンプルで、捕食者や競争者の多様性も低いので、本土あるいは他の島から新入りの種が一度侵入して個体数が一定レベルまで増加すれば、種間競争が弱いだけに、何千年、何万年も生き長らえる可能性があります。

その間、大陸や、それに近接する大きな島などには次々と生存競争に勝ち抜いた種が勢力を拡げてきて、型の古い、競争能力の低い種は大陸の縁や山の上に押し出されるように勢力を失い、最後には絶滅することが多かったでしょう。

実は、ムカシトンボ亜目(最近では均翅亜目に含める研究者も多いです)を現生生物では唯一構成するムカシトンボも、ヒマラヤ山脈と極東の島国である日本の山地だけに分布が限られていて、上の種間競争を免れて生き残っている生き物の好例といえます。

ハナダカトンボや他の島嶼の固有種にはそのような生き物が多く含まれていると思われます。

そのような、島の固有種はなぜ最近絶滅の危機に瀕しているのでしょうか?

それは、低い競争能力のため、侵入する外来種(それらは本土で厳しい種間競争に勝ち残ってきたはずです)による捕食あるいは、資源の争奪における敗北ということが関わっていることが分かってきています。

小さな島の小さな生き物、ハナダカトンボ。

彼らに生き延びてもらうためには何が必要なのでしょうか。

このブログでも、絶滅危機の原因の究明や、保全のための取り組みを紹介しつつ、考えていきたいと思います。

注:
*ヤエヤマハナダカトンボRhinocypha uenoiは日本固有種で西表島だけから記録されている。
属名の接頭語 rhino- はギリシャ語起源の「鼻」を、属名の語幹 cypha の男性形名詞 cyphus は「鉢、椀、カップ、ゴブレット」を意味します。和名は「鼻高」と、天狗をイメージした語句が使われていますが、ラテン語では、「鼻のようなカップ」という表現でハナダカトンボ特有の頭部前方(後頭楯)が前方に突出している形態的特徴を表しています。これは科全体の特徴でもあります。種小名の uenoi は昆虫学者上野俊一博士にちなみ、朝比奈正二郎博士が命名したものです。

**ハナダカトンボRhinocypha ogasawarensis も日本固有種で小笠原諸島だけから記録されています。以前には本島である父島、母島にも生息していたが絶滅し、現在はごく少数の属島のみに細々と生息しています(尾園・川島・二橋 2012『日本のトンボ』)。種小名ogasawarensisは「小笠原の」を意味し、松村松年・小熊捍両博士により命名されたものです。ラテン語で、-ensisは地名について形容詞化します。

***これらのトンボの観察データは坂上先生を主著者とする共著論文****として公表されましたが、論文作成に際して弟子の中で唯一トンボを専門としていた私が勧誘されたいきさつがあります。当時、小笠原の土を一度も踏んでいなかった私ですが、坂上先生の鋭い観察眼と洗練された文書記録術がいかんなく発揮されたフィールドノートを繰り返し読み込むことで、観察されたそれぞれの種の行動の特性を描き出すことはそれほど難しくありませんでした。その論文で私は、トンボ関係の論文の渉猟と読み込み、考察の内容をおもに担当しました。

****Sakagami, S. F.. Ubukata, H., Iga, M. & Toda. M. J. (1974). Observations on the behavior of some Odonata in the Bonin Islands, with considerations on the evolution of reproductive behavior in Libellulidae. J. Fac. Sci., Hokkaido Univ., Ser. VI. Zoology, 19 722-757.


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村



| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |