04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-05-22 (Mon)

以前の記事「ウスバキトンボ、今年の初見日はいつ?」で、ウスバキトンボ Pantala flavescens (Fabricius, 1798) の全国一斉初見日調査が現在おこなわれていることをご紹介しました。


というわけで、私もトンボの調査中はもちろん、普段のドライブ中も、ウスバキトンボが飛んでいないか注意を払って今日まできていました。


そして、今日(5月22日)、私の地元(さいたま市)で今年初めて目撃しました。


たった1個体でしたが、データを収集している新井さんに報告したところ、埼玉県としては今年初の記録とのこと。


千葉や神奈川では4月に観察されることもあるようですので、埼玉も似たようなものかと思っていましたが、よく見ると、2015年の調査データまとめでも埼玉では6月が初見だったことがわかり、今回の観察は結構ラッキーだったことが後からわかりました。


ただし、今後、他の方からもっと早い日付の採集・観察記録の報告があがれば、私の記録はいとも簡単に塗り替えられることになります。


さてさて、皆さんの地域ではもう見られましたか?


文字だけではさみしいので、写真を添えておきます(再掲)。

2014年9月にさいたま市内で撮影したウスバキトンボです。


ウスバキトンボ ♀ 

写真はクリックで拡大します。



☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。

| トンボ:個体群・群集 | COM(0) | | TB(-) |
2017-05-20 (Sat)
5月中旬も間もなく終わろうとしている、関東の一部都市に真夏日予報のでているこの日、関東山地の少し標高の高いところの渓流を何カ所か回りました。

季節が端境期だったせいか、出会えたトンボはクロサナエ Davidius fujiama Fraser, 1936 1♂だけでした。
それも、流畔のクモの垂直網にとらえられた若い個体でした(写真1)。

クモの網のクロサナエ(1)
写真1 クロサナエ Davidius fujiama ♂ (写真はクリックで拡大します)
 
午後2時過ぎ、クモの網にかかって、ゆらゆら揺れていたのを見つけました。

クモの網は枯草の茎にわたしてあるのですが、同じ株の別の茎の先端にカワゲラか何かの羽化殻がとりついているのも写真1には写り込んでいました。

網が揺れているのでなかなかピントがあわず、なんとか使い物になりそうに撮れたのが写真2です。

クモの網のクロサナエ2)
写真2 クロサナエ Davidius fujiama ♂

帰宅後写真から同定するために、翅胸前面や頭部の写真を撮っておく必要がありました。
そこで、クモの網からこのサナエトンボをつまみ上げました。
すると、なんと動いているのでちょっと驚きました(写真3)。

クモの網のクロサナエ(3)
写真3 クロサナエ Davidius fujiama ♂

風に揺れていたのではなく、もしかすると、このサナエが網からのがれようとじたばたしたので、揺れ動いたのかもしれません。

それならと、葉の上にそっと置きました(写真4)。

クモの網のクロサナエ(4)
写真4 クロサナエ Davidius fujiama ♂

可哀そうに、左前翅が基部から3分の1あたりで折れ曲がり、その先はくしゃくしゃになっています。
右前翅も基部から2分の1あたりで、への字形に折れ曲がっていて、これでは再離陸をするのも厳しそうです。
脚も不自由そうです、置いた時点には右中脚と右前脚が不自然に重なりあっています(写真4)。

しばらくすると写真5のように右中脚と前脚が互いに離れるように、自ら位置を変えました。

クモの網のクロサナエ(5)
写真5 クロサナエ Davidius fujiama ♂

その右前足ですが、跗節が通常そうするように外側には開かず、内側に伸びたままです。
私が網から外すときに傷めたのか、それとも網から逃れようとじたばたした際に無理な力をかけてしまったのか?
写真1を拡大してみると、右前足も中脚も跗節にクモの網の丈夫な糸がからみついていて、そこから逃れようと体を動かしたり、第三者が網からはずそうとしたときの力で関節や筋肉を傷めてしまうことはありそうです。

右中脚の跗節も本来のふんばりの態勢になっていませんので(写真5)、同様に損傷を受けているのかもしれません。

こんど、生きているトンボを網から外そうとするときには、気を付けることにしましょう。

複眼の色がまだ濁った色であること、翅に艶があり、クモの網による以外の汚れがなさそうなことから、このすぐ近くでこの日に羽化し、大空へはばたく処女飛翔に飛び立ってすぐ、このクモの網にかかってしまったものと考えられます。

トンボを主人公にすると、クモは悪役になってしまいますが、クモは「当たり前のことをしたまで」と言うでしょう。
そのクモの姿は見当たりませんでした。
クモの専門家でしたら、おおよその種名の見当はつくのではないでしょうか?

気の毒なクロサナエにいつまでも付き合っているわけにいかず、そのままにして、私は次の調査ポイントに向ったのでした(写真6、赤丸印)。

クモの網のクロサナエ(6)
写真6 網から救ったクロサナエ (赤丸の中)を置き去りに。

飛び立つことも歩いて隠れることも不自由になったこの個体は、残念ながら、歩行性のクモかアリの餌食になってしまうものと思われます。

しかし、これも自然の摂理の内。
われわれにできることは、森林破壊や水質汚染などの環境破壊や、採集のための採集によって個体群密度が絶滅の渦に巻き込まれるレベルにまで低下しないよう、意識を高めていくことだと思います。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:個体群・群集 | COM(0) | | TB(-) |
2017-05-14 (Sun)

アサヒナカワトンボの出迎えを受けた私は、写真でお付き合いした後、渓流沿いの林道を歩み進みました。

実は、お目当てのトンボはムカシトンボでしたので、渓流に沿って飛ぶ♂の姿はないか、また、あわよくば産卵している♀の姿はないかと、私の目線は斜め下前方をなぞるように追い続けていました。

しかし、なかなか、ムカシトンボの姿は見当たりません。
そうこうするうちに、岸から渓流に倒れかかった木の幹にとまっている小さなトンボの姿を見つけました。
小型のサナエトンボの♀です。
望遠ズームで数枚撮影した中からトリミングしたのが写真1です。

クロサナエ♀
 写真1.クロサナエDavidius fujiama、♀ (写真はクリックで拡大します)

もっと接近して撮影しようと、岸に向って斜面を降りかけたとたん、このトンボはどこかへ飛んでいってしまいました。

帰宅して尾園ほか著『日本のトンボ』と照らし合わせたところ、クロサナエ Davidius fujiama Fraser, 1936 の♀と同定できました。

♀の場合、同属のダビドサナエとの区別はかなり難しいのですが、前脚の基節にはっきりした黄斑がないことが決め手となりました。

その近くのフキの葉の上にもサナエトンボの姿がありました(写真2)。
こちらはほとんどノートリミングです。

ヒメクロサナエ♂
写真2.ヒメクロサナエ Lanthus fujiacus 、♂

撮影した時点では、写真1と同じ種のトンボだろうと思っていましたが、帰宅後、調べたところヒメクロサナエ Lanthus fujiacus (Fraser, 1936)であることが判明しました。

翅胸前面や側面の黄色紋の形状がよく特徴を現しています。
♂の場合、尾部付属器の形状もよい区別点になり、クロサナエの場合と比べれば、楽勝で同定できました。

この写真をバチバチと撮影中に、ハイキング帰りのご年配の女性に「何が撮れますか?」と気軽に話しかけられました。
今、いいところなので、一度振り返って「サナエトンボです。」と返事をして、また取り続けました。

すると、空中でサナエトンボが別のサナエトンボに掴みかかり、もつれるように岸の草むらの中に落下しました(写真3-1)。

ヒメクロサナエ連結失敗とその後の♀の動作1
写真3.ヒメクロサナエの連結失敗とその後の♀の動作(1)

そして、バサバサ、ビリビリと音をたてています。

年配の女性がまた何か話しかけました。
まだ居たんだ・・と思いながら、「ちょっと待ってください、今いいところなんで。。。」

♂が♀に背後からつかみかかって、連結しようとしていたのでした。
(どちらもヒメクロサナエであったことは、帰宅後、写真精査により確認)

ほんの数秒で♂はあきらめ、飛び去っていきました(写真3-2)。
残された♀の方は、脳震盪でも起こしたのでしょうか、そのまま三角倒立のような姿勢でしばらくじっとしていました(写真3-3~4)。

そして、やおら前脚、中脚を踏ん張って体を持ち上げ、首を曲げて頭を前方(水平方向)にやや上げて、起き上がろうかという態勢になりました(写真3-5~6)。

ヒメクロサナエ連結失敗とその後の♀の動作2
写真4.ヒメクロサナエの連結失敗とその後の♀の動作(2)

写真4は、その後の♀の動きです。
草の葉や茎に引っ掛かり気味だった腹部や翅を振りながら下ろし、体が地面と平行になるところまで何とかこぎつけ(写真4-7~10)、安心したかのように、少し前方に歩きました(写真4-11~12)。

この写真を最後に、♀もどこかへ飛んでいきました。

ピントが甘かったり、露出不足があったりしたのを、気安く話しかけてくれた方のせいにしてはいけないと、自分の心に言い聞かせ、修行の不足を痛感した次第です。

このブログには、以前、「ヒメクロサナエとの出会い」と題した記事をアップしました。
羽化直後の♂でしたので、写真2の精悍な♂とくらべると「未熟」であることのなんたるかがよくわかります。

そうそう、本命のムカシトンボには、林道の道端の草をちぇっくしながら飛ぶ1♂を目撃したっきりで、渓流には産卵痕をもつ植物さえ見当たりませんでした。
あこがれのトンボとじっくり対面するには、まだまだ、場数が足りない私です。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
2017-05-13 (Sat)
大型連休が明けて2・3日過ぎた晴天の日。
夏日の天気予報下、自宅から日帰り圏の低山地にトンボたちの青春を探しに行きました。

人里から少しはいった道路脇に車を停め、渓流沿いの林道を上流に向って歩きはじめると、早くも アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa Selys 1853* の面々が川岸の低木の枝から別の枝へとまり替えるなどして、出迎えてくれました(写真1~5)。

アサヒナカワトンボ橙色翅型♂
写真1.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 橙色翅型♂ 
    (写真はクリックで拡大します)

写真1の橙色翅型♂は、体表に白粉が吹きはじめ、縁紋の色も赤味が強くなってきていて、いくらか成熟が進んでいる様子です。

アサヒナカワトンボ橙色翅型♂、未熟 
写真2.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 橙色翅型♂、やや未熟

写真2の橙色翅型♂は、体表の白粉はほとんどなく、縁紋の色も赤よりはずっと白に近く、さらには複眼の透明感もまだ不完全で、写真1の個体にくらべても、羽化後の日数があまりたっていないことがわかります。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂(1)
写真3.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 色翅型♂

写真3は無色翅型♂です。
カワトンボ♂には基本的に橙色翅型と無色(透明)翅型の二型があり、集団内で型間の比率はそれなりにバランスがとれているようです。

♀は無色(透明)翅型が基本ですが、2種共存地域のニホンカワトンボでは淡橙色翅型が現れることがあります(参考記事2)。

写真3の無色翅型♂は、縁紋の色が写真2の橙色翅型同様に白に近いことから、成熟の途中であることがわかります。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂(2)
写真4.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 無色翅型♂(別個体)

それに対して、写真4の無色翅型♂は、縁紋の色がすでに鮮やかな赤になっていることから、かなり成熟した個体であることがわかります。

橙色翅型♂と無色翅型♂が混在しているケースでは、橙色翅型♂で成熟とともに白粉が強く吹くのに対し、無色翅型♂は成熟してもあまり白粉を吹かないことが多いようです。

写真4の個体も例外ではなく、白粉は写真1の橙色翅型♂にくらべて、あまり目立ちません。

話題が反れますが、写真4の♂、腹部と翅がサンドイッチのように1枚の葉をはさんでいますね。
普通に、パッととまった場合はこのようになるとは考えられませんので、今とまっている葉のもう少し先端近くに、頭は葉の元の方に少し向けてとまったあと、背方から見て反時計回りに体が回転するように歩いて向きを変えたために、葉の上と下に翅と腹部が別れたのではないでしょうか。

私が撮影していたときには、とくにそのような動作に気づきませんでしたので、あくまでも想像にすぎません。
読者の方で別の仮説を思いつかれた方がおられましたら、コメント欄でお知らせください。

アサヒナカワトンボ♀
写真5.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa ♀

さてさて、最後に登場したのは♀です(写真5)。

縁紋の色は鮮やかな白です。♀の場合、成熟しても縁紋は赤くなりません。
これは、同種の個体同士が眼の前の相手の性を識別する際に重要な役割を果たしているはずです。
そのほか、腹部の形態の違いや動作の特徴なども性識別に利用されているでしょう。

メスはまた、体表に白粉を吹く傾向も♂に比べればないに等しく、これも性識別に援用されるでしょう。

その点、縁紋が赤いことを除けば、無色翅型♂の外見は♀にかなり似ていることになります。
これは、♂の一部が同種の♀に擬態することで、強いなわばり行動を示す橙色翅♂による排撃行動を少しでも回避しやすくなり、なわばりに出入りする♀を横取りするという配偶戦略として解釈することが可能です。
このあたりのことは、東・生方・椿(1987)の中の一つの章で詳しく書いたことがあります。


*注:カワトンボ属Mnaisは、日本に2種(二ホンカワトンボMnais costalis Selys, 1869とアサヒナカワトンボM. pruinosa)が分布しており、両種の分布が広域的に重なっているところ(同所的分布)もあれば、戦国時大名のように領域を分け合っているところ(側所的分布)もあります。
 同所的に分布しているところでは、形質置換が起こり、両種の形態的差(翅脈の横脈数、翅の不透明斑のサイズなど)が明瞭になるため、生態写真からの種の同定は比較的正確に行えますが(下記リスト記事1&2を参照)、側所的分布の場合は、幼虫の尾鰓の形態は別として、形態的特徴だけからの種の同定は非常に困難で、DNAによる判定が得られるまでは確信が持てません(下記リスト記事3を参照)。
 ただし、側所的分布であっても、最近のDNA判定を採用した研究により、どちらの種が分布しているから判明している場合には、その研究を信頼してどちらか一方の種名を充てることが可能となります。
 今回は、苅部ほか(2010)に依拠して、アサヒナカワトンボと判定することができました。

参考となる、以前の記事:

引用文献:
東 和敬・生方秀紀・椿 宜高(1987)『トンボの繁殖システムと社会構造』東海大学出版会。
苅部治紀・守屋博文・林 文男(‎2010):神奈川県を中心としたカワトンボ属の分布。Bull.Kanagawa prefect. Mus. (Nat.Sci.),(39):25-34.


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:発生・生理 | COM(0) | | TB(-) |