-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-08-28 (Mon)
3回シリーズで続いている、今年の7月上旬、関東地方から北~北東方面に脱出した先にある、自然度の高い浅い沼一帯のトンボ観察記もいよいよ大詰め、今回は私の憧れのトンボとの対面が実現した際のエピソードを中心に紹介します。

憧れのトンボ、それはアマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana Asahina, 1955 です(写真1)。

アマゴイルリトンボ♂(3) 
写真1 アマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana(12時34分撮影) (写真はクリックで拡大します)

午前11時30分、早目の昼食休憩を済ませた私は、昼食前に観察した岸の対岸側の、日当たりのよい岸沿いにトンボの観察を再開しました。

最初に見つけたトンボはモノサシトンボ Pseudocopera annulata (Selys, 1863) ♂で、沼の水面から出たスゲ類の葉にとまっていました。

少し移動すると、今度は沼の水面から茎を突き出しているミツガシワの葉にもモノサシトンボ♂がとまっていました(写真2)。

モノサシトンボ♂、水辺にて 
写真2 モノサシトンボ Pseudocopera annulata 

いずれの♂も、明らかに、♀の到着を待ち受けている、すなわち婚活モードに入っている様子です。

翅および体表に汚れがないことから、まだ婚活シーズンが始まったばかりだということが伺えます。

11時36分、漏れ日があたる、ミツガシワ帯の草本の葉にとまるモノサシトンボ♀を発見しました(写真3)。

モノサシトンボ♀ 
写真3 モノサシトンボ Pseudocopera annulata 

♂とくらべて、特に体前半分の淡色部が♂のように青味がかった白ではなく、黄褐色がっかった白い色をしています(本種では、青味がかった白の♀も知られていますが)。

午前中にも羽化直後の個体を含め4頭のモノサシトンボを見つけて撮影しましたが、♂ばかりで、♀はここでは初物となりました。

次に、岸の丈の高い草の葉にとまるエゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum (Selys, 1872)の♂(スペード形黒紋の個体)を撮り、少し歩を進めると、水面に浮かぶオゼコウホネ Nuphar pumilum var. ozeense の葉やヒルムシロ Potamogeton distinctus の葉にそれぞれとまるクロイトトンボ Paracercion calamorum (Ris, 1916) ♂を見つけました(写真4)。

クロイトトンボ♂ 
写真4 ヒルムシロ Potamogeton distinctus の葉にとまるクロイトトンボ Paracercion calamorum 

もちろん、いずれも、その葉の周囲を なわばり にし、♀の到着を待っているバリバリの♂です。

クロイトトンボは、この生息地では私の前に初登場です。

今度はエゾイトトンボ連結カップルミツガシワ Menyanthes trifoliata の茎にとまっています(11時41分)。

少し離れたミツガシワの葉の上にはエゾイトトンボの独身がとまっています(写真5)。

エゾイトトンボ♂ 
写真5 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum 

こちらも、♀の登場を待ち受けているモードです。

別のミツガシワの葉にはモノサシトンボ♂もとまっています。

これはもう、婚活パーティ―状態です(笑)。

11時46分、エゾイトトンボの連結産卵が見られました(写真6)。

エゾイトトンボ、連結産卵 
写真6 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum 連結産卵

オゼコウホネかなにかの浮揚植物の葉柄の組織内に、♀がいそいそと卵を産み付け、♂は直立して♀をガードしています(歩哨姿勢)。

11時51分、ミツガシワの茎にとまっているエゾイトトンボ連結カップルに、別のエゾイトトンボ♂が近づいたため、連結♂は翅をばたつかせて威嚇しています(写真7)。

エゾイトトンボ連結 
写真7 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum 連結カップルに他♂が接近

下の写真8は同じエゾイトトンボ連結カップルですが、♀の全身がよく見えているのでここに掲げることにしました。

エゾイトトンボ連結(2) 
写真8 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum連結、同一カップル

11時54分、ヒルムシロの葉の上にとまっているクロイトトンボ連結カップルを見つけ、撮影しました(写真9)。

クロイトトンボ連結 
写真9 クロイトトンボ Paracercion calamorum 連結カップル

写真9も、♀の全身が比較的明瞭に写っているので掲げています。

この後、モノサシトンボ♂3例、エゾイトトンボ♂1例を撮影しましたが、上に紹介した事例と同様の姿勢をとっていましたので詳細は省略します。

そんな中、ミツガシワの葉の縁にとまるトンボの羽化殻を見つけ、撮影しました(写真10

イトトンボ科羽化殻 
写真10 イトトンボ科の1種 Coenagrionidae, sp. の羽化殻

帰宅後、幼虫図鑑等で調べ、尾鰓の概形、体長に対する腹長の比率、尾鰓の途中に折れ目があるらしいことで、均翅亜目の他の科ではなくイトトンボ科に属する種の羽化殻であると判定しました。

12時05分、岸の木漏れ日の当たる、丈の高い草の幅広い葉の先端に、青味の強いモノサシトンボ科のトンボがとまっているのを見つけました(写真11)。

アマゴイルリトンボ♂ 
写真11 アマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana 

アマゴイルリトンボ♂です。

カメラのファインダー越しに凝視しながら、「やったー!」と心の中で叫び声を上げていました。

今回の奥の蜻蛉道の旅の一番の目的を果たすことができた瞬間です。

ただし、初対面でしたので、帰宅後、パソコン画面で拡大画像と図鑑を見比べてアマゴイルリトンボに間違いないと確信するまでは、ぬか喜びの可能性もありえたのですが。

その後、この一帯で、柳の下のドジョウならぬ、2頭目のアマゴイルリトンボが見つからないか、眼を皿にして歩を進めたのですが、モノサシトンボ♂はいても、アマゴイルリイトトンボの姿はありませんでした。

ふと目を沼の水面にやると、宿願を果たした私を祝福するかのように、スイレン Nymphaea sp. の花が踊っていました(写真12)。[記事掲載時に「ヒツジグサ」としてい他のを訂正。2017.9.8.]

ヒツジグサ 
写真12 トンボの生息地に咲くスイレン Nymphaea sp. 

というわけで、目先を変えて、ハッチョウトンボのいるミズゴケ湿原へ向かうことにしました。

※その前に:昼時の日の当たる側の岸辺のトンボ成虫の構成には、午前中の日陰側の岸辺のそれと比べてクロイトトンボとルリモントンボの存在、オゼイトトンボの不在が指摘でき、♀を待ち受ける♂や連結や産卵中のカップルが見られるなど、生殖行動の活発化が見てとれます。

さて、この後の午後ののミズゴケ湿原で見たハッチョウトンボとアキアカネのオベリスク大会は、前々回の記事「奥の蜻蛉道(2):真夏のミズゴケ湿原のトンボ」に書いたとおりです。

そのミズゴケ湿原に向う通り道の横に、この沼の上流端の湿性草原の水たまりがありますので、そこに寄り道をしてみました。

すると、ますは藪の近くの草にとまるアキアカネが目に入りました(前回記事で既報)。

振り返るとその水たまりの近くの草の葉に、なんとアマゴイルリトンボ♂がとまっているではありませんか(写真13)。

アマゴイルリトンボ♂ 
写真13 アマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana ♂ (撮影者の影響を受ける前の証拠写真)

これこそが、前回記事「奥の蜻蛉道(3):湿原上流端の脇役トンボたち」で登場を先延ばしされた「この日の昼食休憩後に初対面したばかりのトンボ」そのものです。

お待たせしました。

この日2度目のアマゴイルリトンボ♂ですので、写真写りを優先して、撮影会のカメラマン並みに様ざまな角度・距離からシャッターを押します。

アマゴイルリトンボは、このうざったいカメラマンを避けるかのように、何度かとまり替えました。

そのうちの1枚はこれ(写真14)です。

アマゴイルリトンボ♂(2) 
写真14 アマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana 

そして最後の1枚(正確には最後から2枚目)がこれ(写真15)です(12時34分)。

アマゴイルリトンボ♂(3) 
写真15 アマゴイルリトンボ Platycnemis echigoana  (写真1の再掲)

というわけで、今回の記事の冒頭にはこの写真を使いました。

アマゴイルリトンボは見た感じはモノサシトンボと似ていますが、分類学上の属はグンバイトンボと同じグンバイトンボ属 Platycnemis に属しています。

グンバイトンボ属およびその近縁属の種には♂の中・後脚の脛節が軍配状に拡張しているものが多く知られており(過去記事「世界のグンバイトンボ類、軍配サイズ番付」参照)、その中でアマゴイルリトンボはもっとも軍配に縁がない部類に属しますので、私にとっても興味津々の種です。

この話題については、また後程の記事で取り上げたいと思っています。

この後、トンボ探訪を続けながら、この沼への流入河川(細流)(前回記事参照)とミズゴケ湿原(前々回記事)を通り、森林斜面の迫る岸(3回前の記事)を通って、愛車の待つ場所へと戻りました。

これをもって、当ブログの「奥の蜻蛉道篇」はいったん完結といたします。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
スポンサーサイト
| トンボ:個体群・群集 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-27 (Sun)
前回前々回記事に続き、今年の7月上旬、関東地方から北~北東方面に脱出した先にある、自然度の高い浅い沼一帯のトンボ観察からのエピソードをご紹介します。

この沼の上流側には小規模なミズゴケ湿原が成立していて、独特のトンボ相が成立しています(前回記事)。

そのミズゴケ湿原を通り過ぎた先にある、沼の上流端部に向うところから、今回の記事がスタートします。

ミズゴケ湿原を通り過ぎるとすぐに小規模な河畔林になっており、その林内の木漏れ日のあたるスゲ類の葉にオゼイトトンボ Coenagrion terue (Asahina, 1949) ♂がとまっているのを見つけ、撮影しました。

更に少し進むと、沼の上流端(湿原になっている)に流入する小河川(細流)を横切ることになります。
その細流沿いに生い茂ったヨシの葉に、ニホンカワトンボ Mnais costalis Selys, 1869 無色透明翅型♂が木漏れ日を浴びながらとまっていました(写真1)。

ニホンカワトンボ♂、無色透明型 
写真1 ニホンカワトンボ Mnais costalis ♂、無色透明翅型 (写真はクリックで拡大します)

日本産のカワトンボ属 Mnais は2種、ニホンカワトンボアサヒナカワトンボ M. pruinosa Selys 1853に分類されていますが、形態が酷似していて、多くの場合、成虫標本の観察、ましてや生態写真だけからの種の同定には困難が伴います。DNAを抽出して解析すれば正確に同定できますが、研究機関の協力なしには行えません(過去記事「カワトンボ属:形態による種の同定は、核DNA塩基配列分析にひざまずく(以前の記事の訂正あり)」参照)。

それなのに、なぜ今回はニホンカワトンボと断定できたのかといえば、その理由は簡単で、今回の調査地域にはアサヒナカワトンボは分布していないことになっているからです。

さて、今回の観察記録に戻ります。

この細流を渡ったところの少し先に行くと見ることができる湿原の最上流端は、本来湿原だったと思われますが、私が訪れた時にはやや乾燥感のある草原の様相を呈していました。

それでも、写真2のように、大きな浅い水たまりがあることから、それなりに地下水位も高いのかもしれません。

湿原の上流端の景観 
写真2 沼の最上流端の湿性草原の水たまり

その浅い水たまりのほとりの幼木の尖端の立った枝の先近くに、シオヤトンボ Orthetrum japonicum (Uhler, 1858) ♂がとまっていました(写真3)。

シオヤトンボ♂ 
写真3 シオヤトンボ Orthetrum japonicum 

シオヤトンボについては、過去記事「シオヤトンボ:男たちの厚化粧」に♂の白粉による装いとその意味について、交尾中の写真も添えて記述していますので、ご一読ください。

この水たまりと向かい合う林縁に接した草むらの頭花にアキアカネ Sympetrum frequens (Selys, 1883) ♂が水平にとまっていました。

見ていると、その♂も前回記事のアキアカネ1♂のように、軽いオベリスク姿勢をとりました(写真4)。

アキアカネ♂
写真4 アキアカネ Sympetrum frequens ♂

少し視線を巡らせると、別のアキアカネ♂が、傾いたスゲ類の尖端の穂に、ほぼ水平にとまっているました(写真5)。

アキアカネ未熟♂ 
写真5 アキアカネ S. frequens 未熟♂

更にもう1頭のアキアカネ♂が、半日陰の草の葉の上にこちら向きにとまっていました(写真6)。

アキアカネ♂ 
写真6 アキアカネ S. frequens ♂

このように、正面からの写真からでは、雌雄の判定は難しいのですが、腹部第4節の前方付近が、それより後方よりも細まっていること、尾部上付属器は♀の相同の体部である尾毛よりもずっと長いことに着目してなんとか判定してみました。

午前10時10時26分。ほかにトンボの姿はないので、直前まで観察していたミズゴケ湿原に戻ることにしました。

そのミズゴケ湿原でのトンボ観察は前回記事に書いたとおりです。

昼食後の12時29分に、この浅い水たまりのある沼(湿原)の最上流端の草原を再訪してみました。

この時最初に出会ったトンボは、半日陰の笹の葉にとまるアキアカネでした(写真には正面向きで腹部が写っていないため、性別判定不能)。

シオヤトンボを撮影した水たまりに着くと、そこには私がこの日の昼食休憩後に初対面したばかりのトンボが1頭とまっていました。
その初対面のトンボについては、次回記事で詳しく報告する予定です。

そのトンボをさまざまな角度から撮影したあと、ミズゴケ湿原に向いました。

その途中の、湿原に流入する小河川(細流)沿いに生えた背の高い笹の葉に、今度はニホンカワトンボの♀が木漏れ日を浴びながらとまっていました(写真7)。

ニホンカワトンボ♀ 
写真7 ニホンカワトンボ Mnais costalis ♀

後半身を水平よりも40度ほど挙上して、いつでも飛び立てるような態勢で、斜め下前方を凝視しています。
小さな虫通りかかれば飛びかかって、捕獲する態勢です。

今回、ニホンカワトンボの♂と♀を観察・撮影することができました。

ただし、同時に見つかってもおかしくないはずのニホンカワトンボの橙色翅型♂(画像はこちら過去記事より])は今回見られませんでした。

その理由として、この細流が非常に小規模で、その上、橙色翅型♂がなわばり占有場所として好む少し開放的な(つまり上空の大半を樹枝で覆われることのない)水流の部分が無かったことが考えられます。

それにしても、カワトンボ類が移動可能な流域で考えれば橙色翅型♂はいるはずですから、今回はたまたま目にとまらなかっただけというのが真相に近いだろうと思います。

ニホンカワトンボの形態について具体的に取り上げたものとして、以下の過去記事があります。

※ただし、この過去記事で扱われているニホンカワトンボは、同属のアサヒナカワトンボと広域的に同所分布している地域内の個体群であるため、アサヒナカワトンボとの形態的差異が拡大する「形質置換」を起こしているケースですので、今回撮影したニホンカワトンボとは、体サイズ、橙色翅♂と無色透明翅型♂の比率、♀の翅の色などで大きな違いが出ています。

今回の記事は、過去記事ピックアップを交えたニホンカワトンボの話題に終始した感がありますが、次回は私を感激された初対面の種との出会いを取り上げる予定です(今回のタイトルに「脇役」を付したのは、この理由からです。御免なさい→ニホンカワトンボさん、シオヤトンボさん、アキアカネさん)。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:個体群・群集 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-26 (Sat)
前回記事に続き、今年の7月上旬、関東地方から脱出した先にある、自然度の高い浅い沼一帯のトンボ観察からのエピソードをご紹介します。

この沼の上流側(つまり主たる流入河川がある側)は土砂だけでなく、泥炭も堆積して小規模なミズゴケ湿原写真1)が発達しています。

数種のトンボが見られたミズゴケ湿原 
写真1 数種のトンボが見られたミズゴケ湿原(写真はクリックで拡大します)

手前の黄緑色のスゲ類で茫々とした面がミズゴケ湿原、遠景の森の手前の若干緑の濃い平面が遠浅のミツガシワ帯となっています。

自然な生態遷移の進行上、やむをえないのですが、池塘は浅く狭くなっていき、樹木の侵入が起きていることが見てとれます。

ハイカーや自然愛好家による踏み付けも湿原環境の悪化原因になりますが、それを防ぐ手立てがとられているのが救いです。

このミズゴケ湿原には、モウセンゴケ Drosera rotundifolia Linnaeus写真2)、トキソウ Pogonia japonica Rchb.f.写真3)など、その立地に特有の植物も細々と生き残っています。

モウセンゴケ 
写真2 モウセンゴケ Drosera rotundifolia 

モウセンゴケの背景(水にひたった湿原面)には、たっぷり水を含んだミズゴケがぎっしりと茂っているのも見てとれます。

トキソウ
写真3 トキソウ Pogonia japonica

今回の記事は、そのミズゴケ湿原で観察されたトンボについてまとめています。

午前10時を少し回ったところで、そのミズゴケ湿原に到着しました。

出迎えてくれたのは、ワタスゲの穂の垂れ下がった枯れた花茎の先にとまる、アキアカネ Sympetrum frequens (Selys, 1883) 未熟♂でした(写真4)。

アキアカネ未熟♂ 
写真4 アキアカネ Sympetrum frequens 未熟♂

アキアカネの写真ばかりが続くことになりますが、写真4は、ちょっとした「絵」になっているかな、ということで採用しました。

小さな池塘のほとりのイグサ類の葉には、ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea Rambur, 1842 ♂が水平にとまっていました(写真5)。

ハッチョウトンボ♂ 
写真5 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♂

もし私が初めてこのトンボに出会ったとしたなら、大感激といったところですが、今年6月に東海地方の生息地で観察・撮影していますので、「や~、しばらく!」といった感じでの観察・撮影となりました。

ハッチョウトンボは、超小柄なですが、全身を真紅の衣装で着飾っていて、「ミズゴケ湿原の姫君」と形容したくなるトンボです。もっとも真紅なのは♂のほうですが。

私のハッチョウトンボへの恋心(?)はすでに3回、トップアイドル級の扱いで記事(下記3件)にしていることからバレバレかもしれません(笑)。


しばらく見ていると、ハッチョウトンボの♂同士のなわばり占有を巡る追い合いが始まりました。
上から見て直径1~2mの範囲内を目まぐるし速度で旋回しながらの追い合いです。

カメラにどう収めようかとまごまごしている間に、追い合いは決着し、再び池塘のまわりに静穏が戻りました。

これらの観察の後、いったんミズゴケ湿原を離れて沼への流入河川(細流)とその周辺の湿地へトンボを観に行きました。
そこで見たトンボは次回の記事でとりあげることとします。

午前10時30分を少し回ったところで、私はふたたび、このミズゴケ湿原に戻っていました。

今度は、そこのスゲ類の葉にオゼイトトンボ Coenagrion terue (Asahina, 1949) ♂がとまっているのを見つけました(写真、再掲)。

オゼイトトンボ♂ 
写真(再掲) オゼイトトンボ Coenagrion terue  ♂

実は、写真6は比較的よく写っていたので、前回記事で使っていました。

今度は、確かにこの場で撮れたオゼイトトンボの現場写真として再掲しています。

池塘のほとりのイグサには、先程のハッチョウトンボ♂があいかわらずとまっています。

少し離れたところには、イグサのような草の尖端近くにアキアカネ未熟♂がぶらさがっていました(写真7)。

アキアカネ未熟♂ 
写真7 アキアカネ Sympetrum frequens 未熟♂

多数のワタスゲの穂が競い合う一帯を写真に収めたあと、私はこの湿原から離れ、森林斜面とミツガシワ群落が接する岸沿いの小径をたどりながら元の小径を戻り、早目の昼食を兼ねた休憩をとりました。

昼食後、12時40分すぎに、このミズゴケ湿原に戻りました。

あわよくば、今年6月の東海地方でのトンボ探訪の際に果たせなかった、ハッチョウトンボの交尾・産卵シーンの観察・撮影をという魂胆です。

ここでの午後最初のトンボは、枯草の尖端にとまり、太陽の方向に腹部を挙上するオベリスク姿勢をとっているアキアカネ♂でした(写真8)。

アキアカネ♂ 
写真8 アキアカネ Sympetrum frequens ♂

この日は猛暑日にこそなりませんでしたが、直近のアメダスポイントの最高気温は30℃を越え、真上に近い角度からの直射日光でこのアキアカネの体温もかなり上がってしまったのでしょう。

 ※アキアカネのオベリスク姿勢についての過去記事があります。こちらです→「アキアカネ♂

私も、この時間帯は、暑さのため、観察時刻を短く切り上げて日陰に入りたいと体が悲鳴を上げそうになる中での観察・撮影となりました。

※今回の訪問地の沼・湿原で、アキアカネをそこここに見ることができましたが、そこがたとえ水辺であった場合でも、交尾や産卵といった生殖行動のためではなく、採食や休憩をしながら、秋の交尾・産卵シーズンに備えているだけのことです。

※アキアカネの生活史については北海道の事例に着目しながら私が分析し整理した総説が日本トンボ学会の会誌に掲載されています(過去記事「【総説】 北海道のアキアカネの生活史:トンボ学会誌に掲載」参照)。

さて、観察報告に戻ります。

そんな中、同じミズゴケ湿原の、イグサ類、スゲ類にそれぞれとまっているオゼイトトンボ各1♂は、平然といつも通りのとまり方を維持していました(写真9)。

オゼイトトンボ♂ 
写真9 オゼイトトンボ Coenagrion terue  ♂

不均翅亜目と違って均翅亜目のイトトンボ類は腹が細いので、太陽光に直角の場合でも受光面積が小さく、また体積にくらべて表面積が大きくなる分、体熱の空気中への発散の効率がよいことが、オベリスク姿勢を敢えてとらないことの理由かもしれません。

均翅亜目とオベリスク姿勢の関連は、今後、注目していきたいと思うテーマの一つになりました。

さて、次に見つけたのは、スゲ類の葉にほぼ水平にとまるハッチョウトンボ♀でした(写真10)。

ハッチョウトンボ♀ 
写真10 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀

♂に「姫君」の称号を横取りされた♀ですが、地味な色彩ながら、茶・黒・白をさりげなく組み合わせた着こなしには、むしろ大人の気品さえ感じさせます。

実際のところは、他の多くのトンボ(たとえば、シオカラトンボ)と同じように、ハッチョウトンボでも、派手な色彩の♂が捕食圧を高める不利を交尾獲得の有利さで埋め合わせる中で、♀は背景にまぎれたこの迷彩色で捕食圧を少しでも下げているのでしょう。

繰りかえしの紹介になりますが、この着飾り方の雌雄差に関連した内容を過去記事「ハッチョウトンボ:恋のドレスアップ」に書いています。

さて、しばらくすると、その♀がオベリスク姿勢をとりました(写真11)。

ハッチョウトンボ♀、オベリスク姿勢
写真11 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀

その少し後、まるで申し合わせたかのように、ハッチョウトンボ♂もオベリスク姿勢をとりました(写真12

ハッチョウトンボ♂、オベリスク姿勢
写真12 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea

更に、別のハッチョウトンボ♀(後翅の破れの有無で写真11の♀と区別がつきます)もオベリスク姿勢です(写真13)。

ハッチョウトンボ♀、オベリスク姿勢(2)
写真13 ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀

これではまるでオベリスク大会です。
オリンピックの体操競技で、2,3人の選手が同時に平均台の上で倒立しているシーンを彷彿とさせます。

たとえ話はこのくらいにしましょう。

季節的にも、時間帯的にも、♂♀が幼虫生息地(=産卵場所)である池塘周辺に出そろっていることからも、交尾行動の出現が期待されたのですが、このままカンカン照りの湿原で観察を続けると私が熱中症でダウンしかねない気象条件でした。

そんなわけで、後ろ髪をひかれる思いで、このミズゴケ湿原を後にし、日陰のある森林斜面に接する岸沿いの小径へと歩を進めました。

次回記事では、このミズゴケ湿原に近接する流入河川(細流)とその近くの湿性草原のトンボを採りあげる予定です。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-25 (Fri)
今年の7月上旬、奥の細道ならぬ奥の蜻蛉道をたどり、関東地方では見られないトンボも棲む生息地を初めて訪れました。

朝から夏の日差しが照り付ける好天に恵まれたこの日の朝、私は台地状の丘陵地の中央部の窪地に形成された浅い沼のほとりにたどり着きました(写真1)。

多様なトンボが生息する、台地上に形成された沼 
写真1 多様なトンボが生息する、台地上に形成された沼(写真はクリックで拡大します)

沼の周囲の集水域に人家や畜舎などがないことから、水の富栄養化もおきにくく、トンボを含む水生生物にとって好適な環境であることが予測できていましたが、その期待を裏切らない、素晴らしい生息地であることが、このあと登場するオゼイトトンボ Coenagrion terue (Asahina, 1949)写真2)他(実は「他」の中には、もっと大物が。。。)のトンボ達によって証明されることになります。

オゼイトトンボ♂ 
写真2 オゼイトトンボ Coenagrion terue 

このオゼイトトンボ♂については、以下の時系列順の記述の中であらためて取り上げます。

第1回目の今回の記事では、午前9時ちょっと過ぎにスタートし、森林の斜面が沼のミツガシワなどの抽水植物が繁茂するゾーンに接する、岸沿いの小径をゆっくりと歩みながら見つけた、トンボ達を紹介します。

最初に目にとまったトンボは、水辺から舞い上がり、低木の葉の上にとまった羽化直後のイトトンボでした(写真3)。

イトトンボ科の1種、♀、羽化直後 
写真3 イトトンボ科の1種 Coenagionidae sp. ♀、羽化直後

帰宅後、写真3の画像を拡大して図鑑類と見比べましたが、イトトンボ科の1種の♀と判定するのがやっとでした。
種まで同定するにはもう少し色々な角度からもっとピントのあった写真をとる必要があることを、改めて思い知らされました。

岸沿いに少し歩くと、岸近くの木漏れ日のあたるスゲ類の葉に、モノサシトンボ Pseudocopera annulata (Selys, 1863) の♂がとまっていました。

モノサシトンボ♂ 
写真4 モノサシトンボ Pseudocopera annulata 

このモノサシトンボ♂は、若干青味がかった表皮の白色部はまだ瑞々しく、成熟の途中であることをうかがわせます。
また、視線が斜め上を向いていることから、餌昆虫が通りかかれば飛びかかるという態勢をとっているように思われます。

午前中の岸沿いトンボ探訪で、この後も同様に草木の葉にとまるモノサシトンボ♂を3例撮影することができました。
そのうちの1♂は、木漏れ日もあたっていない日陰の丸い木の葉の表面先端付近にとまっていたものです。

岸沿いに歩みを進めると、岸辺の木漏れ日のあたる、折れ曲がったスゲ類の葉にアキアカネ Sympetrum frequens (Selys, 1883) ♀がほぼ水平にとまっていました。

アキアカネ♀ 
写真5 アキアカネ Sympetrum frequens ♀

こちらにお尻を向けてとまっていますが、この日初登場のアキアカネでしたので掲載しておきます。

木漏れ日のあたる、への字形に折れ曲がったスゲ類の葉に斜めにぶら下がるかたちで、オゼイトトンボ♂写真2:ただし、10時37分に撮影の別個体)がとまっていました(9時36分)。

オゼイトトンボ♂ 
写真2の再掲 オゼイトトンボ Coenagrion terue ♂  (10時37分に撮影)

オゼイトトンボの学名のうち、種小名のterue は命名者である朝比奈正二郎博士(故人)の奥様のお名前をローマ字表記したものです(トンボ界では知らない人はいないほどのエピソード)。

さて、オゼイトトンボと私の関係ですが、大学院生時代に札幌市郊外の山中の沼で、多数派のエゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum (Selys, 1872) に交じって活動していたのを観察して以来の再会になります(過去記事「トンボ相とトンボ群集(4):群集調査地のトンボ相」参照)。

その後、就職して釧路市に転居してからは、道東の生息地ではどこでも、オゼイトトンボの代わりにキタイトトンボ Coenagrion ecornutum (Selys, 1872)(過去記事:「キタイトトンボの産卵:男はつらいよ!?」参照)がエゾイトトンボのライバル、正確には同属の同所分布種となっていました。

埼玉に再転居した今は、北海道特産種であるキタイトトンボはもちろんのこと、エゾイトトンボ、キタイトトンボも県外遠征しなければ会えない、少し遠い存在となっています。

ということで、オゼイトトンボとは今回、感激の再会となりました。

更に岸沿いに歩むと、日のあたる丸い葉にとまっている別のオゼイトトンボ♂もいました。

先に進んだところで、沼の岸のヨシ類の葉の上にとまるヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata Linnaeus, 1758 ♂写真6;ただし、10時48分撮影の別♂)を見つけ、カメラに収めました(9時39分)。

ヨツボシトンボ♂ 
写真6 ヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata  ♂ (10時48分撮影)

ヨツボシトンボは過去記事「睡蓮をバックにヨツボシトンボは鎧を見せつける」で主役を務めています。

少し進んだところで、沼の抽水植物帯のミツガシワの葉先に水平にとまる、オゼイトトンボ♂を撮影しました。

更には、沼のヨシ類の茎にとまるアオイトトンボ Lestes sponsa (Hansemann, 1823) 未熟♂写真7)も見つけ、撮影しました(9時51分)。

アオイトトンボ、未熟♂ 
写真7 アオイトトンボ Lestes sponsa 未熟♂

アオイトトンボは過去記事アオイトトンボ♂」で一度だけ主役を務めています。

更に進むと、今度は岸の草の丸い葉の中央に水平にとまるエゾイトトンボ♂写真8)が見つけからいました。

エゾイトトンボ♂、サスマタ形黒紋個体 
写真8 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum ♂、サスマタ形黒紋個体

写真8を拡大してよく見ると、腹部第2節背面の黒紋は典型的なスペード形ではなく、サスマタ形、それも半円形ではなくロの字を半分に切ったような形のそれになっています。

●さすまたの実物の参考画像(外部リンク
※参考画像のリンク先頁のタイトル「大工nanoの建築三昧2:『さすまた』

少し移動すると、今度は低い草の葉の先に水平にとまる腹部第2節背面の黒紋は典型的なスペード形エゾイトトンボ♂が見つかりました。

エゾイトトンボ♂、スペード形黒紋個体 
写真9 エゾイトトンボ Coenagrion lanceolatum ♂、スペード形黒紋個体

その後も少し離れたところで、スゲ類の葉にとまるサスマタ型のエゾイトトンボ ♂(別個体)を再び撮影しています。

エゾイトトンボと私との関係は、オゼイトトンボのところに書いたように、北海道在住時は長い付き合いでしたが(過去記事:「エゾイトトンボ♂:青空カフェでしばしの休息」も参照)、埼玉県に転居してからは疎遠となっていましたので、オゼイトトンボほどではありませんが、今回の出会いは旧交を温める機会となりました。

札幌市郊外の山中の沼でも、多数派のスペード形黒紋の♂個体に交じって、さすまた形黒紋の♂個体も少数ながら観察・採集した経験があります。

この後、ミズゴケ湿原部分や沼に流入する小さな細流沿いの湿性草原でそれぞれを特徴づけるトンボを観察することになりますが、それについては次回記事で詳しく取り上げます。

また、その後の記事では、同日午後に森林とミツガシワ帯が接する岸沿いで観察・撮影された私にとって憧れのトンボとの出会いをレポートする予定です。

以下は、ミズゴケ湿原部分や沼に流入する小さな細流沿いの湿性草原を見た後、もとの森林斜面とミツガシワ帯の沼面が接する岸上の小径を戻る際に見られたトンボについてのメモです。

そのミズゴケ湿原を折り返す際に、そこのスゲの葉にオゼイトトンボ♂がとまっていました(写真2)(10時37分)。

また、イグサのような草にぶらさがる、アキアカネ未熟♂も観察・撮影しました。

もう少し戻ったところのの、枯れた草の茎の先には、ヨツボシトンボ♂がとまっていました(写真6、下に再掲)。

ヨツボシトンボ♂ 
写真6の再掲 ヨツボシトンボ Libellula quadrimaculata  ♂

森林斜面が迫る戻り道では、ミツガシワ帯のヨシ類の葉にぶらさがるようにとまるモノサシトンボ♂の羽化直後個体を見つけました(写真13)。

モノサシトンボ、未熟♂ 
写真13 モノサシトンボ Pseudocopera annulata ♂の羽化直後個体

モノサシトンボは準主役級で過去記事に登場しています(「トンボ王国訪問記(1):多彩なトンボ達に迎えられ」)。

かれこれしている間に、朝のスタート地点に戻りました。
早目の昼食休憩をとったあと、午後の観察がスタートすることになります。

午前中のミズゴケ湿原一帯のトンボ、午後見られたトンボについては、次回以降の記事でご紹介します。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:個体群・群集 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-24 (Thu)
今春、釧路市立博物館から、釧路市立博物館解説シリーズ『釧路の昆虫』(土屋慶丞 著)が発行されました(写真1)。

著者の土屋さんから依頼され、私が監修を引き受けたものですが、内容・構成は著者の提案を最大限尊重し、私は出来上がった原稿に目を通し、コメントする役割に徹しました。

釧路市立博物館解説シリーズ『釧路の昆虫』
  土屋慶丞 著
  釧路市立博物館発行
  A5版、29頁、フルカラー
  2017年3月
  釧路市立博物館等で販売

「釧路の昆虫」 
写真1 博物館解説シリーズ『釧路の昆虫』(写真はクリックで拡大)

長年、釧路・根室地域の昆虫相の解明に半生を捧げられた飯島一雄さん(過去記事:「トンボ研究者としての飯島一雄氏」参照)の業績、飯島さんに育てられた釧路昆虫同好会の面々がチームワークを駆使して蓄積した道東の昆虫についての知見をベースに、土屋さんが、博物館学芸員としての見識を縦横に駆使して、トンボ類、蝶・蛾類、甲虫類を中心に、釧路地域の昆虫の特徴を端的にまとめています(写真2)。

「釧路の昆虫」、本文(トンボ類)のレイアウト
写真2 博物館解説シリーズ『釧路の昆虫』の本文レイアウト

そのほか、鳴く虫やミズグモ、土壌動物といった、ちょっと目立たない虫たちについても紹介されているのも、特色といえるでしょう。

標本写真は同博物館の加藤春雄さん、生態写真は標茶町在住の飯島猛美さんが、それぞれ全面的に担当されたことで、ビジュアル面でも楽しめるものとなっています。



同博物館では、現在、下記の企画展を開催中で、この小冊子と企画展の両方に接することで、釧路地域の昆虫をより深い奥行きで知ることができるでしょう。

「釧路湿原国立公園指定30周年記念企画展『釧路の昆虫大集合!~飯島一雄コレクション展2017~』(7/1-8/27)」

※企画展の説明(釧路市立博物館による):
標茶町の昆虫研究家、飯島一雄氏(1928~2016)が釧路市立博物館と標茶町郷土館に寄贈された、昆虫標本コレクションをはじめとする研究資料を一堂に集めて展示します。

※企画展ウェブサイトはこちら(外部リンク)


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:図書・文献 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-23 (Wed)
この夏、朝倉書店より、『図説日本の湿地 ―人と自然と多様な水辺―』(日本湿地学会監修)が刊行されましたので、分担執筆者の一人として、その概要をご紹介します(写真1)。

 『図説日本の湿地 ―人と自然と多様な水辺―
  朝倉書店 刊
  B5/228ページ/2017年06月25日
  ISBN978-4-254-18052-7 C3040
  定価5,400円(本体5,000円+税)
  日本湿地学会 監修

「日本の湿地」 
写真1 『図説日本の湿地 ―人と自然と多様な水辺―』(写真はクリックで拡大)

各分野57名の専門家が分担執筆し、湿地に関わる自然・生活・文化・歴史・法制度・NPO・社会教育などあらゆる領域について要領よく解説されています(表1)。
 <編集委員・執筆者一覧はこちら(外部リンク)>

私も編集委員会から執筆を依頼され、第2章「湿地を彩る個性派たち」―第1節「 動物たち―第9項「トンボ類 」を担当しました。

見開き2頁の分量ですが、日本のトンボが生息するほとんどすべての湿地のタイプとそこに生息する代表的な種を紹介し、最後のところでトンボ生息地の現状について警鐘を鳴らしています(写真2)。

「日本の湿地」、本文(トンボ類)のレイアウト
写真2 『図説日本の湿地 ―人と自然と多様な水辺―』所収の「日本のトンボ」のレイアウト

「トンボ類」の項に掲載したトンボの写真の一部は、トンボ関連の人気ブログである、「神戸のトンボ」、「北海道ハイテクトンボブログ」、「旭川トンボ紀行」の著作者の方々に、ご協力いただいたことで、日本のトンボの多様性の一端が伺えるものとなりました。



表1 『図説日本の湿地 ―人と自然と多様な水辺―』 目 次 (抜粋)
    <詳細目次はこちら(外部リンク)>
 本書で掲載している湿地位置図 
 序 論  
Ⅰ.湿地の恵みを受ける
 1. 暮らしの必需品などを確保する 
 2. 暮らしを豊かにする 
 3. 暮らしを意味づける
Ⅱ.湿地を彩る個性派たち
 1. 動物たち
  (9) トンボ類 (生方秀紀) 
 2. 植物たち
Ⅲ.湿地の姿と仕組み
 1. 様々な姿を見せる湿地
 2. 湿地の仕組みと機能 
Ⅳ.湿地を活かす仕組みと人々
 1. 変わりゆく湿地
 2.湿地を守る仕組み・制度
 3. 湿地で活動する人々
用語解説/引用文献/参考図書/参考ウェブサイト/索引 

 ※朝倉書店の本書の紹介頁はこちら(外部リンク)。



執筆者の中には、以下のように私の知人の執筆した項も多くふくまれています。

「水の神事─湿地にかかわる祈り─ ;<他>」(笹川孝一さん) 
「産育習俗」(朝岡幸彦さん) 
「止水域の水生昆虫」(堀 繁久さん) 
「河川の水生昆虫」(酒井健司) 
「渡り鳥:ガンカモ類,シギ・チドリ類;<他>」(牛山克巳さん) 
「湿原を彩る花」(冨士田裕子さん) 
「藻場の減少と海岸の変貌;<他>」(向井 宏さん)  
「ラムサール条約の課題;<他>」(小林聡史さん) 
「ESD:持続可能な社会づくりのための教育」(阿部 治さん)

本書を読むことで、トンボの生息地を含む、様々な湿地をあらゆる角度から眺め、解きほぐすことで、湿地の大切さ、保全の方向性を知るためのヒントが得られるのではないでしょうか。

なお、本書の著者割引購入の案内等については、info.idnh★gmail.com(★をアットマークに置き換え)または朝倉書店に直接お問い合わせください。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:図書・文献 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-22 (Tue)
「自然史研究所」のブログに、ハンドルネーム「どう思われますか 」さんから、大変ユニークなコメントが届きました。
コメントへの内部リンクはこちら

コメント欄でのやりとりで終わらせるのはもったいないので、「どう思われますか 」さんへのコメントへのブログ筆者(生方秀紀)からの回答をブログ記事としてアップすることにしました。

今後、この記事への「どう思われますか 」さんからの反論あるいは追加説明などが届きましたら、そのコメントと私の回答はこの記事にリンクしたコメント欄に戻る形で継続することとします。

   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★   ☆   ★ 
   
「どう思われますか 」さん:> どう思われますか

「どう思われますか 」さん:> こんにちは。カテ違いで初歩的なコメントで申し訳ありませんが、(④を導く根拠に①②を用い、③は④を補強)、どのように思われますか。

「どう思われますか 」さん:> ① 『遺伝子DNAは誰が作ったのか

「どう思われますか 」さん:> 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、1mとか2mとかの長さがあり、4種の塩基配列は複雑精巧で、自己修復機能まで有します。

「どう思われますか 」さん:> こんなものが自然や偶然に出来るわけが有りません。作ったのは「遠い未来の人間」です。


生方:→ 現生生物のDNAのように完全なものが偶然に一度で作られたはずはありません。長い進化の過程で、気の遠くなるような回数で無方向に突然変異したそれぞれのDNAが自然選択(自然淘汰)による篩にかけられることを数えきれないほど繰り返し、生き残った勝ち組が現存していると考えるのが現代の進化学の見方です。

生方:→ 「遠い未来の人間」も何らかのDNAをもとに出来上がっているはずですが、このDNAは誰がつくったのでしょうか?

生方:→ もし「遠い未来の人間」がDNAを作ったとして、そのDNAがどのように現在や過去に送り込まれたのか?そのほうがよほど不思議である。


「どう思われますか 」さん:> ② 『物質(原子)は誰が作ったのか』

「どう思われますか 」さん:> 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しないし、規則性とか法則性に支配されています。

「どう思われますか 」さん:> 中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)もα線とかβ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しています。

「どう思われますか 」さん:>こんな複雑な物が自然や偶然で出来るわけが有りません。原子を作ったのは「遠い未来の人間」です。

「どう思われますか 」さん:> (uクォークとかdクォークとか中性子のβ崩壊で発生する陽子や電子ニュートリノなどの難しい話ではなく、単に『こんなもの(原子)が自然や偶然に出来上がるものか』ということを、お尋ねしております。


生方:→ 「遠い未来の人間」も原子から作られていなければなりませんが、その原子は誰が創ったのでしょうか?

生方:→もし「遠い未来の人間」が原子を創ったとして、その原子がどのように現在や過去に送り込まれたのでしょうか? この大量のタイムトランスポーテ―ションのほうがよほど不可思議です。


「どう思われますか 」さん:>  宇宙の始まりが無機であったとしても、進化の途上で有機(生命とか生活機能)が生まれ、さらに彼らが多様な進化を遂げたうえで、人間や様々なものが作り出された可能性は否定されるものでしょうか。


生方:→ 無機物から有機物が、有機物の中にDNAが、そのDNAの乗り物たる生物の多様な進化の一つの枝の中で人類が、それぞれ進化したというのは、否定されるものどころか、唯一残された可能性です。ところで、「人間や様々なものが作り出された」の文脈で、作り出すの主語は何ですか?私は「自然選択」を主語と想定して回答しています。

「どう思われますか 」さん:> (胎児の成長過程で一時的に見られる「尾っぽ」とか「指の水かき」は進化の記憶でしょうか。)


生方:→ 進化は現象であって、記憶能力を持つ生き物あるいは人工物と考えるには無理があります。

生方:→ 「胎児の成長過程で一時的に見られる『尾っぽ』」はヒトのDNAの中に残った過去の遺物であるといえる。


「どう思われますか 」さん:>  『私たちは人工的に作られた肉体を使って、人工的に作られた「場」で生活をしていますが、実は、今の世界は実在しない虚構であり、実在する本当の自分は「DNAや原子を合成する科学を持った遠い未来」(真実の世界)にいます。』という発想は、(無限回の問答は抜きにして)、成り立つでしょうか。

「どう思われますか 」さん:> (平行宇宙だとか重畳宇宙だとか「メビウスの輪」だとかの難しい解釈ではなく、もっとシンプルで単純な答えが見つからないものでしょうか)。


生方:→ 私の批判が正しければ、①~③の前提が崩れていますので、④は現実世界を説明する命題としては成立しないと言わざるをえません。

生方:→ 進化学を含む科学で生命や進化の神秘が解明される以前には、絶対的存在である神を創造主とあがめる宗教が自然観を支配することが多かったと考えます。

生方:→ 今回の「どう思われますか 」さんの新説は、その「神」を「未来の人間」に(無意識に)置き換えたものとみることができます。

生方:→絶対的神による天地創造説には、「その神をつくるDNAはどこから来たのか」という批判を回避できており、その点、矛盾は「どう思われますか 」さんの新説よりも圧倒的に少ないといえます。とはいえ、その絶対的神はどこから生まれ、どこから来たのかという突っ込みを受ける余地はあり、科学とは相容れません。

「どう思われますか 」さんのコメントへの私の回答は以上です。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 進化学一般 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-21 (Mon)
夏目英隆さんに同行しての、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの最終調査地、丘陵地を刻む河川の中流部で観察したトンボのうち、カワトンボ属(現、元)3種オナガサナエは前回までの2つの記事で紹介しました。

その同じ場所で、コヤマトンボ Macromia amphigena Selys, 1871 のを観察・撮影することができました(写真1、3)。

コヤマトンボ、♂ 
写真1 コヤマトンボ Macromia amphigena ♂ (写真はクリックで拡大します)

観察者である私は、胴付長靴(ウェーダー)を着用し、川の中央部に仁王立ちし、通りかかるヤマトンボ科 Macromiidae の成虫が眼の前を通りすぎるたびにシャッターを数回押して、なんとか画面にそのトンボの姿を収めようと試みました。

しかし、午後3時半をまたぐ7分間に、約180回シャッターを切ったのですが、どれもこれもブレたり、ピンボケだったりと、空振りの山を築く結果となりました。

上の写真1は、それらピンボケ写真の中で、証拠写真としてなら使えそうということで残った最後の1枚です。

トリミングしていますが、これ以上のトリミングをして拡大表示するとお目汚しになる、ギリギリのものです。

それでもなんとか、画面で拡大することで、腹部第3節の黄色斑紋の特徴で同属他種と区別できました。

下の写真2も、上記の180コマのうちの1コマですが、同様に水面上の低いところをヤマトンボ科の1種の成虫♂がパトロールしていることを説明するのに使えるアングルで撮れています(トリミング後)。

コヤマトンボ属、♂
写真2 コヤマトンボ属の1種 Macromia sp. 

ただし、写真2の個体がコヤマトンボと言い切るに足る特徴が判然としませんので、安全のため、キャプションはコヤマトンボ属の1種 Macromia sp.の♂としておきました。

下の写真3は、この川でトンボの生態の調査研究を続けておられる夏目さんが、これらパトロール中のコヤマトンボ♂をネットインされたものを、私が撮影させてもらったものです。

コヤマトンボ♂、記録用写真 
写真3 コヤマトンボ Macromia amphigena ♂、記録用写真

手持ちされた状態で撮影された写真3は、前後翅の翅脈はもちろん、頭部や胸部の体毛まで識別可能な写りになっていますので、以下のようなコヤマトンボの特徴(参考:尾園ほか、2012)を確認することが可能です。

・尾部上付属器の先端が外側に弱く湾曲する(オオヤマトンボEpophthalmia elegans [Brauer, 1865]では先端が内向きになる)。
・腹部第3節の黄色斑紋は黒斑によって斜めに切断されることはない(キイロヤマトンボMacromia daimoji Okumura, 1949との区別点)。
・腹部第10節背面が背方(上方)に突出しない(オオヤマトンボでは突出する)。<ただし今回の写真ではこの区別は若干不明瞭>

以上のように、今回の観察では種まで判別できたヤマトンボ科の種は、コヤマトンボのみでしたが、繰りかえし観察者の足元付近を通過してパトロールしていた個体の中に、別種のキイロヤマトンボが含まれていなかったとは言い切れません。

いないことの証明は難しいですが、いたことの証明のためには撮影技術を格段に向上させるか、一時的にネットインして手持ち撮影した後リリースするかが必要となります。

なぜリリースかといえば、希少種の場合は、よほどの研究目的がない限り、標本にして持ち帰ることは差し控えるべきという考えを私はもっているからです。

後者は若干安易な感じがしますので、ふだんから少しずつ撮影技術を向上させるように努力したいところです。

さて、ヤマトンボ科♂のパトロール中の姿を収めるために、写真1、2を含む180コマの撮影をしたポイントをおさめた景観写真を、下の、写真4に掲げます。

コヤマトンボが観察された河川中流部 
写真4 コヤマトンボが観察された河川中流部

写真4から、浅い砂礫底が拡がったこの清冽な河川中流部は、コヤマトンボ属を含む各種河川性トンボの楽園となっていることが伺われます。

さて、このトンボ・トリップのシリーズ報告最終回の記事でしんがりに控えているのは、この河川中流部で観察されたトンボ科3種です(写真5~7)。

ノシメトンボ♂ 
写真5 ノシメトンボ Sympetrum infuscatum (Selys, 1883) ♀ (再掲)

上の真5ノシメトンボ Sympetrum infuscatum は、今回のシリーズ記事のうちの「ノシメトンボ:ハンディキャップもなんのその」で、準主役級の役どころですでに登場済みです。

ノシメトンボは、脇役としてですが、過去記事「トンボ王国訪問記(2):ヒメサナエと小さな虫たち」にも登場しています。

シオカラトンボ♂
写真6 シオカラトンボ Orthetrum albistylum (Selys, 1848) ♂

上の写真6シオカラトンボ Orthetrum albistylum は、川岸の砂地の上に倒れた枯れた竹の茎にとまっているところですが、白粉がほとんど吹いておらず、まだほとんど成熟が進んでいないことがわかります。

シオカラトンボはどこにでもいる普通種ですので、当ブログではわき役になりがちですが、それでも以下の記事ではしっかり主役も務めています。

ウスバキトンボ♀ 
写真7 ウスバキトンボ Pantala flavescens (Fabricius, 1798) ♀

上の写真7ウスバキトンボ Pantala flavescens は、川岸の背の高い草の葉柄の付け根にぶら下がるようにとまっているところです。

ウスバキトンボは今回のトンボ・トリップで溜め池群でも観察・撮影され、過去記事「トンボらの生命はぐくむ稲の里:アキアカネ、etc.」に登場済みです。


謝辞:
今回のトンボ・トリップの一連の記事を終えるにあたり、現地へのご案内、観察されたトンボについての知見のご教示を下さった夏目さんに、この場を借りて感謝いたします。


引用文献: 
尾園暁、川島逸郎・二橋亮(2012) 『日本のトンボ』 文一総合出版。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:系統と分類 | COM(0) | | TB(-) |
2017-08-20 (Sun)
夏目英隆さんに同行しての、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの最終調査地、丘陵地を刻む河川の中流部で、日本産アオハダトンボ属(現、元)全3種の豪華な揃い踏みが見られはことは2件前の記事に書いた通りです。

その同じ場所で、オナガサナエ Melligomphus viridicostus (Oguma, 1926) が活動している姿を初めて観察し、撮影することができました(写真1~5)。

その最初の出会いは、川をまたぐ橋の下のコンクリート面に、腹先が棍棒状に左右に拡がったサナエトンボの♂が川面方向を向いてとまっているのを発見したところから始まります(写真1)。

オナガサナエ♂、コンクリート面に静止 
写真1 川岸のコンクリート面にとまる、オナガサナエ Melligomphus viridicostus、♂ (写真はクリックで拡大します)

私:「サナエトンボがいますね。」
夏目さん:「オナガサナエですね。」
私:「は~。これがオナガサナエですか。格好いいですね。」

写真1は、逆光気味で、写りはほとんど証拠写真レベルです。

下の写真2は別個体ですが、もう少し明るく写っていて、オナガサナエ♂がどんな形や色彩パターンを有しているかを見るには好都合です。

オナガサナエ♂、枯れ枝に静止
写真2 岸の枯れ枝にとまるオナガサナエ M. viridicostus、♂

帰宅してからパソコンで撮影画像を拡大してみると、「オナガ」サナエだけあって、確かに立派な「尾」(この場合、尾部付属器)を持っています。

尾部上付属器も長大ですが、尾部下付属器はもっと長大です。

この尾部付属器で頭部をグリップされたら、♀も、相手が自分のタイプでなくても、あきらめざるを得ないでしょう。

冗談はともかく、いずれの♂も後脚を伸ばし気味にして、ほぼ真っ直ぐに伸ばした後半身をリフトしています。

写真1の♂は、腹基部を少し反らし気味にして腹部を一層高く挙げ、腹端部を水平気味になるように腹側(下側)に少し曲げています。

この挙上は、腹の先端が指し示す方向が太陽の方向とは全く一致しませんので、体温調節のためのオベリスク姿勢(過去記事参照)とは別の機能を持つはずです。

本種♂は、川面に なわばり を持つといわれていますので(尾園ほか、2012)、この挙上は接近してくる♂に対して、先着の占有者が存在していることをアピールしているのかもしれません。

今後の観察で、接近♂の態度にこの挙上がどう影響するか、確認してみたいところです。

下の写真3は枯れ枝にとまっている♂を正面から写したものです。

オナガサナエ♂、枯れ枝に静止(2)
写真3 岸の枯れ枝にとまるオナガサナエ M. viridicostus、♂ (2)

腹端部が棍棒状に拡張している様子、そしてそれを目立たせるかのように、後半身を挙上している様子がよくわかります。

サナエトンボ科 Gomphidae の英語名(和名に相当する通称名)に、clubtail dragonflies が使われているのも、この特徴から来ています。

今回、オナガサナエ♂が川面の上空数十センチメートルの高さをホバリングを繰り返ししながらパトロールしている様子も撮影できました(写真4,5

オナガサナエ♂、水面上ホバリング、横から
写真4 水面上をパトロールする、オナガサナエ M. viridicostus、♂
オナガサナエ♂、水面上ホバリング、正面から
写真5 水面上をパトロールする、オナガサナエ M. viridicostus、♂

いずれもピント・露出とも不足していて証拠写真レベルですが、それでも本種♂が水面上をパトロールする際に、それこそ棍棒を誇示するかのように後半身、とりわけ腹部を挙上した姿勢でホバリングすることを確認するには十分の情報量を写し込んでいます。

もしかすると、♂同士がなわばり争いをする際には、単に相手を物理的に追い払おうとするのではなく、棍棒の先端を誇示して威嚇しあうのかもしれません。

このことも、機会があったら、直接観察してみたいところです。

もちろん、交尾や♀の産卵行動の観察も将来の課題として残りました。

さて、次回記事では、今回のトンボ・トリップで観察されたヤマトンボ科の種が登場する予定です。


引用文献: 
尾園暁、川島逸郎・二橋亮(2012) 『日本のトンボ』 文一総合出版。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:生態と行動 | COM(3) | | TB(-) |
2017-08-18 (Fri)
夏目英隆さんに同行しての、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの最終調査地、丘陵地を刻む河川の中流部では、日本産アオハダトンボ属(現、元)全3種の豪華な揃い踏みが見られました(前回記事参照)。

それらのうち、ハグロトンボ Atrocalopteryx atrata (Selys, 1853)の♂、♀が水辺で静止中に盛んに翅の打ち合わせをしている様子を、写真に収めることができました(写真1~4)。

下の写真1は単独♂が翅を開きつつあるところ、写真2は、翅を閉じたところです。

IMG_7030アオハダ♂-crop-s-credit
写真1 ハグロトンボ Atrocalopteryx atrata の単独♂が翅を開きつつあるところ (写真はクリックで拡大します)

IMG_7029-crop-s-credit.jpg
写真2 そのハグロトンボ A. atrata の♂が翅を閉じたところ

翅を開くときは、比較的ゆっくり開き、閉じる時はパタッと瞬時に閉じます。

下の写真3,4は、川面に倒れかかった枯れ竹の茎に2♂、1♀がほぼ同じ向きにとまり、それぞれが翅の打ち合わせを繰り返しているところです。

IMG_7209-crop2-s-credit.jpg
写真3 ハグロトンボ A. atrata の2♂1♀がそれぞれ翅打ち合わせをしているところ(1)

IMG_7213-crop2-s-credit.jpg
写真4 ハグロトンボ A. atrata の2♂1♀がそれぞれ翅打ち合わせをしているところ(2)

写真3では中央の♂が、写真4では手前の♀が、それぞれ翅を開いている途中が写っています。

翅打ち合わせのリズムは比較的類似していましたが、同期しているわけではなく、それぞれが独自のタイミングでこの動作を繰り返している様子でした。

もう一つ気になるのは、同種個体が並んでいま様子が、それぞれ勝手な方向を向いている感があります。
少なくとも、ライバルあるいは交尾の対象と考えるなら、相手を視野の中央に入れる方向を向いてもよさそうなものなのに、そうしていません。

ということは、かれらは婚活中、あるいは縄張り争い中ではなく、休憩中もしくは餌待ち中であると考えたほうがよさそうです。

それはともかく、カワトンボ科の成虫が静止中に示す、この翅打ち合わせ(wing clapping)の機能は何なのでしょうか?

コーベット著(1999;日本語版、2007)『トンボ博物学をひもといてみました。

「翅打ち合わせ」の機能:
 <コーベット『トンボ博物学』279-280頁から抜粋>

「活動時間中にとまっているとき、均翅亜目の4つの科に属する何種かの成虫は、翅打ち合わせとして知られる特徴的な行動で翅を突然閉じたり開いたりする。」

「Bickら (1978) の仮の結論としては、翅打ち合わせはコミュニケーションの1つの形態であり<中略>、カワトンボ科においては雌雄間の信号であるとしている。カワトンボ科では雌雄の翅打ち合わせが同調しているのでコミュニケーションしているように見える。」

「アメリカアオハダトンボ<Calopteryx maculata (Palisot de Beauvois, 1805)>の場合、翅打ち合わせは色々な状況下で起こるので、コミュニケーション機能をもっているかも知れないが<中略>、近くに同種他個体がいてもいなくても外因性と内因性の加熱に対する反応としてこの行動が起こり、野外では飛翔直後に集中して生じる<中略>(Erickson & Reid 1989)。」

「フランス南部に生息するオアカカワトンボ<Calopteryx xanthostoma (Charpentier, 1825)>では、翅打ち合わせが日中の最も暑い時間に見られ(Rüppell 1992)、Cora属の数種(アメリカミナミカワトンボ科<Polythoridae>)では誘導されてではなく、ふつう飛翔後に翅打ち合わせを行なうようなので、これも同様に体温を下げる効果があるらしい。」

「アオハダトンボ属<Calopteryx>の4種でこの行動を解析したPeter Miller (1994d) は、この行動は呼吸と体温調節の2つの機能をもっており、後者は外部的にも内部的にも空気を循環させて行うと結論づけた。また、カワトンボ科の種は比較的大型の割に効率的な腹部の換気ポンプをもっていないので、このような行動が必要になるのだろうとも述べている。」

「翅打ち合わせによる物理的な影響を考慮して、M. L. May (1994) は翅打ち合わせは量的には重要な冷却効果はもたらさないだろうと考えている。というのは、翅打ち合わせはゆっくりで、しかも気管の中へ実際に入っていく空気の体積はわずかなので、空気の熱容量は非常に小さく、取るに足りない効果しかないからである。Mayは、翅打ち合わせ行動の機能は、高い周囲の気温の下で増大する酸素要求に直面した状況における換気が主要なものであるという見解を採用している。」

以上の、コーベット博士によるまとめから読み取れることは、直感的には個体間のコミュニケーション(たとえば、自己の存在を主張、あるいは他個体の接近の忌避、求愛、など)が考えられやすいが、物理学や生理学の視点を持つならば、体温調節(冷却)や酸素供給量の向上という機能が浮上するということです。

カワトンボ科の翅打ち合わせによって、どの機能が実際に有効に作用しているかは、専門研究者による体内温度センサーや局所酸素濃度センサーなども駆使した精密な実験が必要になるでしょう。

しかし、私たちのようにそのような設備や研究費を持ち合わせない者でも、同じ問題意識を共有し、観察時の環境条件や個体の行動履歴、個体間の関係性などに注意を払い、それらを最大限精密かつ客観的に記録することで、何か見えてくるものがあるのではないでしょうか。

少なくとも、それを期待することで、観察へのモチベーションは高まるはずです。

引用文献:
コーベット, P.S. (1999著)、椿・生方・上田・東、監訳(2007)『トンボ博物学―行動と生態の多様性ー』。海游舎。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。