07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015-03-30 (Mon)
多忙にかまけてブログを放置していたところ、おっと、広告がトップに載ってしまったではありませんか(^^;)。

ということで今回は、禁を破って、トンボ以外のネタで場をつなぐことにします。

3月下旬も後半、20℃を超える好天が朝から続く日、一眼レフとコンパクトの各デジカメをぶらさげて秋ヶ瀬公園へ。
森の木々は芽吹き、中には枝越しに華やかに咲き乱れているものもあります。

そっと近づくとコブシの仲間。なかなかよい写真がとれませんでしたが、藪をこいで近づき、斜めに見上げながら写したのがこの一枚(トリミングしています)。



自宅でネット検索で調べた結果、ハクモクレンとわかりました。

森の中の散策路を進むと、ちょっと大き目の池を取り囲むように20人ほどが一点を焦がすかのように大型望遠レンズを向けていました。
池の上空ではヒヨドリサイズの1羽の鳥が枝から枝へと飛び回り、さながら独演会。
長焦点で撮影した画像を家で拡大したら、それはヒレンジャクでした。

その池の道路向かいの小さな池のほとり(林床になっています)には、北海道から移住した私にはみなれない草花が。
咲いている環境、時期と葉の形は北海道でよくこの時期に見たキバナノアマナに似ているので、頭の中に浮かびましたが、花びら(正確には花被片)の色や開きぐあいがぜんぜん違います。

そっと近づき、コンパクトデジカメでパチリ、パチリ。下は、その1枚目です。



これも帰宅して調べたらアマナAmana edulisだとわかりました。
キバナノアマナGagea lutea とは別属だということで、ちょっと納得。

このほか、ユキヤナギ、レンギョウなども咲いていましたが植栽されたこれらは北海道でもおなじみのもの。

3月中旬にここに来たときには、オオイヌノフグリが可愛らしく咲いていました。
それは私のフェイスブックの記事にしました。

この記事を書いている今日、3月30日、ニュースでは東京でのソメイヨシノの満開を告げています。
締め切り間際の原稿執筆や4月からの仕事の準備で、今年の花見はお預け状態です。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| 植物一般 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する