09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-03-09 (Wed)
当ブログでご案内した、3月5日の私の特別講演が滞りなく終了しました。

この講演は、埼玉昆虫談話会平成27年度総会、研究・情報交換会の行事の一つとして行われたものですが、『広報おごせ』を通して町民の皆様にも広く案内されました。

当日は梅まつりの最中とあって、会場に至る道路は車が渋滞するほどでしたが、トンボの話の人気は今ひとつだったようで、談話会メンバーが大部分を占める約30人を前にしての講演とあいなりました。

越生、生方講演、江村氏撮影
写真:おごせ昆虫と自然の館で講演する筆者(生方秀紀)。撮影:江村薫氏(埼玉昆虫談話会会長)

「トンボの適応と進化 ~3億年の環境変化を超えて~」と、大きいタイトルをつけましたので、ご紹介した話の内容はコーベット博士の『トンボ博物学』(椿・生方・上田・東、監訳、海游舎刊):
http://dranathis.blog.fc2.com/blog-entry-81.html
からの借り物となりましたが、会場にお集まりいただいた皆さんには短い時間に詰め込んだ壮大なストーリーをそれなりにお楽しみいただけたのではと思っています。

トンボの系統分類については、昨今の分子系統解析の手法の発展、データの蓄積とグローバルな研究者の協力ネットワークの拡大により、格段の進展を遂げており、上記写真はその一端をご紹介しているところです。

講演では、それに引き続いて、古生代から現代にいたる地球の環境変動や古生物・古生態などについても最近の知見をご紹介し、それらの環境変動にトンボ類は形態・生理・生態・行動などの面でどのように進化的に対応してきたかについてお話しました。

講演内容が多かったため、質問タイムは短くなってしまったのですが、小学生の男の子からムカシトンボについての質問がでたこともあり、和やかな雰囲気の中で講演を終えることができました。

お世話いただいた埼玉昆虫談話会の役員・幹事の皆様、会場を提供された越生昆虫と自然の館の関係者に感謝したいと思います。

なお、トンボの行動・生態・進化・保全などの話題を豊富な資料を図示しながらの講演は、全国どこへでも出前いたしますので、お気軽にご相談ください。

 →連絡メールアドレス:
    info.idnh★gmail.com (★をアットマークに置き換え)

参考:

広報おごせ3月号(越生町)の講演関連記事抜粋:
http://dranathis.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

埼玉昆虫談話会公式ホームページ:
http://saitama-konchu.jp/

おごせ昆虫と自然の館ホームページ:
http://homepage3.nifty.com/sundog/ogose/


ブログランキング(↓):両方ともクリックしてみてください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ自然史研究所 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する