03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-09-30 (Tue)
先日(9月26日)、さいたま市東部の樹林のある園地の池で撮影しました。

ギンヤンマ ♂ ←クリックで拡大します。

明るい開けた池の水面上を力強く飛び続け、ときどき、同種の♂(ときには別種♂)と追いかけ合いを繰り広げます。

今シーズン、ギンヤンマ♂の飛ぶ姿をねらって百回近くシャッターを押しましたが、なかなかうまく撮れませんでした。

今回、すぐ近くでホバリングをしてくれたので、激写したうちの1枚がなんとかブログにアップできるものとなりました。

日本の小学生の男の子に、トンボの中で一番好きな種類を聞いたら、一番人気になるのはこのギンヤンマではないでしょうか?

ヤンマ科だけあって大きいですし、体の前半分が黄緑色、後半分が黒褐色の肌に黄緑の斑点、そして腰(腹部2、3節)は鮮やかな水色、しかも第3節の下側(腹面側)が白銀色となっていて、大変おしゃれです。

その上、かなりのスピードで水面の割合高いところを、何ものをも恐れないような態度で飛び続けるのですから、その勇壮さに憧れてしまいます。

百円ショップで買ったような子供用の虫捕り網を振り回しても、三振の山を築くだけになるでしょう。

このようなところが、ギンヤンマを男の子達の憧れの的にしているのではないでしょうか?

さて、ギンヤンマの学名はAnax parthenopeとなっています。属名Anaxは古代ギリシャ語の「支配者」、種小名parthenopeはギリシャ神話でオデッセイを誘惑できずに海に身を投げた半人半獣の魔女の名から来ています。

種を記載したEdmond de Sélys Longchamps(19世紀のベルギーの昆虫学者)にとって、本種はよほど誘惑的な魅力を感じさせるものだったのでしょう。

属名は、ヨーロッパ産のコウテイギンヤンマAnax imperatorをタイプ種とする新属に、スコットランドの動物学者William Elford Leachが命名したものですが、種小名imperator(皇帝)ともども、このギンヤンマ属の勇壮さを反映しています。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する