09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016-06-23 (Thu)
今年の5月中旬に静岡県磐田市の鶴ケ池を訪れ、トンボの生息地としての現況の一端を見てきました。

少し前の記事「ベッコウトンボ、桶ケ谷沼に在り:保全活動に守られて(1)」では、同じ磐田市にある桶ケ谷沼とそこで見られたトンボを取り上げました。
今回記事の鶴ケ池と桶ケ谷沼とは馬の背状の丘一つで隔てられただけの位置にあり、形も大きさもよく似た、いわば姉妹沼の関係にあります。

鶴ケ池の南東角の岸辺には、大きな案内看板(下の写真)があり、大きく描かれたマップから池の水面の配置や観察路の様子を知ることができます。

鶴ケ池(1)
(写真は、クリックで拡大します)

観察路のうち、南西角の部分は水面を上から見おろすことができる小橋状になっていて、睡蓮などの浮葉植物の群落やそこにいる虫たちの姿を楽しむことができます(下の写真)。

鶴ケ池(2)

桶ケ谷沼のビジターセンターの展示資料には、鶴ケ池のこのあたりではベッコウトンボがよく観察できたことを示すマップがありましたので、今回、私も大いに期待したのですが、ベッコウトンボの姿はありませんでした。

観察路をさらに進むと森林地帯へ入っていきますが、ほとんどいつも右手には鶴が池が見えていて、いつベッコウトンボが視線をかすめるかという期待感を持たせ続けてくれます(下の写真)。

鶴ケ池(3)

(それに対して、桶ケ谷沼では、池を巡る一般利用者用の観察路は途中から林の中にはいり、沼そのもの、とくに開放水面を観察しやすい場所はかなり限られています。観察路にはフェンスやロープが設置され、許可なく立ち入ることは禁止されています。)

鶴ケ池の北東岸からはビッシリと茂ったイグサ類の群落がひろがっています(下の写真)。

鶴ケ池(4)

下の写真は、池をほぼ一周した、東岸の南端部付近からの水面です。

鶴ケ池(5)

結局、池を一周する間に、クロイトトンボ、クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボはカメラに収めることができましたが、ベッコウトンボは最後まで姿をあらわしませんでした。

下の写真は、もっとも個体数の多かったクロイトトンボParacercion calamorum (Ris, 1916)です。連結態がコウホネの葉の上で休んでいるところです。産卵のための場所移動の途中なのでしょう。

クロイトトンボ、鶴ケ池

ある筋からの情報では、今年も鶴ケ池でベッコウトンボは観察例があるとのことで、タイミングさえよければ桶ケ谷沼よりも好条件で生態写真が撮影できる環境であるといえそうです。

鶴ケ池には、興味深い伝説が語り継がれています。トンボとは直接関係のない内容ですが、近いうちに取り上げたいと思います。

ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する