05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016-10-10 (Mon)
An article on the life cycle of the Ground crickets singing in winter and its evolution has been published. I am among the co-authors of the article.

私も共同研究に参加した、北海道東部の噴気孔原に生息するマダラスズDianemobius nigrofasciatus (Matsumura) の生活史とその起源についての論文が、日本昆虫学会の会誌「Entomological Science」の最新号に掲載されました。

北海道阿寒町の噴気孔原とそこに棲むマダラスズ
A fumarolic field ('bokke ') where Dianemobius nigrofasciatus calls also in winter. (Click!)
冬も鳴くマダラスズの生息地の一つ、北海道阿寒町の噴気孔原(ボッケ)。(クリックで拡大)
成虫♂の標本写真は相馬昌之氏撮影、景観写真は生方秀紀撮影。


The summary and the bibliographic information of the article follow:

以下にその要約を書誌情報とともにご紹介します。


 
Ground crickets singing in volcanic warm “islets” in snowy winter: Their seasonal life cycles, photoperiodic responses and origin

雪の冬の火山性の温暖な「小島」で鳴くコオロギ―その季節的生活環、光周反応および起源
by 著者
Sinzo Masaki,Masayuki Soma,Hidenori Ubukata,Haruo Katakura,Rie Ichihashi,Zhuqing He,Nobuaki Ichijô,Norio Kobayashi, Makio Takeda 正木 進三、相馬 昌之、生方 秀紀、片倉 晴雄、市橋 里絵、何 祝清、一條 信明、小林 憲生、竹田 真木生



Abstract 要 約
    The ground cricket 
Dianemobius nigrofasciatus overwinters as an egg in Japan, being univoltine in Hokkaido and northern Honshu and bivoltine farther south.

マダラスズDianemobius nigrofasciatusは、北海道と本州北部では年一化、更に南では二化で、日本では卵越冬する。
     In Hokkaido, however, this cricket is heard singing in winter in several fumarolic fields covered with moss and grasses locally known as “bokke”.  しかし、北海道では、現地では「ボッケ」という名で知られている、コケや草本で覆われたいくつかの噴気孔原で、マダラスズが冬期に鳴いているのを聞く。
     In such warm “islets” the adult density was high in early summer and again in autumn, indicating that the cricket is bivoltine in contrast to the univoltine life cycle outside the bokke habitats in Hokkaido.  そのような暖かい「小島」で成虫の密度は、初夏と、そして再度秋に高かった。このことは、マダラスズが、北海道のボッケ以外の生息地で一化の生活環をもつのとは対照的に、二化性であることを示す。
     Eggs laid by females collected at regular intervals from a bokke habitat showed a clear seasonal cycle of diapause incidence.   一つのボッケ生息地から定期採集された雌が産んだ卵は、休眠率の明確な季節サイクルを示した。
     At 26°C, the bokke 
strains produced non-diapause eggs under long days and diapause eggs under short days as in the southern bivoltine populations, although the critical day-length was longer than in the south.
 
 26°Cにおいて、ボッケ由来集団は長日の下では非休眠卵を、短日の下では南の二化集団と同様に休眠卵を産んだ。ただし、臨界日長は南の集団に比べて長かった。
     Several strains derived from non-bokke habitats in Hokkaido and northern Honshu produced high percentages of diapause eggs under long days as well as short days as expected for the univoltine life cycle.  北海道と本州北部における非ボッケの生息地に由来するいくつかの集団は、一化の生活環から予想された通り、短日下はもとより、長日下でも、高比率で休眠卵を産んだ。


    Winter adults singing inbokke habitats could be either survivors of the autumn generation or individuals derived from eggs laid in autumn and then matured in response to the high soil temperature. ボッケの生息地で冬鳴いている成虫は秋の世代の生き残り、あるいは秋に産卵された卵に由来し、高い地温の影響で成熟した個体のいずれの可能性もある。
     In the laboratory, the proportion of egg diapause in short days was decreased by selection only for several generations.  実験室内では、短日の時期の卵休眠率は、わずか数世代の人為選択によって減少した。
     Phylogenetic trees of bokke and non-bokke populations, based on both the nucleotide sequence of the mitochondrialCOI gene and four allozyme loci, suggest that bokke
populations have not been isolated from non-bokke populations for an evolutionarily significant time.
ボッケ集団と非ボッケ集団の系統樹(ミトコンドリアCOI遺伝子のヌクレオチド配列および4つのアロザイム遺伝子座のそれぞれに基づいて作成された)は、ボッケ集団は進化的に意味のある期間にわたって、非ボッケ集団から隔離されていなかったことを示唆する。

Published in:

掲載誌
Entomological Science, Vol. 19, Issue 4,
October 2016, Pages 416–431.
エントモロジカル・サイエンス、
19巻4号、2016年、416-431頁  
DOI: 10.1111/ens.12199DOI: 10.1111/ens.12199

以上。
※論文タイトルおよび要旨の日本語表記は私による仮訳です。

A PDF of this article will be sent upon request to those researchers who want to read.
E-mail to: info.idnh [at] gmail.com

★この論文を引用または参考のために通読したい研究者(プロ、アマ、院生、学生を含む)の方には私宛にメール(氏名、所属、希望内容明記)を頂ければpdf形式の別刷を添付にてお送りいたします。
メール宛先:info.idnh★gmail.com (★をアットマークに置き換え)



☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



| 昆虫:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する