09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-01-07 (Sat)
正月7日、最高気温10度超え予想の好天無風に誘われて、久しぶりにカメラをぶら下げて外出しました(※追記あり)

といっても、歩いて10分程度の、近くの公園です。
そうそう、マダラスズ君のいた公園。

10度超えといっても、1月です。
やはり、公園内外の日の当たる植え込みや立ち木の枝葉をしげしげと見ても、虫たちの姿はありません。セミの抜け殻がしぶとく残っているのは見つけましたが。

しかし、とうとういました。
少し流れのある小さな池の水面にアメンボが1匹。

そばを歩きすぎる人の視線もものかは、マニュアルフォーカスリングをあれこれ動かしながら、シャッターを連写しました。
丁度100枚くらい写した中から選んだ1枚がこれです(下の写真)。

ナミアメンボ170107 
写真:ナミアメンボ(アメンボ)Aquarius paludum (Motsclsky, 1866)(クリックで拡大します)

アメンボはまったくの専門外ですので、書斎から宮本正一氏(1961)の『日本昆虫分類図説 第1集第3部 半翅目・アメンボ科』を引っ張り出し、不足のところはネット検索などもしながら、これがナミアメンボ(アメンボ)Aquarius paludum (Motsclsky, 1866)であることを確認しました。

観察したときの様子は次回記事に譲るとして、以下に、ナミアメンボと同定した際に利用した検索表(抜粋)を添えておきます。


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

アメンボ科アメンボ亜科検索表(抜粋) 
 ~撮影した個体をナミアメンボと同定する際に参照した部分を、宮本(1961)から抜粋(一部表現を変更・追加)~

1a。体の背面の光沢が強い。  →  セスジアメンボ属Limnogonus参考画像a[外部リンク])> セスジアメンボLimnogonus fossarum (Fabricius,1775)ほか

1b。体の背面の光沢が強くない(参考画像b[外部リンク])。 → 


2a。腹部末端(第7腹板側板の後側角部)が棘状でない(参考画像c[外部リンク])。触角第1節が第2+3節より短い(参考画像d[157頁左下図][外部リンク]。) → ヒメアメンボ属Gerris  ヒメアメンボGerris lacustris (Miyamoto, 1958)ほか

2b。腹部末端(第7腹板側板の後側角部)が棘状(参考画像c[外部リンク])。触角第1節が第2+3節以上(参考画像d[157頁左下図][外部リンク]) → アメンボ属Aquarius → 


3a。大型19-26mmで脚が特に長い。中脚、後脚は非常に細長い(参考画像e[外部リンク])。 → オオアメンボAquarius elongatus (Uhler,1896) 

3b。中型11-16mmで脚が非常に細長いことはない。 → ナミアメンボ(アメンボ)Aquarius paludum (Motsclsky, 1866)


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

参考文献
宮本正一、1961:日本昆虫分類図説 第1集第3部 半翅目・アメンボ科。北隆館。

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

参考画像
参考画像a:
源五郎:水辺の生き物彩々「ヒメセスジアメンボ」

参考画像b: 
Naturalism notebook:自然観察雑記帳「ナミアメンボ」

参考画像c:
シバラボ:アメンボ研究室「ヒメアメンボ」。

参考画像d:
中谷憲一:日本産陸水生アメンボ科成虫の絵解き検索。環動昆第12巻 第 4号‘ 155-161 (2001) 。

参考画像e:
シバラボ:アメンボ研究室「オオアメンボ」。


※追記(1月8日):1月7日の直近のアメダスポイントのデータで、最低気温は-3℃、アメンボ観察時点の気温は5℃、最高気温は8℃でした


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



| 昆虫:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。