03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-02-02 (Thu)
暖冬続きの1月21日、好天に誘われて、カメラをぶら下げてテクシー(若い人にはわかるかな?テクテクが語源)で自宅を出発、春探しです。

1月にはいってからこの日まで、最寄りのアメダスポイントのデータで、最高気温10℃以上が11日(2日に一度以上の計算)。
この日の午前11時半~12時の気温は10℃前後。
ということで、花、虫、鳥、水、空気、それぞれに何か春の兆しを期待して。。。

しかし、北寄りの季節風は強く、体感気温はなかなかのもの。
家の近くの小さな川の岸辺を見ると、ススキの穂がしなやかになびいていました(下の写真)。

ススキ170121
 季節風になびく、川岸のススキ(写真はクリックで拡大します)

後から調べたアメダスデータでは、北北西の風、最大瞬間風速14mとなっていました。
写真の背景が黒いのは、土手の西斜面のため、朝日が当たっていないためです。

少し歩くとそこには小さな梅園があり、大部分は固いつぼみのままでした。
しかしよく見ると、2,3の木では、チラホラと梅の開花が見られました(下の写真)。

梅170121 
 春を告げる梅園の早咲きの花

小さな畑地のはずれの草むらにたたずむと、赤紫や青の小さな花々が春を告げるように私を迎えてくれました。

一番多く咲いていたのが、ホトケノザLamium amplexicauleです(下の写真)。

ホトケノザ170121
 ホトケノザLamium amplexicaule

写した花弁ををパソコン画面で拡大すると、なかなかオシャレな化粧をしていることに気づかされます。
花弁がくびれているところなどは、たいへん個性的。

そのホトケノザの大群衆に囲まれるように大人しく咲くのはオオイヌノフグリVeronica persicaです(下の写真)。

オオイヌノフグリ170121
 オオイヌノフグリVeronica persica

こちらも、花を壺にたとえれば、壺の底の部分が黄色に染まり、スパイスを振ったかのように、紺色の小さな斑点がちりばめられています。

蜜を求めてやってくる小さな虫たちにとって、花たちのこの化粧は、仕事帰りのサラリーマンを誘い込む赤や青のネオンサインのような効果があるのではないでしょうか?

そして、サラリーマンはそこで財布を軽くして家路に就き、虫たちは花粉にまみれて重くなった脚をぶらさげながら次の花へと向かうのでしょう。

オオイヌノフグリの雄蕊の先(葯)には、たっぷりと花粉が陳列されています。

花粉を虫に運ばせ、有性生殖の有利性(適応度の高い遺伝子を血統の中に寄せ集める)を謳歌するこの「戦略」が1億年以上前*に生まれ、それが現在まで綿々と続き、発展してきていることには、驚嘆せざるをえません。

引用文献:
*ScienceDaily (2012) Science News. First ever record of insect pollination from 100 million years ago. May 14, 2012.


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



| 植物一般 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する