05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-02-26 (Sun)
生態学者伊藤嘉昭博士1930-2015)の業績と生涯を、弟子や共同研究者たち55人が、様々な観点から描き出した本、『生態学者・伊藤嘉昭伝 もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ』が、3月25日に刊行されることになりました。

  伊藤本、表表紙、背表紙伊藤本、裏表紙
(上記画像はクリックで拡大します)

編者の辻和希さんならびに出版社の海游舎からの提供された資料を元に、その内容を簡単にご紹介します。

また、刊行記念特別価格についても最下段でご案内いたします。

書誌データ:
a)書名・頁数『生態学者・伊藤嘉昭伝 もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ』411頁+索引
b)編者:辻和希
c)著者:石谷正宇、市岡孝朗、伊藤綾子、伊藤道夫、M.J.ウエスト-エバーハード、生方秀紀、大崎直太、太田英利、小野知洋、粕谷英一、R.ガダカール、岸 由二、金城邦夫、工藤起来、栗田博之、桑村哲生、小濱継雄、小山重郎、齊藤隆、齋藤哲夫、佐倉統、佐渡山安常、塩見正衞、志賀正和、嶋田正和、鈴木邦雄、竹田真木生、田中幸一、田中嘉成、辻和希、土田浩治、椿宜高、冨山清升、中筋房夫、中牟田潔、中村和雄、中村浩二、長谷川寿一、長谷川眞理子、濱口京子、N.ピアス、藤岡正博、藤崎憲治、藤田和幸、正木進三、松井正春、松沢哲郎、松本忠夫、宮竹貴久、村瀬 香、守屋成一、安田弘法、山根正気、山根爽一、与儀喜雄
d)発行予定日 2017年3月25日(生態学会初日の3/14日には刷り上がっています)
c)定価  4600円(税別)
 
編者による本書紹介:

「本書は生態学界の「革命児」伊藤嘉昭博士(1930-2015)の55人の証言による伝記である。この一冊で戦後日本の生態学の表裏の歴史が眺望できる科学史資料となっている。農林専門学校卒で「大学を出ていない」伊藤は、日本の生態学の近代化と国際化に貢献した戦後最大の立役者である。沢山の教科書を書き、沢山の国内外の研究者と交流し、沢山の弟子を育てた。その指導方針は「英語で国際誌に論文を書き続けよ」だった。今からみれば単純すぎるこの方針は、やがて進化生態学という「黒船」の襲来でパラダイム転換を果たし遅ればせながら国際的研究の表舞台に合流することになる、当時「鎖国状態」の日本の生態学界においては、ある種の「踏み絵」だったのだ。伊藤には活発な社会運動家としての一面もあった。農林省入省直後の1952年にメーデー事件の被告となり無罪が確定するまで17年間公職休職となるも、不屈の精神で名著『比較生態学』を書き上げた。農林省農業技術研究所、沖縄県農業試験場、名古屋大学、沖縄大学と50年にわたる研究生活のなかで、個体群生態学、脱農薬依存害虫防除、行動生態学、山原生物多様性保全と、近代化された生態学の新時代の研究潮流をつねに創り続けた。伊藤の研究テーマの変遷は戦後社会を映す鏡でもある。その背中は、激しく、明るく、楽しく、そして悲しい。研究者志望の若者よ。これが昭和の快男児の研究者人生だ。」


目次:


mokuji1
mokuji2ss 

mokuji3


**************************************************

特価購入のご案内:

◎申し込み方法
下記メールフォーマットへ必要事項(★)をご記入のうえ、
お申込み先:海游舎・本間宛
  kaiyusha@cup.ocn.ne.jp
に,メールでお申し込み下さい。
折り返し,確認メールをお送りいたします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++
件名:ML特価『もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ』
++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ML特価を申し込みます」
と記すとともに,下記の事項をメールでお知らせ下さい。
 1.注文書籍名:もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ
 2.  著者割価格:4,324円(税・送料込み)
 3.注文冊数:★ 冊
 4.お  名  前:★
 5.送  り  先:(〒)★
 6.電話番号(必須,携帯可):★
 7. この情報を知ったML名:トンボ自然史研究所のHP 

請求書、振込用紙を同封して発送いたします。
商品到着後、10日以内にお振り込みをお願いいたします。

***********************************************


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。



| 生態学一般 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する