04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-05-13 (Sat)
大型連休が明けて2・3日過ぎた晴天の日。
夏日の天気予報下、自宅から日帰り圏の低山地にトンボたちの青春を探しに行きました。

人里から少しはいった道路脇に車を停め、渓流沿いの林道を上流に向って歩きはじめると、早くも アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa Selys 1853* の面々が川岸の低木の枝から別の枝へとまり替えるなどして、出迎えてくれました(写真1~5)。

アサヒナカワトンボ橙色翅型♂
写真1.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 橙色翅型♂ 
    (写真はクリックで拡大します)

写真1の橙色翅型♂は、体表に白粉が吹きはじめ、縁紋の色も赤味が強くなってきていて、いくらか成熟が進んでいる様子です。

アサヒナカワトンボ橙色翅型♂、未熟 
写真2.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 橙色翅型♂、やや未熟

写真2の橙色翅型♂は、体表の白粉はほとんどなく、縁紋の色も赤よりはずっと白に近く、さらには複眼の透明感もまだ不完全で、写真1の個体にくらべても、羽化後の日数があまりたっていないことがわかります。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂(1)
写真3.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 色翅型♂

写真3は無色翅型♂です。
カワトンボ♂には基本的に橙色翅型と無色(透明)翅型の二型があり、集団内で型間の比率はそれなりにバランスがとれているようです。

♀は無色(透明)翅型が基本ですが、2種共存地域のニホンカワトンボでは淡橙色翅型が現れることがあります(参考記事2)。

写真3の無色翅型♂は、縁紋の色が写真2の橙色翅型同様に白に近いことから、成熟の途中であることがわかります。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂(2)
写真4.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 無色翅型♂(別個体)

それに対して、写真4の無色翅型♂は、縁紋の色がすでに鮮やかな赤になっていることから、かなり成熟した個体であることがわかります。

橙色翅型♂と無色翅型♂が混在しているケースでは、橙色翅型♂で成熟とともに白粉が強く吹くのに対し、無色翅型♂は成熟してもあまり白粉を吹かないことが多いようです。

写真4の個体も例外ではなく、白粉は写真1の橙色翅型♂にくらべて、あまり目立ちません。

話題が反れますが、写真4の♂、腹部と翅がサンドイッチのように1枚の葉をはさんでいますね。
普通に、パッととまった場合はこのようになるとは考えられませんので、今とまっている葉のもう少し先端近くに、頭は葉の元の方に少し向けてとまったあと、背方から見て反時計回りに体が回転するように歩いて向きを変えたために、葉の上と下に翅と腹部が別れたのではないでしょうか。

私が撮影していたときには、とくにそのような動作に気づきませんでしたので、あくまでも想像にすぎません。
読者の方で別の仮説を思いつかれた方がおられましたら、コメント欄でお知らせください。

アサヒナカワトンボ♀
写真5.アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa ♀

さてさて、最後に登場したのは♀です(写真5)。

縁紋の色は鮮やかな白です。♀の場合、成熟しても縁紋は赤くなりません。
これは、同種の個体同士が眼の前の相手の性を識別する際に重要な役割を果たしているはずです。
そのほか、腹部の形態の違いや動作の特徴なども性識別に利用されているでしょう。

メスはまた、体表に白粉を吹く傾向も♂に比べればないに等しく、これも性識別に援用されるでしょう。

その点、縁紋が赤いことを除けば、無色翅型♂の外見は♀にかなり似ていることになります。
これは、♂の一部が同種の♀に擬態することで、強いなわばり行動を示す橙色翅♂による排撃行動を少しでも回避しやすくなり、なわばりに出入りする♀を横取りするという配偶戦略として解釈することが可能です。
このあたりのことは、東・生方・椿(1987)の中の一つの章で詳しく書いたことがあります。


*注:カワトンボ属Mnaisは、日本に2種(二ホンカワトンボMnais costalis Selys, 1869とアサヒナカワトンボM. pruinosa)が分布しており、両種の分布が広域的に重なっているところ(同所的分布)もあれば、戦国時大名のように領域を分け合っているところ(側所的分布)もあります。
 同所的に分布しているところでは、形質置換が起こり、両種の形態的差(翅脈の横脈数、翅の不透明斑のサイズなど)が明瞭になるため、生態写真からの種の同定は比較的正確に行えますが(下記リスト記事1&2を参照)、側所的分布の場合は、幼虫の尾鰓の形態は別として、形態的特徴だけからの種の同定は非常に困難で、DNAによる判定が得られるまでは確信が持てません(下記リスト記事3を参照)。
 ただし、側所的分布であっても、最近のDNA判定を採用した研究により、どちらの種が分布しているから判明している場合には、その研究を信頼してどちらか一方の種名を充てることが可能となります。
 今回は、苅部ほか(2010)に依拠して、アサヒナカワトンボと判定することができました。

参考となる、以前の記事:

引用文献:
東 和敬・生方秀紀・椿 宜高(1987)『トンボの繁殖システムと社会構造』東海大学出版会。
苅部治紀・守屋博文・林 文男(‎2010):神奈川県を中心としたカワトンボ属の分布。Bull.Kanagawa prefect. Mus. (Nat.Sci.),(39):25-34.


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 未分類 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する