09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2017-06-15 (Thu)
6月上旬の好天の日の、比較的きれいな水が流れる河川中流部でのトンボの観察は、前回記事のミヤマカワトンボに続いて、今回もカワトンボ科の種が主役を務めます。

午前10時半をまわった頃、私は川の堤防沿いの傍流部(写真1)の上流側から下流側へと歩を進めようとしていました。

カワトンボ科3種が同時に観察された傍流部 
写真1 カワトンボ科3種が同時に観察された傍流部 (写真はクリックで拡大します)

すると、水辺に生い茂るヨシの類の葉の上に、アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa Selys, 1853* の無色翅型♂がひっそりととまっているのが目に入りました(写真2)。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂
写真2 アサヒナカワトンボ Mnais pruinosa 無色翅型♂

頭部、腹部に白粉が吹いて、十分成熟している様子がうかがえます。

この日、川の本流のほうではミヤマカワトンボとアオハダトンボは見られましたが、アサヒナカワトンボの姿はなく、この傍流に限って観察することができました。

この傍流沿いの少し下流方向には、アサヒナカワトンボ橙色翅型1♂もたたずんでいました(写真3)。

アサヒナカワトンボ橙色翅型♂
写真3 アサヒナカワトンボ橙色翅型♂

こちらの♂は、頭部・腹部はもとより、胸部にもびっしりと白粉が吹き、橙色翅型♂らしさを全開しています。

登場の順序が逆になりましたが、上記のアサヒナカワトンボ無色翅♂のいた場所と橙色翅♂のいた場所の中間には、アオハダトンボ Calopteryx japonica Selys, 1869 の♀もとまっていました(写真4)。

アオハダトンボ♀
写真4 アオハダトンボ Calopteryx japonica ♀

アオハダトンボ♀の全面黒褐色の翅は、アサヒナカワトンボの橙色の翅と比べると、落ち着きがあり、気品さえ感じさせます。

翅の白い偽縁紋(ぎえんもん)はアオハダトンボの♂にはないので、雌雄の区別は簡単です。
更には、よく似た種であるハグロトンボ Atrocalopteryx atrata (Selys, 1853) では♂・メスとも偽縁紋を欠くので種の判別も楽々です。
それに対して、アオハダトンボとハグロトンボの♂同士の判別は注意を要します。

この♀は、ときおり、翅をゆっくり開いてパタリと閉じる動作をしていました。
もしかすると、配偶者探しをしている同種♂に、「私はここよ!」とサインを送っているのかもしれません。
♂はどこから現れ、どこで見ているか、♀にはわかりませんから、♂が視界にはいらなくても、♂が来そうな場所では、このようなサインをときおり示すことは効果があるのではと思います。

さて、私が傍流を少し下流方向に歩くと、傍流の終端部付近の水辺の大石の上には、ミヤマカワトンボ Calopteryx cornelia Selys, 1853 の1♂がとまっていました(写真5)。

ミヤマカワトンボ♂
写真5 ミヤマカワトンボ Calopteryx cornelia 

このミヤマカワトンボ♂も、写真のように、時々翅を開いてはパタリと閉じる行動を示していました。
長い6本の脚でふんばって長大な体を支え、琥珀色の大きな翅を開閉するのですから、とても目立ちます。
おそらく♂同士のサインとして、「ここは私の なわばり だ。近寄るとろくなことはないぞ」といったような意図を発信しているものと思われます。
それと同時に他所から飛んできた♀に対しては、「あ、ここをなわばりに決めて頑張っている♂がいるんだ。。。」と判断する材料を与えることにもなっているでしょう。

行動の意図についての想像はこのくらいにしておきましょう。

結局、この日私は、この短い区間に、カワトンボ科3種が勢ぞろいしているのを目撃することができました。
まるで銀座通り。ちょっと狭いので裏銀座といったところでしょうか。

3種の中でた、アオハダトンボはなかなか見ることのできない種ですので、それにここで会えたことは、私にとってラッキーな一日となりました。

そんなカワトンボ銀座の路上で、脇役に甘んじていたのは、ヤマサナエ Asiagomphus melaenops (Selys, 1854) ♂(写真6)です。

ヤマサナエ♂
写真6 ヤマサナエ Asiagomphus melaenops 

このヤマサナエ♂は堤防側水辺のコンクリートの塊の上にとまり、カワトンボ達には我関せずとばかり、水面方向をじっと見つめていました。

この構えは、おそらく、♀が来たら交尾し、♂が来たら追い払うのでしょう。
この予想があたっているかどうかを含め、このトンボも、いずれじっくり継続観察してみたいと思っています。

ちなみに、ヤマサナエは河川本流に接する河原の石の上でもこの日、数個体確認できました。
どうやら、今が成虫の繁殖活動の最盛期なのでしょう。

ライバル種(?)のアオサナエ Nihonogomphus viridis Oguma, 1926 も♂1個体だけでしたが、本流側のヤマサナエと同じような場所で観察できました(写真7)。

アオサナエ♂
写真7 アオサナエ Nihonogomphus viridis 

アオサナエはわき役にするには惜しい、洒落た色合いをしていますが、このブログの以前の記事では一度主役として取り上げていますので、よろしければそちらをご覧ください。

最後に付け足し。
この日、コヤマトンボ Macromia amphigena Selys, 1871 の♂が本流の川面上をスピーディーにとびまわっていました。
撮った写真は、「オオヤマトンボではなくコヤマトンボだ」との判断には利用できましたが、ブログにアップできるレベルには程遠いものでした。

コヤマトンボのスピードと撮影テクニックの対決には完敗しましたが、力を付けていずれリベンジしたいと思っています。


*注:アサヒナカワトンボと、同属のニホンカワトンボ Mnais costalis Selys, 1869 は成虫の形態による区別は非常に困難ですが、当該観察地点はアサヒナカワトンボの単独分布地域に含まれていますので、それに従っています。より詳しいことに関しては、過去記事(こちら)を参照。


ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。

| トンボ:生態と行動 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。