06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-07-11 (Tue)
昨年6月18日、「四万十市トンボ自然公園」(別名「トンボ王国」)を初訪問し、園地内でわずか1時間そこそこで4科14種のトンボを観察・撮影することができました(前々回記事「トンボ王国訪問記(1):多彩なトンボ達に迎えられ」参照)。

それに続いて、同行の飯田貢さん、山本桂子さん(ともにアマチュア昆虫写真家)とともに、杉村光俊氏(トンボ王国に併設の「四万十川学遊館」の館長)のご案内のもと、園地外の貴重な生息地に移動し、シコクトゲオトンボRhipidolestes hiraoi Yamamoto, 1955カラスヤンマChlorogomphus brunneus Oguma, 1926(四国を含む本土産のものは以前は亜種和名ミナミヤンマが使われていた)、ヒメサナエSinogomphus flavolimbatus (Matsumura in Oguma, 1926)などの観察・撮影を楽しみました(前回記事「トンボ王国訪問記(2):ヒメサナエと小さな虫たち」参照)。

今回の記事は、その翌日(6月19日)の四万十市トンボ自然公園」の園地内での2回目のトンボの観察・撮影の記録です。

この日は、あいにく雨が降ったりやんだりで、さすがに池の面を活発に飛び回るトンボの姿はありません。

池の岸に沿った園路をゆっくり歩みながら岸辺の草の茂みに目を凝らすと、いました。
チョウトンボRhyothemis fuliginosa Selys, 1883 ♂です(写真1)。

チョウトンボ♂ 
写真1 チョウトンボRhyothemis fuliginosa  ♂ (写真はクリックで拡大します)

じっととまって、雨が上がるのを待っているかのようです。

少し歩くと、今度はキイトトンボCeriagrion melanurum Selys, 1876の♂が草の葉裏につかまり、ほぼ鉛直にぶら下がっています(写真2)。

キイトトンボ♂未熟
写真2 キイトトンボCeriagrion melanurum 未熟♂

トレードマークの腹部の黄色はまだ薄く、翅胸背面も緑系が発色する前の薄い藤色と、まだ未熟な個体であることがわかります。

次に見つかったのはハラビロトンボLyriothemis pachygastra (Selys, 1878)♀です(写真3)。

ハラビトンボ♀
写真3 ハラビロトンボLyriothemis pachygastra ♀

こちらは全体に黒っぽさが出ていて、翅の汚れも見られることから成熟個体と判断できます。

雨が強くなってきました。
睡蓮が満開の水面がリズムを刻みます(写真4)。

雨のトンボ王国、睡蓮 
写真4 トンボ王国、園地内の睡蓮に雨は降る

私は雨よけのポンチョを着用していましたが、雨宿りのために、池の反対側の山斜面が迫っていて木が茂っているところに移動しました。

そこには、先客がいました。
ハグロトンボAtrocalopteryx atrata (Selys, 1853)♂です(写真5)。

ハグロトンボ♂、下から
写真5 ハグロトンボAtrocalopteryx atrata 

あまりよい写りではないのですが、腹面を斜め後ろ下方からという、ちょっと変わった角度から撮ることになり、ちょっと珍しいということで掲げることにしました。

少し移動すると、雨水の粒が先端から落ちそうになっている木の葉の先端にモノサシトンボ♂がぶら下がるようにとまっていました(写真省略)。
どこかしっとりとした雰囲気です。

更に少し移動すると、木の下草の葉にキイトトンボ♀のやはり未熟な個体がとまっていました(写真6)。

キイトトンボ♀未熟
写真6 キイトトンボCeriagrion melanurum 未熟♀

2,30分間、観察・撮影したところで、雨が強まり、私達は園地内にある東屋に走り込みました。

さすが梅雨シーズンです、簡単にはやみません。
雨と霧粒でかすむ園地を眺めながら、飯田さん、山本さんと私の3人でトンボ談義に花を咲かせました。

少し小降りになったところで、雨具をまとい、園地内を歩きましたが、これはといったトンボの姿はなく、かわりに地面を歩く大きなミミズを見つけただけでした。

その後も、雨は降り続けましたので、「四万十川学遊館」の開館を待って、入館しお昼前までの2,3時間に、館内の豊富なトンボを中心とした昆虫関連展示物や、アクアリウムで飼育されている多種多様な魚類などを見学しました。

館内の展示の様子やそれを見学した私の印象や感想については、後日このブログで紹介させていただく予定です。

結局、2日間にわたる園地内でのトンボ観察で私が撮影したトンボの種類数は、2日目のハグロトンボが加わったことで、5科15種という区切りのよい数に達しました。

この日の午後は、杉村館長にご教示をいただいたグンバイトンボの生息地を私達3人だけで向うことにしました。
館のスタッフにお礼の挨拶をした後、館の玄関での記念撮影もそこそこに、期待に胸を膨らませながら、車に乗り込みました。

そのグンバイトンボの生息地での同種の観察、撮影についてはすでに以前の記事「グンバイトンボの軍配は何のため?」に報告済みですので、ご笑覧ください。

今回の記事を終えるにあたり、現地への案内ならびにトンボ各種の生態についての解説をして下さった杉村館長、現地への移動等でお世話になった飯田さんに改めて感謝の意を表します。


ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。

| 未分類 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する