FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-08-14 (Mon)
トンボ仲間の夏目英隆さんと御一緒した、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの成果報告は、前回記事の「コバネアオイトトンボとの出会い」でスタートしました。

2回目の今回は、最初の立ち寄り地、農地に囲まれた溜め池群およびその周辺の湿生草原で撮影したトンボの続報として、2種の均翅亜目トンボを取り上げます。 

前回記事の主役であるコバネイトトンボを撮影した湿生草原の周りを歩き回ってトンボを探すと、いくつかの種のトンボが活動していました。

それらの中に、ヨシ類の茎にとまるアジアイトトンボIschnura asiatica (Brauer, 1865) の未熟♀の姿がありました(写真1、2)。

アジアイトトンボ♀(1) 
写真1 アジアイトトンボ Ischnura asiatica、未熟♀ (写真はクリックで拡大)

アジアイトトンボ♀(2)
写真2 アジアイトトンボ Ischnura asiatica、別の未熟♀

写真1写真2の個体は互いに別個体ですが、体前方に傾いた茎に、よく似た角度をとってとまっています。

実は、私がこれらがアジアイトトンボであると確信したのは帰宅後パソコン画面と図鑑類を見比べてからのことです。

といいますのも、同属のアオモンイトトンボ Ischnura senegalensis (Rambur, 1842) の異色型未熟♀もアジアイトトンボ♀と同様の色彩パターンを示すからです。

各種図鑑類の記述を参考にした結果、以下の諸点から今回撮影した個体がいずれもアジアイトトンボ♀に該当すると判断することができました。

アジアイトトンボ♀:
・前胸背板の黒条がM字形(アオモンイトトンボ異色型♀では糸巻き形)。 
・翅胸前面の黒条が上端付近で細まる(アオモン異色型♀では細まらない)。
・腹部第1節背面が黒い(アオモン異色型♀ではオレンジ色)。
・腹部第2節背面の黒条は連続する(アオモン異色型♀では後半のみ)。 
・腹部全体がオレンジになる傾向(アオモン異色型♀では腹部前端だけがオレンジ)。 

アジアイトトンボは、私の前住地である北海道東部では幻に近い存在でした。
本種と身近に付き合うようになったのは、私が埼玉県に転居してからのことです。

本種については、以下のとおり、過去記事の中ですでに取り上げていますが、未熟個体の撮影は今回が初めてとなりました。

アジアイトトンボの過去記事:

さて、話を戻します。

この溜め池群の周りでは、均翅亜目のトンボとして、他にモノサシトンボ Pseudocopera annulata (Selys, 1863) ♀も撮影できました(写真3

モノサシトンボ♀
写真3 モノサシトトンボPseudocopera annulata  

モノサシトンボは、過去記事「トンボ王国訪問記(1):多彩なトンボ達に迎えられ 」でも取り上げていますが、その記事の中ではバックダンサー的な取り扱いでしかありませんでした。

今回も脇役に甘んじていますが、なかなか品格のあるトンボですので、いずれじっくり主役の座を務めてもらうつもりです。


☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:形態と機能 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する