FC2ブログ
08≪ 2018/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-08-15 (Tue)
虫友の夏目英隆さんに案内されての、昨年7月上旬の他県へのトンボ・トリップの成果報告、3回目の今回は、最初の立ち寄り地、農地に囲まれた溜め池群およびその周辺の湿生草原で撮影したトンボの第3報として、トンボ科3種を取り上げます。 

第1第2報にアップしたコバネアオイトトンボやアジアイトトンボを撮影した湿生草原とは小径で隔てられた小さな水田の畔近くの稲の葉に、1頭のアキアカネSympetrum frequens (Selys, 1883)♂がとまっていました(写真1)。

アキアカネ♂羽化直後
写真1 アキアカネSympetrum frequens ♂ (写真はクリックで拡大します)。

写真を撮ろうと近寄ると、同じ株の根元近くにトンボの羽化殻が残っていました(写真2,3)。

アキアカネ♂と多分その羽化殻 
写真2 写真1のアキアカネSympetrum frequens とその直下の羽化殻

アキアカネと思われる羽化殻
写真3 写真2の羽化殻に接近して撮影したもの

この羽化殻を幼虫図鑑と見比べて同定を試みましたが、イナバウアーのようなこの姿勢をこの角度から写したものだけでの種までの判定は至難の業で、アキアカネと断定するに至りませんでした。

ただし、アキアカネではないという証拠も得られず、アキアカネの可能性は残されました。

シチュエーションから見て、写真1のアキアカネが脱ぎ捨てたものである可能性が高いですが、100%の確信があるわけではありません。

このような、奥歯に物のはさまった言い方をしないで済むようにするには、羽化殻を採取してラベルをつけて持ち帰るべきでした。

いずれにせよ、この溜め池の周りの水田で、アキアカネまたは同属の種の幼虫が生育を完了できる環境条件が揃っていることが想像できます。

これは、殺虫性あるいは昆虫の生育阻害性の高い農薬が多量に使われていないことをも意味しています。

トンボがスクスクと育つ水田で収穫された米に対して、政府等が環境保全助成金を出すなどして自然農法を奨励することも一方法なのではないでしょうか。

話題は変わりますが、当ブログでは、アキアカネは主役として出演する機会が思いの他、多かったようです(文末リスト参照)。

さて、話を本題に戻します。

溜め池の周りの、低木も生えている草原沿いの小径を歩いていると、コシアキトンボPseudothemis zonata (Burmeister, 1839)の♀が小さな枯れ枝の先に、ぶら下がるようにとまっていました(写真4)。

コシアキトンボ♀
写真4 コシアキトンボPseudothemis zonata

瑞々しいほどに新鮮な皮膚に、不透明感の残る複眼から、羽化当日の個体であることが伺えます。

コシアキトンボは北海道には分布していないトンボですので、北海道から関東に移住した私にとっては鮮烈な印象を与えた存在です。
そのためか、本種が主役となった過去記事は4件となっています(文末リスト参照)。

今回の溜め池群のトンボ類、しんがりに控えしは、ウスバキトンボPantala flavescens (Fabricius, 1798)♀です(写真5)。

ウスバキトンボ♀
写真5 ウスバキトンボPantala flavescens 

ヨシ類の枯れた茎にぶらさがるようにとまっています。

この個体も拡大して見ると、新鮮で汚れがありません。

このことから、太平洋を越えて渡ってきたというよりも、それらがこの溜め池群で交尾し、産み付けた卵から孵化した幼虫が育ち、羽化したものである可能性が指摘できます。

このほか、コフキトンボDeielia phaon (Selys, 1883)のオビトンボ型♀を夏目さんがネットインした写真などを撮ったところで、今回のトンボ・トリップの次の目的地に向いました。





☆★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| 昆虫:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する