FC2ブログ
10≪ 2018/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-06-08 (Fri)
世界最小級のトンボであるハッチョウトンボ Nannophya pygmaea Rambur, 1842
その可憐な姿は、われわれトンボ観察者だけでなく、自然愛好家の心を和ませる存在です(関連過去記事はこちら)。

残念なことに、生息湿地の埋め立てや乾燥化に伴って、地域絶滅が相次ぎ、その結果、ハッチョウトンボは私の住む埼玉県ではすでに絶滅し、12県で絶滅危惧I類に指定されるにまで至っています。

このたび、「那須塩原市の自然」のHPに、生きいきとしたトンボたちの姿をアップしておられる、月井栄三郎さんにお招きいただき、栃木県内の小規模な湿地でハッチョウトンボを観察・撮影する機会を持つことができました。

その際に私が撮影したハッチョウトンボの振舞いを、数回のシリーズ記事でご紹介します。
初回の今回は、羽化したばかりの妖精のような姿をご覧に入れます。


目 次
 ◆ハッチョウトンボの生息地
 ◆羽化直後の個体発見
 ◆羽化後の時間経過と外見の変化
 ◆光が透けて見える腹と透けない頭・胸
 ◆羽化後の時間経過と外見の変化(続き)
 ◆謝辞


ハッチョウトンボの生息地

6月22日の朝、待ち合わせ場所に到着した私は、月井さんの案内でハッチョウトンボ生息地へと向かい、8時半ちょっと過ぎに到着しました。

そこは、林地に囲まれた平坦な土地で、草地、草がまばらに生えた裸地、小規模な湧水で潤わされた湿地などからなっていて、少しずつ幼木の侵入が起きているようなところです。

その湿地部分(写真1)がハッチョウトンボの幼虫の住み場所となっており、私達が到着した時には、朝露の残るミズトクサの群落のあちこちに、様々な成熟度合いのハッチョウトンボ成虫たちがとまっていました。

ハッチョウトンボが生息する小湿地 
写真1 ハッチョウトンボが生息する小湿地 (写真はクリックで拡大します)

中でも、腹部を真っ赤に染めた成熟♂たちが目立ち、それらを引き立てるように、成熟途中で赤味の薄い♂や、成熟しても赤くならない♀たちが、互いに距離を置いて、とまっていました。


羽化直後の個体発見

そんな中、月井さんが一早く羽化直後の個体を発見し、私に観察の機会をゆずってくれました。

それが写真2の個体です(8時38分撮影)。

ハッチョウトンボの羽化場所の例 
写真2 羽化直後のハッチョウトンボ♀ Nannophya pygmaea 

ミズトクサの先端近くに定位した幼虫の背面の裂け目から脱出した成虫は、まだ幼虫の殻(羽化殻)につかまったままです。


羽化後の時間経過と外見の変化

写真2を部分拡大したものが写真3です。

ハッチョウトンボの羽化 
写真3 羽化直後のハッチョウトンボ Nannophya pygmaea (写真2の部分拡大)

全体的に乳白色を帯びていて、いかにも柔らかな羽化直後の体をしています。

翅は伸びきっていますが、翅脈は真白、そして翅膜には乳白色味が残っています。
脚も乳白色で、硬いものがぶつかったら、グニャリと曲がってしまいそうです。

写真4写真3(=写真)と同一個体です(8時49分)。

ハッチョウトンボの羽化 
写真4  羽化直後のハッチョウトンボ Nannophya pygmaea (写真3と同一個体)

腹部は、羽化殻から脱出後だんだん伸びて、最後に成虫のトンボらしい長さに達するわけですが、この時点でもこの個体の腹は、ヤゴの腹の長さより少し長くなっているだけで、翅の長さの半分程度にすぎません。

この日は、これ以外によい羽化の写真が撮れませんでしたが、翌日(3日)の午前8時20分過ぎに同じ湿地を再訪したところ、8時21分に1個体が、8時38分にもう1個体が、それぞれ羽化しているのを見つけました。

写真5は後者の個体の8時46分時点での様子を、ほぼ真横から撮影したものです。

今年4月の別の所でのムカシトンボの撮影(関連記事はこちら)では活かしきれなかった、デジタル一眼レフカメラ用のアングルファインダーが、今回は役に立ってくれました。

ハッチョウトンボの羽化 
写真5 羽化直後のハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀(別個体)


光が透けて見える腹と透けない頭・胸

写真5の個体も、同じように、ミズトクサの茎に幼虫が定位して羽化していますが、逆光のため腹部が透けて見えます。

その一方で、胸部や頭部は透けて見えません。
これは、それぞれ飛翔筋、複眼の内部組織等が実質化しているために、透過光を遮るからに違いありません。

飛翔筋・複眼とも、翅が硬化して処女飛行に飛び立つ瞬間から、基本的な機能を発揮させる必要がありますので、器官・組織の早期完成は不可欠です。

写真5の段階で透けて見える腹部には、消化管、内部生殖器、そして腹を動かすための筋肉などが内蔵されていますが、これらは飛翔筋や複眼ほどには早期の完成を必要としていないと考えられます。
それに、腹部の伸長も途中ですから、腹全体の更なる伸長に対応できる柔軟さの維持も求められるでしょう。

このような事情が、この羽化ステージでの腹部の半透明感を演出しているといえるでしょう。


羽化後の時間経過と外見の変化(続き)

写真6写真5の個体の9時04分時点での様子です。

ハッチョウトンボの羽化 
写真6 羽化直後のハッチョウトンボ Nannophya pygmaea (写真5と同一個体)

写真5の時点にくらべて、腹部が少し細長くなり、腹長は翅長の7割程度に達して、成虫の腹長にかなり近づいます。

別個体ですが、より初期の写真3の時点の個体よりも、脚や翅胸側面の濃色斑の黒味が強まっています。

写真7は、初日(6月2日)の9時32分にこの湿地で撮影した別個体で、すでに脱殻からはなれたところまでよじ登った羽化当日の♀です。

ハッチョウトンボ、羽化後 
写真7  羽化当日のハッチョウトンボ Nannophya pygmaea ♀(別個体)

翅を開き腹部に♀特有の斑紋パターン(褐色、白、黒の横縞の繰りかえし)が、うっすらとですが出ています。

翅の縁紋も白かったものが薄い灰色にまで着色しています。
脚の黒味も増しています。
複眼の着色は相変わらず弱いです。

そして、水平にとまるのではなく、鉛直にぶら下がるように植物の茎にとまっています。

これらは、いずれも羽化当日のハッチョウトンボの特徴といえるでしょう。

次回記事では、羽化直後の写真7のような色彩をした成虫が成熟につれてどう体色を変えていくかについて写真をもとに考察します。

謝 辞

現地をご案内くださった月井さんに、心よりの感謝の意を表します。


★☆ ブログランキング(↓):よろしければ両方ともクリックして応援してください。
| トンボ:発生・生理 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する