07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014-10-30 (Thu)
トンボの中でも、成虫としては一番長生きをする、「冬の貴婦人」(オツネントンボ)。
冬の前後には野山で草木の間を渡り歩き、身に着けているコートやショールもさぞかしホコリをかぶるのでは?

そんな想いでオツネントンボを眺めていると、おやおや、見るも鮮やかにコートのブラッシングをしているではありませんか。

オツネントンボ♀の身づくろい
 ↑クリックで拡大します。

舞台は前回の記事「オツネントンボ♀:冬の貴婦人」と同じ、信州・安曇野の小さな池のほとりです*。

1匹のオツネントンボ♀が、細い枯れ木の枝にとまり、腹部をウネウネと上下(背腹)方向に動かし、翅とこすりあわせていたかと思うと、腹を曲げ、その腹を後ろ脚でこすり、その後は脚同士をこすり合わせています。

上の写真は、2分間に約90回シャッターを押した中から、これはというものを6枚選んで時系列に配列たものです(下右のみ、時間的に一番前)。

写真上左:6本の脚でしっかり体を支え、腹部を背方に反らせ、右後翅の(背方から見て)裏側の先端付近をこすっています。この後、更に腹をそらせますので、右後翅裏面の前縁をなぞるように翅の付け根近くまで腹部の背面(背板という丈夫なパーツ)でこすることになります。

写真上中:同じように、左後翅裏面をこすり上げようとしているところです。ふだん、とまる時にはぴたっと閉じている各翅が微妙にスペースを空けて半開きになっているのは、各翅の打ちおろし筋と振り上げ筋の両方が収縮して、力んだ状態にあることを示します。そうしないと、腹部でこすったときに十分摩擦力を発生せず、翅についているチリや汚れをぬぐいとることができないでしょう。

写真上右:今度は、左右の前翅の間に腹部を入れ、両前翅の前縁部を一度にこすっています。翅の付け根まで腹部が割り込んでいますから、こすり終えたところです。リズミカルに腹部を曲げ伸ばししますから、腹を伸ばす(真っ直ぐに戻す)ときにも、翅こすりの働きは維持されているようです。

写真下左&中:何回か翅こすりをした後、おもむろに腹部を腹側(下方)に強く曲げます。それと同時に左右の後脚を腹部背面に回して腹背を脚の先端の、踵(かかと)の節で(ヒトで言えば、手のひらでなぞるように)腹部の第5節から8節あたりまで、こすります。これは、翅掃除で少し汚れた腹背からそれらの汚れを、固い毛の生えた踵の節の内側(前側)でこすり取るための動作に違いありません。

写真下右:腹部から後脚を離し(腹部はゆっくりと真っ直ぐ後方へ展ばされます)た後、体を前脚、中脚で支えたまま、左右の後ろ肢の踵の節同士をこすり合わせます。これにより、踵の節の内側(前側)に付着したゴミをどちらか一方(写真の場合、右)の脚の踵にまとめられるようです。写真をよく見ると、右中脚と右前足の踵の節同士もこすり合わせています。器用ですね。この瞬間は体を左前脚、左中脚と右側からこすり合わせ中の両後脚で支えていることになります。ふつうは、同じサイドの後脚と中脚をこすり合わせた後、中脚と前脚をこすり合わせるのですが、この♀は少しせっかちのようです。
他の均翅亜目での観察では、この後、前脚を自分の口に持っていき、踵の節についたゴミを口でくわえ取るのを見ていますが、今回の短い観察ではそれは見られませんでした。

ちょっと写真説明が長くなってしまいました。

私は、今日、いつもの、さいたま市内の園地にカメラをぶら下げて行ってきましたが、池の周りの草むらを歩いただけで、ズボンやシャツの袖に沢山の草の種がひっついてしまい、とるのに一苦労でした。

イトトンボも草むらの中や森の中を飛んだりとまったりしている間に、クモの糸や、草木の汁、ホコリなどが翅や体にくっつきます。時には外部寄生虫が取りついたりもするでしょう。そういう付着物をそのままにしておくと、翅が重くなったり、バランスが悪くなったり、あるいは腹や脚の関節が曲がりにくくなったりし、トンボの餌取り行動や交尾・産卵行動をスムースに実行する上で不利になるに違いありません。

トンボの身づくろい(体清掃行動)は、このような不利を取り除く機能があることから、常に自然淘汰にさらされることで、より洗練され、能率的なものへと進化してきたと言えます。

私たちも、一日の仕事を終えて家に帰って一風呂浴びるときに、トンボたちも健気に「摩擦浴」をしていることに思いをはせてみるのも一興ではないでしょうか。

注:
*観察の時間は前後して、前回のオツネントンボ♀の記事の観察の前日(10月24日)の午後3時過ぎです。天候は両日とも快晴でした。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村

| トンボ:生態写真 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する