03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014-11-30 (Sun)
11月15日~16日に開催された、2014年度日本トンボ学会大会での研究発表の中から、特に印象にのこったものを、いくつかの記事としてブログにアップしてきましたが、それら以外の発表(下記リストに要約)の中にも、目的を明確に持った上での調査研究を通した、興味深い結果を報告したものが少なくありませんでした。

・トンボ相の長期変化に関する発表:2件
・トンボ相にもとずく環境指数に関する発表:1件
・トンボ群集のモニタリングについての発表:1件 (←私の発表です)
・特定のトンボの種の生物季節に関する発表:1件
・種内多型の個体群内の出現頻度に関する発表:1件
・東南アジア産トンボの分類学的検討に関する発表:2件

トンボ相の長期変化に関する発表が重なったのは偶然ではないでしょう。
日本全体で「トンボ相に異変あり」という状況が、放置できない段階にまで来つつある現状を物語っていると思えてなりません。

トンボ相の長期変化一般と、私の発表で取り扱ったトンボ群集のモニタリングとは、互いに関連のあるテーマです。

一言でいえば、トンボ相はトンボ群集のサンプリングの結果としての種のリストです。それに対して、群集モニタリングは、種のリストよりも群集を構成する種ごとの個体数の量的把握に主眼を置いています。

この両者の関連性を探るといくつか興味深いことがらも出てくるように思います。
それについては、この後の私の発表についての記事を受けるかたちで検討してみたいと思います。

今年のトンボ学会大会は、初日の自然保護委員会(会員に公開)と懇親会、そして二日目の研究発表とそれを受けての質疑応答・意見交流とも充実していて、有意義なものでした。

来年は新潟県での開催が予定されています。そこでのトンボ研究仲間との再会・出会いが、今から楽しみです。


ブログランキング(↓):両方ともクリックで応援してください。



にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
にほんブログ村


| トンボ:多様性・保全 | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する